料理教室復習③:鰆の南蛮焼と舞茸の山葵よごし

 お料理教室で習ったものの復習を、3日かけてやっています。この日は二日目。鰆の南蛮焼きと、舞茸の山葵よごしを作りました。

 まず、煮切酒とみりん、薄口&濃い口醤油と葱で南蛮地を作り、生の鰆を漬け込みます。調味料はつけ時間30分なら4:4:2:1の割合。煮切り酒を増やして冷蔵庫で1晩漬けても良いとのこと。その場合は薄口と濃い口を同量で。(7:4:1.5:1.5 → これ、10になりませんが、レシピを見るとccで計ってあり、どうやら大匙に置き換えると良さそうでした。)鰆は漬け込んだものをグリルで焼いたら完成。

 舞茸もグリルで焼いてから、山葵を溶かしたタレで和えます。これは出汁と薄口&濃い口醤油、そしてほんのちょっぴりのみりんに、山葵。味見をしながら。

 これと、水菜入り湯豆腐、大根の味噌汁、納豆という献立でいただきました。とても美味しかったです。他の漬け焼きにも挑戦してみたいです。


☆出汁の復習はこちら

☆大根と鶏肉の炊き合わせはこちら
 

人気の投稿