クオバディス ミニウィーク ルナ、他

 先日、手帳や家計簿のことを書きましたが、注文した来年の手帳が今日届きました。選んだのはクオバディスのミニウィーク。カバーは奮発して本革製のルナ。色はフランボワーズです。ベルト付きのデザイン。店頭での取り扱いのない商品で、クオバディス・ジャパンさんのサイトより購入しました。気に入れば、来年からはリフィルを買えばOKです!

 最初、ミニウィークだけでは薄すぎて、ちょっとカバーが緩いかな?と思いましたが、指しなおしたらしっくりきました。このサイズの市販のノート(メモ)などが見つかれば、一緒に挟んで使ってもいいかも。革はとても柔らかくて滑らかな肌触りです。

 本音を言うと、数年前まで使っていたダ・ヴィンチのシステム手帳の値段と作りを考えたら、ミニウィークはこの半値くらいでも良さそう・・・という気もしますが、まぁ、それは言わないでおきましょう。同じサイズやつくりではないので、比べてはいけませんね。だって、ダ・ヴィンチのシステム手帳、いくら気に入っていても、大きすぎて今は持ち歩く気がしないんですもの。(それでも薄型のバイブルサイズですが・・・。)だから、それは言っても意味なし。(とはいうものの、ダ・ヴィンチの質の良さと価格のリーズナブルさは秀逸。)

 金色の小さいシャープペンシルがついていました。これもかわいい。12月の最後の一週間のページがあったので、すでに決まっている予定を1つ書いてみました。

 毎年恒例で神奈川県民ホールで行なわれている、ファンタスティック・ガラ・コンサートに行きます。去年も実は行ったのです。でもブログおしまい宣言してお休みしてたので、その記事はアップしておりません。すんごく良いコンサートでした。なので今年もまた行きます。

 鉛筆の書き心地?あぁ、そうですね、まぁ、まぁでしょうか。携帯するのには丁度良いです。出先でちょっとメモするのには丁度良いというところ。別にお気に入りの筆記具をバッグに入れておこうと思っていますから、これはいざという時のための筆記具って感じで、ついていて丁度いいかな…という程度。もともとこのミニウィークは、沢山書き込むタイプの手帳って感じではないので、充分間に合うような気がします。

 最後に大きさ比較のために、愛用のドコモの携帯電話と一緒の写真を。ね、小さいんです。この手帳。かなり。そして薄くて軽いです。この軽さなら、ミニダイアリー(1日1ページ)のものでも良かったかも。ミニダイアリーも欲しくなってきてしまいます。

 携帯は初公開か、な?もう結構長く使ってます。チャームは博多のXsellで買ったもの。キラキラの手足顔の動く熊さん♪これ、大のお気に入りです(笑)。携帯も、たしか小倉で変えたので、もう3年くらい使っているのかも。この薄さとシンプルさと、それから色が気に入っています。

 ミニウィークの大きさは、小さい荷物で出かけたい私にはやっぱりぴったりという気がして、いいもの買ったなぁ!と喜んでいます。

 ついでに、G.LALOの便箋を注文して、一緒に届けていただきました。A5サイズの白のもの。封筒は余っているのがけっこうあるので、今回は便箋のみの注文。この表紙、布なんでしょうか?光沢のある布のようにも見えます。美しい作りにうっとり。

 コットン25%の白い紙。書き心地はどうでしょうか。けっこう紙は厚手です。手紙を書く時に使うのはウォーターマンの万年筆。オーダス。ブルーブラックのインクを使っています。相性が良いといいなぁ~。

 たかが物、されど物。持ち物ってひとつの自己表現の手段ですよね~。自分にとって宝物といえるようなものを使うことはこの上ない幸せです。高価なものもそうでないものも関係なく。自分が大好きだといえる物、に、囲まれて暮らせたら最高です。

 文房具っていいなぁ~。


 *今日もいくつか更新しております。


 

人気の投稿