あく巻き、筑紫、信玄餅(鹿児島旅行②)


 5月の連休に鹿児島へ行くことが決まってすぐに、私はうれしくて、鹿児島出身のある方に連絡を入れました。その方はその時はアメリカにいらしたのですが、それでもなんとなく、遊びに行きますよとお知らせをしたかったのです。その後しばらくして、連休も差し迫ったころのこと。その方から、同じ時期に鹿児島へ里帰りするというご連絡をいただきました。でもその時もまだ、まさか本当にお会いできるとは思ってもみませんでしたが、その後もなんどかやり取りをし、とうとうご本人にお会いすることができました。

 親戚の方から携帯電話まで借りてくださり、7時以降に電話をくださいとおっしゃっていただきました。夜8時どきどきしながら電話をすると…なんと優しくてかわいらしいお声!!お話しながら、レシピ紹介などのヴィデオで少しだけお声を聞いたことがあったのを思い出しました。8時30分にとお約束し、電話を切りました。


 「あちゃ~…!」支度をしながら大変なことを思い出した私。なんと、お財布にお金が2000円しか入ってない(汗)。未だに九州の銀行に口座を移しておらず、出発前にはバタバタしていてお金を降ろすタイミングを逃してしまい、そのうえ家族旅行だったため、そのまますっかり忘れてしまっていたのです。それにしてもこれから人と会うのに所持金が2000円とは(泣)。もーりーや両親たちはすでに外に食事に出てしまっています。しかたがない、待ち合わせまでにセブンイレブンでお金を降ろそう。そう考え、少し早めにロビーまで下りて行き、外へ出て道の左右を見回すと、右手に見えるのはローソン。うーん、ローソンではお金は降ろせないしなぁ…。そこで、ホテルのカウンターへ行き、近くにセブンイレブンはないかと訪ねました。すると…。「申し訳ございません。鹿児島にセブンイレブンはございません。」「???え゛っ?!」な、、、なんと、、、。おろおろする私の背中に今度は別の声…。「あの~、もしかして、Sanaeさんですか?」「は、はい。あ!あ~!!こ、こんばんは~!

 心の準備どころか、最大に動揺した状態で私はあの方にお会いしてしまいました。。。 こうなれば初対面でも気取っている暇もなく、私はChiblitsさんに事情を話し、「手持ちのお金がないので、お茶程度で済むところでお願いします。」と白状いたしました(泣)。情けなや~(^ ^;)そうそう、そうです。あの方というのは、カリフォルニアのChiblitsさんのこと♪

 「ここでいいですよ。ちょうどいいところがあったと思っていたんです。」とロビーのソファを指差すChiblitsさん。え?ここでいいんですか???でも、まぁ、ここならお金の心配もしなくていいし、静かだし、ま、Chiblitsさんがいいならいいか~。というわけで、ごめんなさい&ありがとうございます!私の情けない事情にお付き合いいただき、ホテルのロビーでのご対面と相成りました。

 それからの2時間は本当にあっという間。不思議な気がしたのは、初めてお会いしたのに話題が尽きないということ。ブログを通してあらかじめいろんなことを知っているので、あれもこれもと話がたくさん。アメリカのこと、鹿児島のこと、ご家族のこと、お料理のことなどなどなど。。。個人的にはChiblitsさんの生「100%Nerd(オタク)」が聞けたのが良かったです(笑)。とても私にはできない発音をしていらっしゃいました。さすが!(気になる方はChiblitsさんのブログにこの言葉を探してください。)

 残念だったのは、鹿児島弁を聞き損ねたこと!(笑)それから、一緒に写真を撮っていただくのを忘れてしまいました。せっかくのオフ会なのに写真の1枚もないのは前述のような理由で、ホテルのロビーには撮るべきものが何もないというのもありますが…(笑)。そもそもそれどころか、実はカメラも部屋に忘れてきてしまっていた私。舞い上がっていたのですね。。。おしゃべりに夢中で写真のことはさようならをするまで思い出しませんでしたから…。でもロビーにいたおかげでもーりーにもお会いいただけ、最後は3人でおしゃべりを楽しみました。

 Chiblitsさんの優しいゆっくりとしたお話の仕方に日本(鹿児島)を感じ、スッと伸びた姿勢の良い立ち姿にアメリカを感じた私でした。またぜひぜひ、お会いしたいです。



 鹿児島から福岡の自宅へ戻ってきたのは翌々。さっそくもーりーと、Chiblitsさんにいただいた「あく巻き」を食べました。教えていただいたとおり、一緒にくださった黒糖入りきなこをたっぷりつけ、買ってきた知覧の新茶といただきました。

 一口食べて、もーりーが一言。「あれ?これって筑紫餅みたいだね。」ふふふ。「そうだね。私の場合は信玄餅が浮かぶけど(笑)。黒蜜かけてもおいしいと言っていたから、ますます信玄餅と筑紫餅だね!」 鹿児島、福岡、関東と、住むところは違っても、似た味の食べ物があるのだなぁと驚きました。あく巻き、とてもおいしかったです♪ お土産屋さんではまったく見かけませんでしたが、もーりーは「指宿の道の駅でだけ見たよ。」と言っていました。

 ディープな名物品を教えてくださってありがとうございます(^^)。



 一番上の写真は奄美の有名な大島紬の小銭入れ。お茶や着物の本を見て憧れていた大島紬、ドルフィンポートの工芸品を集めたお土産屋さんで自分用に購入。美しい薩摩切子は高嶺の花で、いつかぜひお気に入りを買いに来たいねと言いつつ、今回は眺めるだけでおしまい。
 最後の写真は蒸気屋のかすたどんと銅鑼殿。かすたどんは仕事で旅行に同行できなかった義妹のお土産リクエスト。義母が買っていたので私も味見にひとつ。ぱくっと食べて、「あ!これは仙台の萩の月♪」(笑)ここにも似た食べ物を発見。かすたどんもおいしかったです。ほかにもかるかん、スイートポテト、かりんとう、紫芋を使ったいろんなお菓子、びわ、マンゴー、きびなご、桜島大根にさつまあげ、そして焼酎!などなどなど。欲しいもの、食べたいものが尽きない鹿児島でした。


コメント

chiblits さんのコメント…
Sanaeさん!今名古屋の一泊3500円のビジネスホテルからコメント入れています。
名古屋軍勢にお会いしましたよ!流石に名古屋軍勢、皆強そうな人ばかりでした。(笑)でも最高に楽しかったです!いつかSanaeさんと九州代表で一緒に参加しましょうね。
へ~あく巻き、全国にも似たお菓子があるものなんですね。
いや~本当にのほほ~んとした気が付かない性格なんです。近くにレストランもあったのに、お連れもしないでね!自分がいい年して恥ずかしい~です~。
Sanae さんの投稿…
★Chiblitsさん、

名古屋オフ会も楽しかったようですね!私もいつか是非参加したいです。それにしても一泊3500円とは、いいところを見つけましたね~。じゃらんネット、すごい。

筑紫餅も信玄餅もパッケージはあく巻きとは全然違うので、食べてみるまでは似ているなんて思いませんでした。

レストランやカフェはまたいつか一緒に行きましょう!(あの時は体調のこともあって、ロビーで良いと言ってくださりホッとしました。)
morimaman さんの投稿…
初めまして。私morimamanと申します。momenさんのところでよくお会いしております♪

福岡在でいらっしゃる?私は夫の転勤で東京在12年目。福岡出身です。生まれてから転勤まで福岡以外を知りません。
そして、父が鹿児島出身。5月になると、祖母がお手製のおっきなあくまきを送ってきてくれていました。
かすたどんも、福岡の空港で行くと毎回買って帰ります。
とても懐かしくてコメントをさせて頂きました。
来週用事があっての福岡行きというか、帰りです。
また、おいしいものを探さねば、、、

伯母は博多の乾物屋さんで、お豆を買っています。冬に帰ると、お豆を炊いて待っていてくれ、それが楽しみです。

ごめんなさい、自分ばかり感傷に浸ってしまいました。これからもよろしくお願いします。
Fairmont さんのコメント…
Sanaeちゃん、

鹿児島のお土産、美味しかったです。

ご近所に住む鹿児島出身のお友達が遊びにみえたので、彼女にもお裾分けしました。

「おすすめ鹿児島コースガイド」を見ながら、鹿児島のことを教えてもらったよ。

ご実家から「鹿児島のお醤油」を
ここまで送ってもらってるそうです。

福岡のおかあさんが送ってくれた
ホーク時代の城島グッズ、沢山あります。
Sanae さんの投稿…
★morimamanさん、
初めまして。コメントをありがとうございます!実は以前、もめんさんから、博多出身の方とご紹介いただいたことがあります。それから時々morimamanさんのブログも見せていただいていたのですが…。私も次回はコメントを残させていただこうと思います♪

あく巻きはmorimamanさんにとっては「おばあちゃんの味」なのですね!福岡も鹿児島も、九州は本当にその土地土地でおいしいものがたくさんあり驚きの連続です。私は今回が初めての九州暮らしなので、楽しみがいっぱいです♪いろいろ教えてください(^^)
Sanae さんの投稿…
★Fairmontさん、
お近くに鹿児島出身の方もいらっしゃるのですね!

なるほど、お醤油はその土地によってけっこう味が違うものですよね。アメリカでもお醤油がメジャーな存在になったといっても、いろんな種類を選べるほどにはありませんものね。(現在わが家は親戚経由の大分のお醤油です。)

ははは!野球音痴の私も、城島選手はかっこいいなぁと当時からお顔を覚えておりました。福岡の”お母さん”、いろんなものを送ってくださいますね(笑)。

人気の投稿