ぶり大根

おはようございます。いつも見に来てくださってありがとうございます。今日はぴかぴかりんりんの良いお天気(^^)それだけでとってもご機嫌です☆
 
写真はある日の晩御飯です。ぶり大根。魚屋さんでは、「わらさ(ブリ)」と書かれていました。あらの部分を買いました。なのでとってもお安かったです(笑)。

私の和食の先生はばぁば、こと、鈴木登紀子さんのお料理の本です。いつもは適当に作っていたぶり大根ですが、今回はばぁばの本を見て、その通りに作ってみましたよ。落し蓋にはいつもクッキングペーパーを使っていたのですが、それも今回は味噌作りに使った木製の内蓋を使いました。手持ちの鍋にサイズぴったり。そんな些細なアイテムで、お料理してる気分が盛り上がります(笑)。

ばぁばのレシピでは、最後に大根の葉を刻んだものを散らしてありましたが、あいにく葉つき大根ではなかったので、青葱をぱらぱら…。お醤油は九州のお醤油です。色はもの凄く濃くなりますが、だからって辛いわけではありません。むしろ優しい味に仕上がります。その代わり砂糖はひとつ控えました。

こちらはその次の日のひとりごはんです。もーりーの帰りが遅い日だったので、先に食べました。ぶり大根を煮た煮汁は、がんもどきを煮含ませて再利用しました。ざるで濾してから使いましたよ。こういうのも美味しい♪

味噌汁は手抜きの即席でーす(笑)。これ、買っておくとありがたいのです。(ばぁばに小言を言われそうですね ^^;)


Photo by Sanae: Pentax Optio S4i
 

コメント

人気の投稿