スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

今月の注目の投稿

豚肩ロースのオーブン焼、冷たいジャガイモのスープ、赤キャベツの酢漬

7月17日(水)の晩ごはんです。昼間から準備をして、ノンビリと豚肩ロース肉のオーブン焼(ローストポーク)を作りました。

写真は、140℃のオーブンで三時間ローストしたお肉です。ル・クルーゼの鍋ごとオーブンに入れて調理しましたよ~😊

出来上がりの食感はまるで





ラーメン屋さんのトロトロのチャーシューみたい

でした✨(笑)

豚肉は、イオンモール座間のお肉屋さん「肉匠かみむら」さんで購入した、カナダ産のかたまり肉です。ケベックのものだそうな。初めて食べましたが、美味しかったです。

(確認したら、『ケベックの恵み』というお肉でした。)

以下、本日も作り方をまじえた長文ですので、あしからず~😂


さて、こちらはオーブンでの加熱前の状態です。

豚肩ロースのかたまり肉500gに、塩やハーブ、スパイス類をすり込み、軽く表面を焼いてから、皮付きのままの香味野菜と一緒にオーブンで焼きました。

今回使ったハーブとスパイスは、セージ(パウダー)・オレガノ(パウダー)・マスタードシード(粒)・ブラックペッパー(粗挽き)・生姜(すりおろし)・ニンニク(すりおろし)・ローリエ(乾燥葉)です。

塩はお肉の量によりますが、今回は10g程度。ハーブはそれぞれひとつまみ程度、でしょうか。

ハーブとスパイスをお肉にすり込む時に、オリーブオイルも塗り込みまして、表面を焼くときはその油を利用しました。

そして、焼くときに赤ワインを大匙1~2杯ふりかけました。その際はちょいと強火にして、アルコールを一気に飛ばします。

これらの作業の間に、オーブンは140℃に予熱しておきます✋

香味野菜をお肉のまわりに入れたら、フタをしてオーブンへ。天板の空いたスペースには、ジャガイモをひとつ転がしておいて、同時にベイクドポテトも作りました。

ベイクドポテトは、後で冷製スープに変身です😁


こちらが晩ごはんの全貌で~す✨

ポロポロのローストポークを、シャキシャキの白髪葱と、コクのあるグレイビーソースで食べました。

もう、最高の美味しさ❤✨❤✨

オーブンで焼いたお肉は、すぐに食べずに、いったんアルミホイルで包んでしばし置き、肉汁を安定させます。そして、食べる直前にスライスを。

もっとも、今回のロースト方法(140℃で三時間)ですと、スライスという表現で想像するような、ごく薄のローストポーク風のものにはなりませんで…✋

最新の投稿

コンビニ発泡酒:ローソン×キリン GOLD MASTER 70

遊びに行く前に、夕飯用のラグーを仕込んでおきました

今週のなっちゃん(133)ご登場日おめでとう!(と、穴子とロゼ)

新旧・洗濯機と、かわいく静かな扇風機、そして昔ながらの日本のカレー