おせち料理覚書

いつも正月はどちらかの実家に里帰りしていたので
自分でおせち料理を準備するのは初めてのこと。

わが家は二人家族なので
おせちと言ってもいろいろ作るのはやめて
食べきれる量をいくつか用意することに。

お重も買いたいなと思ったけれど
ちょうど長方形の器が3つあったので
それを盛り付けに使うことにしました。

この器は栗原はるみさんのものです。

その中でも外せないのは
やっぱりがめ煮。
これだけは自分で出汁からとって
ちゃんと作りました。

味つけもこちらで教わったものを参考に。

がめ煮、お煮しめ、筑前煮と
いろいろな呼ばれ方をしますが
わが家では博多風にがめ煮と呼んでいて
最初にお肉と野菜を炒めてから煮ています。

鶏肉、里芋、ニンジン、ゴボウ、蓮根
筍、コンニャク、干椎茸、絹さや。

筍は福岡の
干椎茸は熊本の
絹さやは鹿児島の
鶏肉は長崎って書いてあったような?

とても美味しくできました☆

(使ったお鍋はこちらのです。)

数の子と鴨のローストは市販のものを。

鴨ローストはこれまた福岡県は豊前市の
みやこハムさんのものです。
以前近くに住んでいたときも
豊前の道の駅で時々
ソーセージなどを買ったことがあります。

年末にショッピングモールのくじ引きで
お買い物券をゲットしたので
それを使って成城石井さんで
何か美味しいものを買おうと探していたときに
みやこハムの鴨ローストをみつけました。
ペッパーをまぶしたものを購入。

めっちゃ、美味しかったです!

数の子も旨い!

お約束のかまぼこは
もーりーに切ってもらいました。

ちゃんと鯛のすり身を使っているものを用意。
そのかわり、大きさの小さいのを赤白1つずつ。
山葵醤油で食べると
かまぼこだって美味しいですよね~。
1年に1回くらいしか食卓に上りませんが
お正月にこれがないとちょっと寂しいという
不思議な存在感(笑)。

たこももーりーに切ってもらいました。
「小さく切りすぎた。。。」
ですって。

酢だこは苦手と言うので
普通のお刺身用を。

こちらは私が子供の頃、
唯一食べられたおせち料理。
松前漬け。

好き嫌いが多くお正月は憂鬱だった子供の頃
これだけは大好きで、よく食べたんです。

それを初めて自分で作ってみました。
まだ漬け込んでおく日数が少ないけど
まぁまぁ美味しかったです。

昆布は出汁をとった後のものを使いました。

ちなみに博多っこもーりーは
おせちに松前漬けは食べたことがない
とのことです。
関東以北の定番なのですかね~。

これもニンジンはもーりーが刻んでくれました。
ありがとう!

初詣に出かけた後の夕飯の様子。
同じものにプラスでちょいごはん。

ブロッコリーのマスタードマヨネーズ和えと
油揚げと春菊の味噌汁
柚子明太子などなど。

暮れにもーりーの実家から
いろいろの海産物と明太子や高菜が届きました。

明太子は宗像の海千さんのもの。
普通の辛子明太子と昆布、柚子の3種類。
(もちろん切れ子をたっぷりと!)

柚子明太子は初めて食べましたが
ものすごく美味しいです!
あっという間に完食しました(笑)。

数の子と和えてもいけます。
お酒がどんどん進みます?!
(わが家の場合は白ワインで乾杯☆)

福岡のお義父さんお義母さん、
いつも美味しいものを送っていただき
ありがとうございます。

あ~、なんだかいつの間にかお正月料理は
苦手から大好きに変わってしまいました(笑)

年の初めにこんなにたくさん
美味しいものを食べられて幸せです。
感謝、感謝。



 

人気の投稿