スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

今月の注目の投稿

大英自然史博物館展@国立科学博物館(上野)

5月20日(土)の午後に、もーりーさんと二人で上野の国立科学博物館へ、『大英自然史博物館展』を見に行きました。会期は6/11までです。


チケットと一緒に 13:45~の整理券をいただきましたが、とくに制限なく、「そのままどうぞ~」と入れていただけました。
混んでいるときは、整理券に書かれた時間まで、常設展を見るなり食堂や売店へ行くなりして時間を調整する必要があります。常設展は企画展のチケットでタダになります。
今回の入場料は、大人と大学生が1600円、小中高校生が500円でした。また、通常の閉館時間より延長していることもあるようです。この土曜日も、17:00 までが 20:00 までに延長されていました。

中は、フラッシュ無しなら展示物の撮影が可能でした。その中からいくつか順番にご紹介します。( )に図録の該当ページも挙げます。詳細はそちらをご覧ください。図録は一番最後にご紹介します。

さて、まずはブリティッシュ・ミュージアムのファウンダー、ハンス・スローンのコレクションから手のひらサイズのボウルを。インドの物かもしれないと書かれていました。何に使われていたものか等は不明。(P40)

(写真撮影可とは言っても、混んでいるので素早く写す必要がありますし、ほかの方々のカメラのピント合わせ補助光などがレンズに入ってくることも多く、写真を撮るのは簡単ではなかったです(*_*) ほとんどブレて使い物になりませんでした。)


お次もスローンのコレクションより、こちらも「おそらく」との但し書き付ですが、インドのターバン用のボタンとのこと。直径4~5センチくらいあったかな?かなり大きなボタンです。ブルーのサファイアが綺麗。31.5カラットだそうな。まわりの紋様にもルビーとエメラルドが使われています。(図録P41)


こちらはカール・リンネのコーナー。いくつか植物のプレス標本がありました中から、リンネのお弟子さんで日本に来ていたツンベリーのものを撮影しました。ヒバの葉だそうです。日本のどこで採集したものかは書かれていません。(図録P72)


こちらはリンネの著作『自然の体系』です。(図録P71)


お次はダーウィンのコーナーより、ダーウィンがペットとして飼っていたというカメさんです。ガラパゴスゾウガメ。(図録P105)

この左隣には、推定200歳という、十倍以上も大きな別のカメさんもおり…

最新の投稿

わが家の庭から (125) ラベンダー、イブキジャコウソウ、ワイルドストロベリー、カジイチゴ、アザミ

今週のなっちゃん (105) 熱心に見学しています

《レシピ》スパゲッティ・カルボナーラ

スペアリブと里芋の煮物(と、ポテチ&スコッチ)

わが家の庭から (124) バラの季節

京都宇治・有機和紅茶

Lewis Carroll Society の会員です

ラタトゥイユとディアボラ風チキンソテー(モランボン)

今週のなっちゃん (104) ツバメさんが気になります

日本酒メモ (13) 初孫いなほ・生もと純米吟醸(お土産ファイル・酒田)