コーヒーの話

片桐はいりさんが『グアテマラの弟』という本の中で、
「グアテマラはコーヒー豆の産地なのに、
街中でおいしいコーヒーにめぐり合わない…」 と書いていました。
実は私も、これとよく似た体験をしています。

何年も前のある台風の日。
私ともーりーはとあるブラジル料理屋へ行きました。
日本なのに日本語の通じないお店…。

なんとかかんとかオーダーをして、量り売りのお料理を平らげたあと、
「ブラジルならコーヒーがおいしいかも♪」とコーヒーを注文。
すると、ちょっと困った様子のブラジル人のおばさん。
あわててなにやら家の中と思われるところへ入って行くと、
しばらくしてコーヒーカップを二つ手にして戻ってきました。
運ばれてきたコーヒーはなんとネスカフェ!
ご丁寧に砂糖を入れてあり「なんじゃこりゃ~!?」という甘さ。
こりゃ黒蜜だよ~ってくらい…。
ハッキリ言って衝撃でした。
「コーヒー豆の産地じゃないの???」と…。

黒蜜をお湯で割ったような味でしたが、なんとか飲み干しました。
だって、自家用のコーヒーを出してきてくれたのだもの。
その証拠(?)に、コーヒー代はとられませんでした。

帰りに、併設されている食料品売り場でお買い物。
ちゃんとありましたよ。ブラジル産のエスプレッソ用コーヒー豆。
「あるじゃ~ん!」と言いつつ、700円もしたけどご購入。
帰ってから飲んだそのコーヒーは、
とってもとっても美味しかったです。普通に。

はいりさんの書くグアテマラのコーヒー話に
あの日ブラジル料理屋で飲んだ”黒蜜コーヒー”を思い出す私です。


<本日の本>
グアテマラの弟
わたしのマトカ

コメント

Fairmont さんのコメント…
それって、かわります。コーヒーだって日本人はおいしい入れ方を研究したり、喫茶店などコーヒーを楽しむ文化がありますね。地元の人は、それを楽しむというより収入の糧として栽培してる場合が多いのでは。ペルーのアスパラガスだった、そうです。
アルゼンチンに住む友人も、アルゼンチンでは美味しいコーヒーに出会ったことがないと言ってました。だから、スタバの進出、大歓迎だそうです。
Sanae さんの投稿…
★fairmontさん、
まさに、その通り!らしいのです。”100%のコーヒー”は高級品で、やっぱり輸出用なのだそうです。ブラジルに赴任していたもーりーの会社の人も同じことをおっしゃってました。スタバの話は片桐はいりさんの本にも書いてあったし。。。

ふふふ。ペルーの「アスパラガス様」懐かしいですね!いつかぜひ食べてみたいです。

人気の投稿