スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

今月の注目の投稿

ドリアン助川『あん』(ポプラ文庫、2015年)

6月25日(日)の午後に本厚木ミロード2の「くまざわ書店」さんで、ドリアン助川さんの『あん』という小説を買いました。とても素敵な物語で、引き込まれるように、ひと息で読みおえてしまいました。

この本のことは、前日の夜に訪れた新宿のバルで、隣合わせた方から「とてもいいお話ですからぜひ読んでみてください。映画にもなっています」とオススメされたのでした。オススメしてくださったのは、日本語のとても上手なオーストラリア人の女性でした。

私はもう長いこと、日頃あまりフィクションを読まなくなっていたので、ドリアン助川さんのお名前は叫ぶ詩人の会での記憶で止まっており、小説を沢山お書きということは知りませんでした。また邦画もほとんど見なくなっていたので、『あん』という映画の存在も知りませんでした。

自宅に帰ってからインターネットで本や映画のことを調べてみると、映画のキャストに樹木希林さんのお名前をみつけ、見てみたいな、と思いました。

翌朝、彼女はFacebookのメッセンジャーで、同じくドリアン助川さんの『多摩川物語』もオススメしてくれました。『あん』がとても素敵な物語だったので、次回はぜひ『多摩川物語』も読んでみようと思います。

アリソンさん、ドリアンさんの本を教えてくださってありがとうございます(^^)


日曜日の夕方、買い出しをしながらもーりーさんが「僕この後パチンコに行きたい」というので、じゃあ私はゆっくり読書ができると喜んでドリトスとコロナを買い込み、数ヶ月前にメキシコ人くんの置いていったサルサを小皿に出して、『あん』を読みはじめました。『あん』の「あん」は餡の「あん」だと知っていたけれど、私はこの小説の主人公と同じように、和菓子よりもお酒だなと思うタイプなのでした。

※ここから先はネタバレがあります。



物語は、訳ありで借金のかたに「どら焼き」屋で雇われ店長をしている男が主人公で、彼がある日、餡作りの得意な老女と出会うところからはじまります。老女はハンセン病の元患者だった人で、身寄りがなく、今もかつての療養所で生活しているのでした。

男ははじめどら焼きに思い入れもないし、自分の人生にも希望も持っておらず、それなのに人並みに世間体も気にして、指先に後遺症の残る老女がお客の目に見えることを避けようと思いつつも、餡のクオリティだけは店に取り入れたいと身勝手な考えをしています。

そ…

最新の投稿

映画『サクロモンテの丘 ロマの洞窟フラメンコ』@あつぎ映画.comシネマ

広東省の中国茶:単欉

フードコートの海鮮三崎港と、タリーズのパンケーキ

お土産ファイル:中国茶その①

今週のなっちゃん(106) 猫のゴロゴロ&フミフミ(動画あり)

お土産ファイル:中国茶器

ミヒャエル・エンデ『モモ』(大島かおり・訳, 岩波書店, 1976)

友兼清治『遠山啓 - 行動する数楽者の思想と仕事』(太郎次郎社エディタス, 2017)

わが家の庭から (127) 紫陽花の季節

映画『ヨー・ヨー・マと旅するシルクロード』@あつぎ映画.comシネマ