The House on Mango Street

真夜中です。

もーりーは出かけているので、
ひとりのんびりとした休日の夜。
本棚から古い本を引っ張り出してきて、
冷たいハーブカクテルを飲みながらの読書タイム。

Sandra Cisneros
"The House on Mango Street"

英語を勉強し始めの頃、
図書館で借りて読んで気に入ったもの。
その後に購入したペーパーバックです。

ラテン系アメリカ人のティーンネイジャーの女の子、
エスペランサとその家族や友達のお話。

1ページに1話というショートストーリーなので、
初めての英語本にもおすすめです。
なんともキュートでかわいく、
爽やかな読後感。

ハーブカクテルの作り方はこちら

(読んだことはありませんが、
日本語訳
「マンゴー通り、ときどきさよなら」
もあるようです。
主人公の名前の通り、
スペイン語版
"La Casa En Mango Street"
もあります。)



 

コメント

アン さんの投稿…
タイトル見ないで絵だけ見て、ゴーギャンの本?
なんて思った私はそそっかし屋さんですね。(爆)
なんて、チョット見栄を張りましたが、タイトルは
読めないのに・・・。

ハーブカクテル、お家にあるものばかりで、お庭に
ミントが繁っています。
寝苦しい夜は、たまにはアルコールを抜いて
こんなカクテルが良いかもしれませんね。

ゴーヤ生りだしましたか?沢山生って食べきれない
時は、サッと茹でて冷凍保存が出来ますよ。
Sanae さんの投稿…
☆アンさん、

こんばんは~。
この本の表紙イラスト、とっても素敵ですよね!Nivia Gonzalez(ニヴィア・ゴンザレス?)さんという方のイラストのようです。本当、ちょっとゴーギャンっぽい!

ハーブカクテル、ぜひ試してみてください♪でも実は、次回はアルコール入りのハーブカクテルを作りたいなぁと思っているところ(笑)。

ゴーヤは小さ~い実がちらほら。茹でてから冷凍保存できるのですね!ぜひそうします。ありがとうございます(^^)ブルースターは少しずつ大きくなってきたので、先日間引きをしました。楽しみです♪

人気の投稿