ちりとてちん

引越ししてから昼間のテレビを見るようになりました。働いていたときは見られなかったNHKの連ドラ「ちりとてちん」にも、我ながら驚くほどはまってしまっております。。。(もうすぐ終わってしまうなんてさみしいっ!)  

ドラマ「ちりとてちん」で落語に初めて触れた私。近くの図書館で落語の本をたくさん見つけ、なにか易しくておもしろそうな本はないかな~と探してみました。そこで借りたのが「ちりとてちん」の題材である上方落語の本、『上方落語家名鑑ぷらす上方噺』。

落語のらの字も知らない私でも、案外知っている落語家の方がたくさんいるのが分かり、ちょっとうれしくなり、親しみがわいてきました。後ろの方に50音順で出ている上方噺の部分を読むと、「ちりとてちん」に出てくる登場人物の名前や設定がどこから来ているのか分かったり、取り上げられている落語の内容が分かったりもして、それもとても面白かったです。大阪の天満天神繁昌亭にも実際に寄席を見に行きたいなぁという気になりました♪ 新しい世界を広げてくれたドラマ「ちりとてちん」に感謝!

コメント

yo-_-yo さんの投稿…
blog復活おめでとう。楽しみに待ってましたよー♪
私も「ちりとてちん」にはまってます。
先日NHKで桂米朝(だったかな?)さんの
「はてなの茶碗」が放映されていたようですが、うっかり見過ごしてしまって残念・・・
母も興味津々。図書館で私も本、探してみます♪
sanae さんの投稿…
yo-yoちゃん、
来てくれてありがとう!
ちりとてちん、おもしろいよね~。大阪に遊びに行きたくなってしまってしょうがないです(笑)あと、小浜。

NHKでやっていた米朝さんの「はてなの茶碗」見ました。おもしろかったよ~。あの「ちりとてちんの落語を聞こう」シリーズはとてもよかったです。(落語初心者なのでとくにうれしい!)

人気の投稿