2009年3月31日火曜日

双子ローズ?!

三月は更新回数が凄い!
暖かくなったので、
活動的になっている自分が分かりますね(笑)。

さて、今年最初のミニバラが咲きました。
昨年も沢山花を咲かせてくれた
コーヒーオベーション。
このアンティークっぽい赤が大好き。

ところでなんだか今日のバラ、
二輪がひとつに咲いちゃったみたいな形。
双子ローズ?!

後ろの薄紫のお花はローズマリー。
次々花開く我家のベランダガーデンです。

 

グリルドチキンサラダ

若鶏のぶつ切肉を香ばしく焼いてサラダ仕立てに。

野菜はオリーブオイルと塩胡椒でさっと和えてあります。
ピリっとした風味のわさび菜とベビーリーフ。

お肉にかかっているのは
カシスのマスタードを使ったソース。

市販のシーザーサラダ用ドレッシングに、
ピンク色が鮮やかな
カシスの粒マスタードを加えて。

マスタードの酸味と、
シーザードレッシングのコクが美味しいヨ♪

 

手作りバスソルト

もーりーのギックリ腰もすっかり良くなりました。

その間お風呂に入れていたのは手作りのバスソルト。
死海の塩に、ユーカリ、ローズマリー、
ペパーミント、ジンジャーの精油をミックス。

腰痛のためのブレンドです。

参考にしたのは Valerie Ann Worwood さんの
The Complete Book of Essential Oils and Aromatherapy
という本。

テネシーの時に買った本ですが、
索引が見やすく今でも重宝しています。





 

2009年3月30日月曜日

植物の植替え


今朝はとっても暖かかったので、
ずっとやりたいと思っていた植物の植え替えを決行。

寄せ植えしていたハーブをばらして、
ひとつずつ大きめの鉢に移してあげよう。
まずはラベンダーから植替え。
う~ん、いい香り~♪
他のハーブは苗用のポットに仮置き。

菜の花みたいなお花を咲かせた葉ボタンも、
ずっと実をつけていたミニトマトも、
ようやく切り取って、
一緒に花瓶へ活けてみた。

土を掘り返していたら、
忘れかけていたアボカドを発見。
土の中では根も芽も出てきている!
慌てて植え戻して札をつけておく。
忘れないように。
無事芽が出ますように。

大きなプランターに植えていたパンジーやヴィオラ。
アソートだったので色が混ざって見苦しかった。
色わけしてハンギングに移したらすっきり。

土も丁寧に根やゴミを取り除き、
堆肥を混ぜて再生させたい。
これはなかなか根気がいる作業。

東向きのベランダは、
陽の当たるのは午後二時までが限度。
とたんに肌寒くなる。

明日も暖かかったら、
続きをやって終らせたい。

 

鰯の生姜煮

日曜日の晩御飯。

鰯の生姜煮。
じっくり煮つけたので、
骨までぱくぱくいただけます。
子持ちのものもあったみたい。

ご飯一膳では足りませんね?!

 

2009年3月29日日曜日

長時間発酵でプチパンを焼く

粉ものづいてます。
今日はプチパン。

パンを焼くのは久しぶり。
参考にしたのは高橋雅子さんの
『少しのイーストでゆっくり発酵パン』 という本。
全粒粉がなかったので、
強力粉だけで作りました。

オーバーナイトで発酵させる方法。
以前にも他の方のレシピで作ったことがあります。
そのときはかなり緩い生地でしたが、
今回はしっかりめ。
翌朝あまり膨らんでいないように見えたので、
ちゃんと発酵できているのか不安でした。

でもそのまま続行。
無事に写真のように焼き上がりました。
クープの開きもよく大成功!
(裏のつなぎ目から開いちゃったのもあるけど…)

もっちりどっしりとしたパンに。

夜仕込んで翌日焼くこの方法。
パン作りは一日がかりと思っていたけど、
これなら気楽にできるので、
もっと練習したいな~。

 

キャベツとウィンナーのソース炒め

日曜日のお昼ごはん。

もーりーのギックリ腰は
だいぶよくなりましたが、
今週末は家でのんびり。
土曜日はリハビリも兼ねて、
近所の図書館までお散歩に。

クロワッサンの
『おいしい健康法①野菜の食べ方』
という本を借りてきました。

その中から高山なおみさんのレシピで
キャベツとウィンナーのソース炒めを。
キャベツ+ソース=焼きそば
という思い込みがありましたが…。

挽きたての胡椒と、
ちょっぴり使うバターがおいしい!
キャベツをたっぷり食べられる一皿です。

ソースはお気に入りのミヤジマ!
(佐賀県の会社の粉末の焼きそばソースです。)


 

2009年3月28日土曜日

一から作るホットケーキ

土曜日のブランチ。

市販のミックスを使わずに、
一から自分でホットケーキを作りました。

分量の参考にしたのは、
『絵本からうまれたおいしいレシピ2』
バニラオイルがとってもいい香り!

ミックスよりも食べ応えがある感じ。

7枚焼きましたが、
二人で2枚ずつ食べたら
もうおなかいっぱい!

残りは冷凍して、
また今度おやつに食べよう♪

 

焼き方完璧!手作り餃子

晩御飯は手作り紫蘇餃子。

皮は市販のものを使い、
具を包むときに紫蘇の葉を重ねました。
(大きさは皮に合わせてちぎる。)

焼き方は丸岡の餃子を思い出して…。
う~ん!完璧!

皮はパリッと、
中はジューシーに。
紫蘇の葉がさわやかな味わい♪

具のバリエーションをもっと研究したいな~。

 

2009年3月27日金曜日

リーフルの桜ティ

いつも手紙と一緒に、
おいしい紅茶を送ってくれる
お友達のゆみちゃん。
リーフルの桜ティの
おすそ分けをいただきました。

とっておきのときに…
と思い、
焼いたクッキーと一緒に。
朝のお茶を楽しみました。

ふわぁっと甘くすっきりとした香り。
飲みくちはまろやかながらも、
ちょっぴりペパーミントティを思わせる爽やかさ。
しっかりした甘さのクッキーにもぴったり。

朝の贅沢なひと時をありがとう♪

(袋がお湯で濡れてしまいました…)


 

オーブンのクセ?

マドレーヌを焼いたのと同じ本で、
今度はディアマンというクッキーを焼きました。

冷蔵庫で寝かせた生地を切ってから焼く
アイスボックスクッキーです。
子供のころ母がよく作ってくれました。
自分で一番初めに挑戦したのも
このタイプだったかもしれません。

本で見ると色白のディアマン。
我家のオーブンでは…

レシピの設定どおりに焼いたら
半分近くが焦げちゃった(泣)。
温度が高過ぎるのか、
時間が長すぎるのか…。
その両方かな?

これがオーブンのクセってもの?

色黒くんのわがディアマン。

それでもバターの風味がおいしい、
サクッとしたクッキーに。
食べ始めると止まりません。

ブラックダイヤモンドということで、
記念すべき第一号。

さぁ、また作るぞ~。


 

山盛りチャーハン

水曜日、
会社でもーりーがぎっくり腰になりました。

木曜日は自宅療養。
食欲はあると言うので、
何か好きなものを作ってあげようと、
お昼ご飯はラーメンとチャーハンのセットを。
この組合せ、
いつもはもーりーの得意料理(笑)。

麺の茹で加減やチャーハンの味つけは、
およばないかも知れないけれど。
「盛り付けならまかせて!」と、
小さなボールで山を作ってみました。

冷凍しておいた手羽餃子も添えて。
なかなかの豪華版でしょ?!

 

2009年3月26日木曜日

オニオン・チーズ・ベーコンパン

こちらは自作ではありません。

ひこさん道の駅の敷地内にある、
「パン工房麦の里」のパン。

ややいいお値段のパンが多いのですが、
美味しいのでつい買っちゃう。
行くたびにひとつずつ。
大きめの食事用のパンを。

チーズやドライフルーツ入りがお気に入り。

これも中にごろごろとチーズが入っていて、
それだけでちょっとした食事になるような、
ボリューム満点のパン。

買ってきた日はそのまま、
翌日以降は軽くトーストして。

う~ん、おいしい!


 

つくしのスパゲッティ

写真の色が暗くて分かりにくいかな?
春の味覚「つくし」のスパゲッティです。

「摘んできました」
と言いたいところですが、
それは嘘。
道の駅で購入。
たぶん近所にも
沢山生えているとは思うのですが…。

もーりーはつくし好きで
春になると食べたくなる様子。

実は初めて自宅で調理しました。
グリーンの先端と
ピンクの茎のコントラストがかわいい。

こんな色に変化するなんて、
ちょっと驚きです。


 

2009年3月25日水曜日

マドレーヌ

今年最初のお菓子作りはマドレーヌ。

小林かなえさんのレシピで二種類。
はちみつ入りのプレーン(写真手前)と、
ココアを入れたチョコレート(写真奥)。

シェル型9個分のレシピを三回で、
丸型15個作りました。
一回の量が粉50g程度と少ないので、
案外簡単にサラッとできましたよ♪

卵は糸島の「つまんでご卵(らん)」を、
粉も九州産の「ミナミノカオリ」を。

ふんわり軽い焼き上がり。
う~ん、美味しい☆
次はシェル型を手に入れて作ろう!

焼きあがったマドレーヌは、
卵をくれた糸島の親戚に送りました。
おいしい卵をありがとうございます♪

今年こそ、
月に一度くらいの割合で、
お菓子作りに挑戦したいな、と思います。

(すでにふた月過ぎていますが…。)


<本日の本>
マカロンとパリの焼き菓子


 

2009年3月24日火曜日

油木ダムの桜

油木ダムまでお花見ドライブ。

今年も福岡の桜を見ることができました。

(写真は二つとももーりーが携帯にて撮影。)

 

スペアリブの中華醤油煮

豚の スペアリブ中華醤油煮。

下茹でしたスペアリブを、
にんにく醤油と紹興酒で、
柔らか~くなるまで煮込みました。
白髪葱と煮卵を添えて。

ご飯のすすむ一品。


 

2009年3月23日月曜日

二年目のチューリップ

我家のチューリップが咲きました。

これは昨年の春、
原尻の滝で分けてもらったもの。
いただいた説明書どおりに年越しし、
二年目にもちゃんと花が咲きました。

めっちゃ嬉しい~♪

 

休日の朝ごはん


だいたいいつも同じスタイルの、
休日の朝ごはん。

なのになぜか写真を撮りたくなる。

パンと卵料理と野菜が少し。
暖かくなって生野菜が食べたくなりました。

飲み物はたいてい、
私は紅茶でもーりーは珈琲。

パンには最近、
ハローデイでみつけたPresidentという名の、
フランスのバターをつけています。


 

2009年3月21日土曜日

ラ・ドログリーのボタン②

マディのランチの後はラ・ドログリーへ。

京都店で買ったベルベットのくるみボタン。
いざカーディガンにつけようと思ったら…
あちゃ~!
数が足りませんでした(汗)。

買い足さねばと天神のお店へ。
お店の方に聞くと、
「ありますよ~♪」
とすぐに出してきてくれました。
良かった!

着ていたセーターの三色ボタンも、
素敵と言っていただいて、
とっても嬉しかったです。

どうもありがとう☆

*こちらも見てね☆


 

Cafe Madu Kitchen

福岡にマディができたと聞きさっそく遊びに行ってきました。

福岡のカフェのランチには和食もあると聞き、ちょっと意外に思いながらも、もーりーにつき合ってもらいお昼を食べに。私は鯖の竜田揚げを注文し、もーりーはチーズハンバーグを。ご飯は五穀米か白米を選べるようになっていました。付合わせにはひじき煮、ラタトゥイユ(パプリカのトマト煮込み)、味噌汁、お漬物。どれも気軽に食べられるおいしさ。グレープフルーツジュースもとても美味しかったです♪

次回はデザート類を是非食べてみたいな~。

2009年3月19日木曜日

ラ・ドログリーのボタン①

京都旅行でのお買い物。

地下鉄烏丸線の北山駅、
ラ・ドログリーにてカラフルなボタンなど購入。

手染めでひとつひとつ色が微妙に違うボタン達。
「お好きな色をお選びください」と言っていただき、
真剣に選んで一つ・二つ・三つ…。

何につけたかはこちらで。

*表参道(東京)や天神(福岡)にもあります。

2009年3月18日水曜日

旅の癒しグッズとマッサージサロン


 旅行の際に必ず持参するのがマッサージグッズ。木製のベアリング型マッサージャーとTHE BODY SHOPのフットスプレーは私の定番です。先日の京都旅行でも沢山歩いたので、レモングラスのスプレーが大活躍でした。就寝前にシュッとひと吹きすれば、翌朝には足の疲れもスッキリ。

 ところが、旅行中はそれでスッキリしていたものの、帰ってきてから目の疲れや肩のこり、強烈な偏頭痛に悩まされ大変でした。相手が義妹だったとはいえ、久しぶりに初めての組合せでの旅行。やはり疲れはいつの間にかたまっていたようです。アロマバス入浴をしても、ゆっくり眠ったつもりでも、なかなかスッキリとは疲れが取れません。

 そこで翌日は温泉&アロママッサージに行くことに。いつも良く利用するのは大分県中津の八面山金色温泉。野趣あふれる山あいの温泉で、施設内に色葉というアロマサロンが併設されています。私のお気に入りは全身のアロマトリートメントと、オイルを使わないヘッドマッサージ。時間があるとき、ものすごく疲れているときはアロママッサージを。時間がないときや、ちょっとだけリフレッシュしたいときはヘッドマッサージを(これ、かなり気持ちがいいのです)。この日もせめてヘッドマッサージだけでもと思いましたが、休日の夜とあって予約でいっぱいでした。残念!次回の5%オフ券をいただき、気を取り直して温泉へ。お湯にゆっくりつかってじっくり汗をかいたので、とりあえず頭痛は治まりました。ホッ。

 やっと元気が出てきた~と思いつつも、一度マッサージモードになってしまった私。どうしてもマッサージに行きたい気持ちがおさまらず、翌日は北九州空港へ(笑)。クイックマッサージとリフレクソロジーのお店があるのを思い出したので♪それに、空港への道すがら「海を見たい!」という気持ちもあり。なんてったってその日はピッカピカの晴天!空港への道はドライブするだけでも気持ちがいいのです。待ち時間には飛び立つ飛行機を眺めたりして。ご希望なら足湯だってできちゃいます。(詳しくはこちら。

 初めて利用するエアポート・マッサージ。お願いしたのは入り口に出ていたメニューから選んだ20分の眼精疲労コース2000円。頭と肩周辺のマッサージかなと思いきや、ショートパンツにはき替えての本格的な全身マッサージ。しかも、私の足を見るなり「腰をお悪くしてますね。」さらに頭に触って「相当お疲れのようですね。特に神経が疲れているみたいです。飛行機のお時間は…?」と。マッサージのためだけに空港に来たことを告げるとずいぶん驚かれ(そりゃそうだ…)、「それでは責任重大ですね!しっかりお疲れを取っていただかないと。」と、結局時間を大幅にサービスしてくださり、40分ほどじっくりマッサージをしていただきました。(そのうちの10分追加分はちゃんと御代を支払いましたよ♪)「肩の凝りは腕の疲れから来るんですよ。」と腕も念入りに。その上、「お店を覚えていてくださったので。」とマッサージローラーまでいただいてしまいました。ありがとうございます!

 足裏も背中も腕も頭も、笑っちゃうくらい痛いところだらけ。汗もいっぱいかいて驚きましたが、マッサージ後は顔のむくみもスッキリ取れて、その後三日間は便通もすっかり良くなり快調。あれだけしっかり揉み解していただいたのに、もみ返しはまったくなく、体が軽~くなりました。やっぱりマッサージサロンって凄い!とても真剣にマッサージしていただき、本当にありがとうございました。また是非お世話になりたいお店となりました。

 それにしても、今回のこの疲れはきっと旅のせいだけでなく、日ごろの運動不足や座りっぱなしの生活も影響しているのだろうな…。日ごろのケアをしっかりしようと思った出来事でした。

 

2009年3月17日火曜日

Costco のカレー粉を使ってみよう!


 昨年のココナッツチキンカレーの記事あてに Costco の Bombay Sweet Curry の使い方の質問をいただきましたので、今日はそれを使ってドライカレーを作りました。パッケージの使い方欄にはいろいろな方法が出ていますが、いつもの私の使い方は以下の通り。今回はドライ・レッド・キーマ・カレーでございます。(自己流)
①バターでみじん切りの玉ねぎとにんじんをよく炒める。
②ひき肉を加えてさらに炒める。
③肉に火が通ったら、カレー粉を大匙2(~3)杯加えてよく炒める。
④味をみながらトマトの水煮を大匙2(~3)加える。
(③で苦味が感じられたら少しトマトを多めに。)
⑤ミックスビーンズを加えて、トマトの水分が飛ぶまで炒める。
⑥塩・胡椒で味を調える。

 普通のカレーの時は、④以降で水分を加えています。(ココナッツカレーの場合はココナッツミルクを。)名前のごとくそれほど辛味はありません。物足りない人はガラムマサラなどで工夫するとよいかも?!我家はもーりーの舌に合わせ、何も加えていません。ちなみにパッケージでは、次のように書かれています。(意訳です。悪しからず。) 煮込みと書かれているのが、日本風のカレーにあたると思われます。
【燃やさぬようによく熱した植物油にカレー粉を加え、色が変わりペースト状になるまで炒める。このペーストは調理済みの野菜やチキン、ラムなどにつけてもよいし、炒め物や煮込み調理の下味として使ってもよい。調理する直前のサーモンやチキン、肉類に、カレー粉を少量振りかけると、エキゾチックで甘いマイルドな香りづけができる。マヨネーズやマスタード、ディルに加えて、調理済みのサーモン(温かくても冷たくても)に添えても美味しい。】

京都旅行③ホテル・温泉編

最終日は叡山電車に乗って、
くらま温泉」へ。
10年前に訪れ、
とても気にいったところです。

そこへ行きたいがために、
ホテルも北のほうにあるホテルをチョイス。

宝ヶ池近くの
グランドプリンスホテルに宿泊。
駅からは遠いけれど、
八条口に専用のカウンターがあります。
行きも帰りも荷物はそこで。

それに街中から離れているので
空気も景色もとっても綺麗。
お部屋も広々として寛げました。
バスルームも広くてゆったり。
インテリアのセンスもとっても素敵でした。

(JR九州の旅行プランで予約しましたが、
チェックインの時にお部屋を
アップグレードしていただけました。
ラッキー☆)

写真を撮らなかったので、
詳細はホテルのサイトをご覧下さい。

ちなみにお食事も、
今回はホテルのものが一番美味しかったです。

日本料理屋さんの朝の定食は、
そのままお昼にしても良いほどの量と内容。
10時半まで食べられるので、
ゆっくり起きて遅めのご飯でも良かったな~。

またぜひ利用したいホテルです。

さて、話は温泉に戻ります。

一番上の写真は叡山電車の鞍馬駅。

くらま温泉の無料送迎バスは、
電車の発着ごとに出ているので、
それに乗せていただきます。

こちらは温泉を外から見たところ。
日帰り入浴は1100円。
タオルも売っているので手ぶらでもOK!

この日なんと私たちは一番風呂。
しかも雨の平日ゆえか貸切状態。
またまたラッキー☆

山を眺めるお風呂は最高!

あ~、本当にもう一度来て良かった!

帰りは鞍馬寺をちょっぴりのぞいて…

お寺の階段脇にある雍州路でお昼ご飯。

ここも10年前に訪れたお店です。
とっても雰囲気のいいところ。
レトロな山小屋風喫茶店という感じかな?
この日はジャズが流れていました。

薬味たっぷりの雲珠(うず)そばをいただきます。
おいしい~♪
名物の木の芽煮も美味。
食後の珈琲でホッと一息。
珈琲も本格的な美味しさです。

食べ物の記憶ってなんて正確!

次回もきっとまた、
ここに来たくなるでしょう。


 

京都旅行②和菓子編

京都二日目は和菓子屋さん巡り?!
こちらは上賀茂神社前の神馬堂。
出来立てのやきもちをいただきます。
(写真撮り忘れました。)

大宰府の梅が枝餅を想像していましたが、
それよりはかなり小ぶり。
いくつでもいけそうなかわいらしさ。

お次は今宮神社参道のあぶり餅。

神社から出てくると、
「お帰りやす~。」と声がかかります。
バス停がよこの鳥居近くなので、
こちらは帰りに通る人が多いのかも…。

ちなみに道の反対側もあぶり餅屋さん。

お座敷もあるし、小上がりも。
ストーブを背にして小上がりで一服。

お茶を出してくださるときの一言も
「おぶです~。」
と京都風。

一人前を二人で分けていただきました。
おこげが香ばしく、美味。

さて、こちらは今回の旅行のメインイベント!
京生菓子作り体験。
二条のよし廣さんというお店にて。
女性の和菓子職人さんに習いました。

写真手前は私の作。
奥は義妹の。
用意された材料で、
見本を見ながら形作っていきます。
今回は春の花、桜とバラを。

そのほかにも職人さんの技を間近に見たり、
抹茶とプロの作った上生菓子をいただいたり。
写真つきの体験修了書もいただきました。

楽しかった~☆

見本と自作の生菓子の、
計4個をお持ち帰り。
自作のはホテルで食べました。

最後は自宅用のお土産。
和菓子ではないけれど、西利の漬物。
菜の花と壬生菜。

菜の花は新作らしく、
お料理のレシピカードをいただきました。
壬生菜は漬物の種類がいくつかあって、
こちらは生姜醤油の漬物。

両方ともあっさりとしていておいしい!
さわやかな美味しさです。
JR地下のお土産売り場にて。

こちらも自宅用お土産。
同じくJR地下にある「匠味」という店にて。
いろんなお店のお菓子をひとつから買うことができる
和菓子のセレクトショップです。

福岡土産に似ているお菓子を選んでみました(笑)。
通りもんに似ている「京の通りゃんせ」。
梅が枝餅に似ている「やきもち」。
そのものずばりの鶏卵素麺もあったけど、
それは買わず…。

あとは何にも似てないけど、
おいしそうだった「焼き栗きんとん」。
めっちゃ美味しい!

竹かごはかわいかったのでオプションで。
他にも巾着や風呂敷などもあり、
贈り物にも良さそうでした。

とっても気に入ったお菓子屋さん。
また是非行きたいです。

京都旅行①観光編

3月11日~13日の三日間、
義妹と京都旅行へ行ってきました。

まずは義妹のご希望で清水寺。
私も修学旅行以来。
以前は目もくれなかった、
こんな灯りに興味が出ます。

清水の舞台。

来たがっていた本人(=義妹)は、
怖いといってのりたがらず…。

曇り空でしたが、
気持ちのよい眺めでした。

二日目は上賀茂神社へ。

広い神社の敷地に一歩足を踏み入れると…
なんだか空気が違うのを感じます。

バスの乗り継ぎに苛立った気持ちも
すーっとほぐれていくような。
水の音にも心が和みます。

こちらは今宮神社。
ここはあぶり餅屋さんを目当てに(笑)。
もちろんお参りもしましたよ。

最後は金閣寺。

ちょうど晴れの日の正午。
光が当ってものすごく綺麗!

拝観券がお札(ふだ)になっているのは、
外国人でなくともなんだか嬉しい。

金閣寺は参拝客のわくわく感が集まって、
とってもいい空気を感じました。
初めての参拝。
来ることができて良かった。

(境内を歩くと靴が真っ白になります。
ウェットティッシュー&
簡易靴磨きは必須アイテム!
行かれる方はお忘れなく。)