花菜ガーデン

 7月31日(土)の午後、平塚の花菜(かな)ガーデンに行ってきました。花菜ガーデンは今年の3月にオープンした神奈川県立の植物園です。横浜スタジアムの3.5倍という敷地は広々としていてとても気持ちがいい~♪
 
 遊歩道が整備されているので、広いけれどわりと楽に一周できます。車椅子の方でも利用しやすいようバリアフリー設計されているのかな?と思いました。トイレやレストランなども広々。

 入場料は500円かかりますが、レストランやお土産売り場はいつでも自由に利用できます。昼過ぎに出かけたので、園内を回る前にお昼ご飯を食べました。食券を買って利用するスタイル。レストランも広くてゆったりしています。

 もーりーはチキンキーマカレー、私はハーブキチンとサラダのプレートを。両方ともとても美味しかったです♪ ドリンクバーにはハーブティなどもありました。このほか持参のお弁当を食べても良いそうですし、お弁当はショップで買うこともできるそうです。もう少し涼しくなったらピクニックに来たいなぁ~♪

↑ クリックすると大きくなります ↑
 さて、ここからが園内の様子。バラの二番花が咲いているところでした。8月も半ばになると夏剪定をするそうなので、ちょうど見られてラッキー☆これだけでも大興奮で、秋にも来たいし、来年は是非5月に来よう!と心に決めました(笑)。あ~、やっぱりバラってなんて素敵!!

 花菜ガーデンには園芸関連書専門の図書室もあります。のぞいてみましたがこれはすごい~!という蔵書の数々。バラの本だけでもかなりたくさん。洋書の植物図鑑も揃っていました。カレル・チャペックの本もたくさん。
 
 閲覧とコピーのみとのことでしたが、年間パスポート(2000円)を買って、季節の花を見て、図書館を利用して、というのもいいな~。静か~な空間も魅力的。(そしてとても涼しい。)

 相談員の方が常駐していて、園芸相談にものってくださるのだそうです。時々野菜の収穫体験などもやっているそうで、「なすがとびきり美味しいですよ~!」とおっしゃってました♪

 個人的にはバラ以外にはやっぱりハーブが気になります。そしたらこんな真っ白なエキナセアを発見。白もあるのですね~。真夏でもひときわ元気に咲いていました。

 他にも巨大なフェンネルやらバジルやら。あ~、やっぱりハーブって、本当はこんなに大きくなるものなんだ~とびっくりすることばかり(笑)。小さく育ってくれてるわが家のハーブ達よありがとう!いつか大きく育ててあげたいな~。

 カレル・チャペックの庭を再現したコーナーや 、池や水田、畑、果樹コーナーなどもあります。田んぼのあぜ道を歩いてみることも出来ちゃう。都会育ちの子供達には、あぜ道歩きも楽しい体験となるのではないでしょうか?もーりーは用水路に何かいないかな~としばらく見つめていましたよ。あめんぼがたくさんいました。

 最後にショップをのぞき、イタリアの栗の蜂蜜を買いました。(2番目の写真右下のものです。)他にも魅力的な雑貨や食べ物、園芸品などがたくさん!

 まだ出来たばかりの花菜ガーデン。だんだん植物が育って、賑やかになっていくのでしょうね~。とっても楽しみです。

 【おまけ】道を挟んだ向かいには「あさつゆ市場」があります。帰りにはそこによってお買い物。野菜やソーセージなどを買いました。それから写真の虹色シフォンケーキ♪ かぼちゃ、にんじん、ほうれん草などで色を表現しているようです。可愛くて、味も美味しかったです。


 
 

人気の投稿