投稿

マリア・パブロヴナさんと、マリア・フョードロヴナさんは別人です。もちろんリタさんも。

イメージ
 みなさま、Добрый день( ドーブリ・ジェー二 )! 再びロシア語で、本日2回目のご挨拶。「こんにちは〜」 使わないと覚えないから、簡単なものだけでも使いますよ〜😃 昨夜は眠る前に本を読みまして、上の写真の本の第二章を読み終えました。もう、これから眠るってのに、面白すぎて、お布団の中でケラケラケラケラ笑ってしまったら、なかなか寝つけなくなりそうでした(笑)。 就寝前の読書もほどほどにしないと、ですね。 ピアノの先生の面白話(毒舌話?)は日本でも聞きますけど、ネイガウス先生も面白い〜😆(勝手に先生呼ばわりです💕) 第二章はリズムについての章だったのですが、強弱をつけるというのもリズムという概念の中に入るのですね。 リズムというと拍のことばかりを先にイメージしてしまっていましたけど、言われてみれば、平坦な拍だけではリズムのうねりは生まれないけど、一定の拍の中でも、音の強弱がつくとリズムのうねりは出てくるのかも👀✨ 縦の波と横の波というイメージかな?(←これは私の勝手なイメージですが…) で、笑ったところを写真に撮ってマーカーしたので、ここに置いておきますが、アルファベットの小文字で書かれる強弱記号を名前のイニシャルに見立てて、それぞれ全然違うのだから、いい加減に扱ってはいけません…ということを伝えています。 曰く、 (前略)マリア・パブロヴナ(mp)をマリア・フョードロヴナ(mf)と見違えては大ごとに発展します。ペーチャ(p)をピョートル・ペトローヴィッチ(pp)と、フェージャ(f)をフョードル・フョードロヴィッチ(ff)と混同するのも失礼千万!考えてみてください、こんな子どもじみたしゃれも、時には大人にも有益なんですよ。  ゲンリッヒ・ネイガウス『ピアノ演奏芸術』(音楽之友社,2003/2017年,P78) アハハ〜😆 人間に例えられたら、こりゃ混ぜこぜにはできないわ〜と、すぐ理解できますね(笑)。これってもしかして、欧米での教え方あるある、なのかな? 日本じゃまず、pのつく名前にリアリティないもんね😅 かなりのレア苗字になってしまうから、こういう含意のある、シャレには向かないですよね〜。日本人にとっては、これは子ども向けというより、むしろ大人になら笑える(そして理解できる)シャレですね🤭 しかし、ピョートル・フョードロヴィッチ(più f)ま

もしも私がキャロルなら…

イメージ
 みなさま、Доброе утро!( ドーブラェ・ウートラ )🌅 おはようございます。今朝のご挨拶はロシア語です。 脳内旅行はトレンド最先端でございますから、昨夜フランスのリヨンにいましたからって、何も今朝はロシアのモスクワにいちゃいけないなんてことはこれっぽっちもございません。 そんなことより、何よりも脳内旅行であるならば、ロシアのモスクワとサンクトペテルブルクとフランスのパリに同時にいることだって可能です。 いえいえ、そればかりではございません! 我らの時代の、 若き芸術家イヴァン・アレクセーヴィッチ・ベッソーノフ ( https://youtube.com/c/AlekseiGrigorev )の手にかかりますれば、脳内旅行は時空でさえ軽々と飛び越えてしまいます。 タイムマシン? さぁ、かつてそんな名で呼ばれた魔法の絨毯もあったかもしれませんね。でももう、そんな道具なんか、誰が必要とするんです? ほら、あの三角形のマークをご覧なさい。あれをちょっと突っつくだけでいいんですよ。ほら、ためらってないで貴方も是非やってご覧なさい。たった3分弱の時間の中で、19世紀のチャイコフスキーとハラモフに出逢えますよ。 朝起きて一番に、こんな脳内旅行ができるなんて、この上ない幸せだと思いませんか?まだ夢の中かと、ほっぺたをちょっとつねってみるところでしたよ。 / Иван Алексеевич, Спасибо большое! \ Алексе́й Алексе́евич Харла́мов «Дети с цветами» частная коллекция さてさて。今日は朝からイヴァンくんがなんとも素敵な、チャイコフスキーの『四季』から「三月」の演奏を届けてくれたので、本当に素晴らしい気分です💕 しかも、ロシアの画家まで紹介してくれました✨ アレクセイ・ハラモフという人は、19世紀末にパリで活動したロシアの画家だそうで、これまたとっても素敵な絵✨ かなり好み💕 というか、この画風から思い起こされるのは、ルイス・キャロルの写真作品の数々。少女達というモチーフが共通していますよね。 ほぼ同時代人ですし、キャロルはよく絵画鑑賞をしていますし、パリにも足を運んだことがあるはずですから、ひょっとしたらハラモフの絵画を見たことがあるかも?と思いましたが、キャロルがパリに行っ

シャトレーゼのワインをもう一度(白)

イメージ
みなさま、こんばんは。 本日5回目のご挨拶。もう夜もふけまして、あとはもう眠るだけという時間帯になりました。あぁ、一日は長いのか?短いのか? さて、今夜は再びシャトレーゼさんの生ワインを飲みました。前回は赤(カベルネ・ソーヴィニヨン)でしたが、今回は白(シャルドネ)です。 前回の瓶を返却しましたので、お値段はワイン代のみで600円台でした。(買い出しの時に、もーりーさんに買ってきてもらいました。) お醤油ベースのタレに絡めたチキンステーキと一緒に、白ワインを楽しみましたよ〜👍✨ もーりーさん曰く、「まろやかな味」の白ワインでした。色もキレイ。 香りは弱めかな?赤同様、とても飲みやすく、ついつい飲みすぎてしまいそうな美味しさでした。香りは、もしかしたら、グラスを変えたらもう少し薫るかも? ところで… チキンステーキは美味しかったけど、もうこの量は多すぎるようになってきたかもしれないなぁ。ムネ、モモ、半分ずつにしてあるのだけど、もはや1/4ずつで良いって感じ😅 ケーキも買ってきてくれたけど、残念ながら満腹で、別腹も発動せず、食後は珈琲だけ飲んで、ごちそうさま〜。 でも、適量の美味しいお酒はまだまだ楽しみたいので、食事をはじめ、年齢に合わせていろいろ工夫しようと思います☺️✨ それでは、みなさま、おやすみなさ〜い🌠🌠🌠 24 Jan, 2021

面白すぎる、素晴らしすぎる、ムッシュー(などなど)

イメージ
 みなさま、ボン・ソワール🌃 なぜにフランス語で挨拶を?と言いますと、本日4回目、今宵みなさまと共有したいと思いましたのは、フランスはリヨンの、まことにまことに非凡なクラリネット奏者、ムッシュー・バルディルーの新作YouTube映像でありますからして、ここはやはりご挨拶も、にわか覚えのフランス語をムリヤリ使ってみたというわけです。 って、前置き長ッ! 本当は、 「ちょっと、ちょっとー、みんな見て見て!ニコラのクラリネット版ショパン、面白いよ〜😆」 と言いたいんですけど、これじゃ軽すぎます。 って、もう言ってる(書いてる)。 軽さついでに、尻軽ながらも、私ゃニコラさんも大好きだわ〜💕(ニコラとニコライ、名前が似てるな〜。) いや〜、フランスの人がこれほど面白いとは知りませんでした🤭日本では「おフランス〜」なんて言ったりしてさ、ちょっと近寄りがたい憧れの国的なイメージがあるもんね。 ま、それはさておき。 こちらのニコラ・バルディルーさん( https://youtube.com/channel/UCcBMAqQ2hW86KPbRV0Nttow )のYouTube映像はさっきアップロードされたばかりのホヤホヤなのですが、もう、タイトル見た瞬間に「でたー!」と思いましたわ。 だって、 ショパンの革命エチュードをクラリネット5重奏で演ってる んですよ👀🎶 何を隠そうワタクシ、このバルディルーさんの新着に気がつく直前に、実は昔のイヴァンくんの革命エチュードの演奏を聞いていたのです。それを閉じたら、これが来たーッ!とくりゃ、そりゃ驚きますわね? ちなみに、ニコラさんのYouTube映像は、キャプションも読み応えがあって好きです。フランス語じゃ読めないけど、英語で書いてくれているので楽しめますからありがたいです。 革命エチュードの編曲と演奏は、YouTubeリスナーからのリクエストで着手したもののようです。ブラボー✨✨✨ それを知ると、メロディアスなバラード4番、スィル・ヴ・プレ🎶な〜んて、リクエストしたくなっちゃいますね🤭 ところで、ですね、ニコラさんは私にとって、実は“庭の恩人”でもあるのです。 なんのこっちゃ?だとは思いますが(笑)。 ニコラさんの演奏をあれこれ見ていましたらですね、よく後ろにお庭が見えるんですよ。それがなんとも素敵でねぇ🌿 忘れてたいたもの

冬のおやつ:おしるこ、ぜんざい(と、クラリネットの練習3日目などなど)

イメージ
みなさま、ハロー、ハロー。 本日3回目ですが、いかがお過ごしでしょうか?ワタクシ達は先ほど3時のおやつに、おしるこ、ぜんざい、を食べましたよ〜😃 もーりーさんが、「ぜんざい」に餅3つ。 ワタクシが、「おしるこ」に餅2つ。 写真は私の方ので、「おしるこ」でございます。玄米餅にしようかとも思いましたが、ここは普通に白いお餅で。 「おしるこ」も「ぜんざい」もレトルトのもので、はごろもフーズさん( https://www.hagoromofoods.co.jp/ )のでした。 知らずに食べてから、後でメーカー名を確認して、へぇ!と思いました。 写真では後ろに隠れてしまって見えにくいですが、野沢菜漬けも食べました😄 私だけですが(笑)。 なかなかに、正しき“日本のおばちゃん”してるでしょ👍✨ 年々こういう嗜好になってきた。和菓子、漬物、日本茶(今日のは知覧茶)。 文句なしに、美味しかったです💕 外出控えてまあまあ退屈ではありますが、こういうおやつは案外、外に遊びに行っても食べられませんよね〜🤭 さて、ここからは自分の記録です。 1月24日(日)は雨のち曇り🌧️☁️で、外はとても寒そうですが、家の中はそれほど室温も下がらず、過ごしやすいです。多少は湿度のおかげかな? ジーパンとセーターに飽きたので、 カフェ・オ・レ色のコットンフランネルのブラウス(無印良品)に、グリーンのタータンチェックのスカート(Grand Park by Nicole)を合わせました。 後半は雑多な話題を〜。 まずは、ブランチです。私は朝8時くらいに起きて、紅茶を飲みながらピアノの練習をしたりしていたのだけど、朝ごはんは、もーりーさんが起きてから11時くらいに食べました。 朝ごはんの準備を私がキッチンでしている間は、もーりーさんがピアノの練習をしてました。もーりーさんはいつもオルガンの音色にして弾くので(電子ピアノならでは!)、わが家では、もーりーさんのピアノの練習を「ミサ」と呼んでいます(笑)。 で、こちらは私の練習中のディアベッリのソナチネ(op168-1)です。後半の丸印した部分を、運指に忠実に弾くのはなかなか難しい〜💦 けど、きっとこういうの、ほかの曲にもこれから出てくるのでしょう?と思いながら、「だから、今やっとけ!今やっとけ!」と自分にハッパかけて頑張っております〜👍✨ こういう

心安らぐアジアの音色と旋律

イメージ
 みなさま、こんにちは。 こちらは雨の神奈川県。薄雲の向こうにお日様が見え始めました。もうすぐ晴れるかも? YouTubeを開きましたら、ヨー・ヨー・マさん( https://youtube.com/c/yoyoma )の新着映像が、雨にまつわる曲の演奏でした。素敵な曲なので、シェアしますね〜☔ ウー・タン(Wu Tong)さん(と、お読みすればよいのかしら?)とのデュオです。 笙に似た形と音色の楽器ですね😃 ・ ・ ・ ただいま、もーりーさんは2階でクラリネットの練習をしております🎶 24 Jan, 2021

雨が降っても嬉しい訳は…

イメージ
みなさま、おはようございます。 私はちょっと前に起きたばかり。今は、日曜日の朝です。昨日に引き続き、今朝も雨が降っています。 昨夜のうちに雪になりそうというお天気予報もあったみたいだけれども、雪にならなくて良かった〜!と、ホッとしています。 それから、雨が降っていることも、まぁまぁ嬉しかったりして(笑)。 なぜなら、先週末に少しだけ花の苗を庭に植えたので、雨降りで庭の土が水を蓄えてくれることを期待しているからです。 日本の冬は…あ、違う違う…雪のめったに降らない神奈川県の冬は、ほとんど青空続きの晴れが多いのです。 気持ちが良いですよ〜🌞🌠 激しく乾燥しますけど… で、そんな冬のカラカラの日ばかりだと、植えたばかりの花のために、毎日自分で水やりをしなければならないですよね? だから、ちょうど良いタイミングで雨が降ってくれたものだわ〜💕 と、喜んでいる私です🤭☔ 24 Jan, 2021

What's New? 更新履歴

もっと見る

ラベル

もっと見る