東京デート:ゴッホ展


12月12日(日)は、修了間近のゴッホ展に駆け込みで出かけてきました。電車に乗ってもーりーと東京デート♪ 乃木坂で降りて国立新美術館へ。地下鉄で隣に座っていた親子、なんと来場50万人目に選ばれて、入り口で声をかけられておりました。びっくり。タッチの差?!と思いきや、もーりー曰く、「ああいうのはやっぱり親子連れとかお年寄りが選ばれるんだよ。」と。そういうものかも。それでもなんか、いいもの見ちゃったという気分♪

それはそうと、会場時間ちょい過ぎについたものの、すでに入場規制で10分待ちの表示。最初に入れた人々は、いったいどのくらい前に並んでいたのでしょうか…。凄い。いつも休日は昼過ぎに行動する私たち、この日は頑張って早く出発したのですが、この時点でもう負けてます(笑)。別に勝負ではないけど。

展示は年代順。係りの方がしきりに「後期有名作品は展示室の後半です!」とおっしゃっています。いつも展示リストをいただいても、絵を見ているときは手に持ったまま特に活用したことはなかったのですが、今回ばかりはこれが非常に役立ちました。会場して間もなかったので、もーりーと相談し、先に空いている後半の展示物を見てしまうことに。それから再び入り口付近に戻ってきて、若い頃のデッサンなどは後から見ればよろしいと。

この作戦、大成功。みんな展示順どおりに見ようとしているので、先のほうはだいぶ空いていて、主要作品がゆったりと見られました。同じようになさっている方もちらほら。このときに展示品リストと会場内の展示図面が役立ちました。どこまでみたっけ?って覚えていられるので。

今回はゴッホ以外にも同時代の画家達の絵がたくさんありました。もーりーはアルフレッド・シスレーの絵が、私はモネの絵が良かったです(笑)。ゴッホじゃないの?!って?アルフレッド・シスレーは、帰宅後にカタログを見ていたら、ルノワールがシスレー夫妻を描いていて、今年の夏にルノワール展で見たものが紹介されていました。みんなつながっているのだね、というのも面白かったです。

ゴッホは努力の人だなぁという感想。私もわりと何でも独学派だけど、やっぱり独学ってちょっと限界もあるというか、習うことの素晴らしさを最近は実感しているので、ゴッホの苦労というか試行錯誤が目に見えてとても興味深かったです。本当に努力家。そして、描くことが本当に好きだったのだろうなぁと思いました。いわゆる天才ではなかったと思う。それに当時売れなかったのも分かる気がする。ハッキリ言ってやっぱりへたくそだったと思う。自分の家に飾る肖像画を、彼に描いてもらいたいとは誰もなかなか思わなかっただろうなと思う。(当時の他の肖像画などと比べると、という意味。)でも、人一倍努力家で、それゆえに個性を伸ばしたのだろうなぁと思いました。その過程が垣間見られた気がして、とても面白い展示でした。

それと、ゴッホのコレクションの一部だったのかな?日本の浮世絵が数点展示されており、それがとても素晴らしかったです。色鮮やかで描写も緻密。人物も風景も面白い。浮世絵ももっといろいろなものを見てみたいです。そういえば、ボストン美術館の浮世絵コレクションは凄かったなぁと思い出したりして。日本より海外にたくさん作品があるそうですよね。もったいないなぁ…。

などなど、勝手なことを書きましたが、ゴッホ展、とても面白かったです。買ったのは限定版のカタログ。それからポストカードを三枚。「「ひまわり」が来てないなんて!」とご立腹のおじさまもおりましたが、「ねぇ、知ってる?「ひまわり」って世界に5枚もあるんだよ。」と言っている”小学生の男の子”もおりました(笑)。ひまわりは見られませんでしたが、似た構図と色使いのあやめ(アイリス)の絵は見ることができました。わたしこれ、好き。ポストカードを買いました。

気づいたらここまででずいぶんたくさん書いちゃったな。ま、いいか。こちらは美術館を六本木方面に出てすぐのビルの地下にあるお店。夜はクラブのようですが、昼は世界のお米料理というコンセプトの食べ物屋さん。ルノワール展に来た時も気になっていたのですが、今回は呼び込みのお兄さんに誘われて、こちらでお昼を食べる事にしました。パエージャ、ナシゴレン、ガパオ、リゾットなどなど。

もーりーがたのんだのはミラノ風カツレツ。ソースはテーブルに数種類用意されていて、好みでいろいろな味を楽しめます。デミグラスとか、トマトサルサとか、バジルマヨネーズとか。他にもあったけど忘れてしまいました。ガーリックオリーブオイル…と、他にあったかな?カツをひと切れもらって食べましたが、美味しかったです。

私はパエージャを。ムール貝と海老がのっていて、お米の中にはあさりがたっぷり。だしもいい味♪美味しかったです。かぼちゃのサラダにはシナモンがかかっていて(笑)、もーりーにはアウト!でしたが、私は大好きなので、そちらもとても美味しかったです。ビールも飲んでしまいました。グラスの小で300円。セットのソフトドリンクなら150円でした。ランチは1000~1300円くらいだったのかな?

JBLのスピーカーでダンスミュージック(ラテンというか、ジャズファンクというかそんな雰囲気の音楽)がかかっているのも好みでした。入り口横のフライヤーをチェックしたら、イベントの1つに元チェッカーズの武内亨さん(たぶん。同姓同名の違う人かも。)のお名前などがありましたよ。夜行くことはないと思うけど、面白そうなお店でした。

外に出ると他のお店も呼び込みに熱心。夜ではありません(笑)。昼です。ランチの呼び込み。「キューバ料理でーす♪」という声に誘われて、「キューバ料理?!チラシ下さい!」と一枚いただきました。今日はもう、お腹いっぱいですが。次回是非行きます!なんちゃって(笑)。でも、またここの美術館来たら、次はキューバ料理だ、と楽しみ☆六本木、面白いね。 


こちらはゴッホ展会場にあったガチャガチャをもーりーがやり、出てきたゴッホの自画像(笑)。300円でゲット。いいの出てきたね~。いかにもゴッホ展に行ったというお土産♪他にも数種類あるそうです。全部ゲットしたい人とかいるのかも知れません。

帰りは青山まで散歩して、ちょっとお買い物してきました。夏野さんでお箸を新調したりとか、ロクシタンで石鹸を買ったりとか。(この冬は石鹸を仕込む余裕がなく…。)

ゴッホの両隣は、もーりーがスパイラルマーケットで、私の気づかぬうちにこっそり買っておいてくれたサプライズ。SAN-CHAのダージリンティーとアッサム&ローズティーのミニミニパックです。「それ、見てたでしょ?」だって。う、、、嬉しい~☆びっくりです。なんかおかしいなと思ったんですよね~。だってなぜか「家に帰ったら紅茶でも飲めば?」なんて言うんだもん。紅茶?なんで?自分、飲まないのに??って。そういえば今日は珈琲ばかりだったからかな~なんて思ったら、まさか買っておいてくれたとは!

帰宅後ダージリンティーをいただきました。とってもまろやかで、美味しい紅茶でした。もーりー、いつもありがとう☆

とても楽しい東京デートでした♪

人気の投稿