里芋といかの煮物

野菜はたいてい、みやこ町の四季犀館に買いに行きます。新鮮な地元野菜が手に入ります。この里芋もそこのもの。しかも皮を剥いてあるのを買ってきました。苦手なのです、里芋の皮むき・・・。

たくさんの里芋を以前お土産でいただいたゲランドの塩で下茹でし、半分は冷凍庫へ。残りは長崎のいかと一緒に煮物にしました。煮物には、醤油を三種類をブレンドして使いました。九州のお醤油だけだと色が濃くなりすぎるし、薄口だけでは物足りない・・・といろいろ試すうちにいつの間にやらこうなって。薄口醤油と、ちょっと甘口の大分のお醤油、そして原料のシンプルな古賀のお醤油をブレンド。大分のお醤油は、もーりーの実家で食べているのと同じ。大分は義父の故郷です。

塩で下茹でしたのもよかったのか、里芋がものすごく美味しかったです。(里芋はもーりーの大好物だけれど、本当は私はあまり得意ではありません。)

そうそう、納豆もみやこ町のもの。大粒で粘りも強く、おいしいです。納豆はわかめやじゃこと和えました。

 

コメント

人気の投稿