魚が安かった

魚が安かったって言ったって
トロ箱にどどんと入っていくら
なんてもんじゃございませんよ。

そんなんだったら
二人暮らしではとても買えません。

ただたんに1尾100円とか
1切れ100円とか
そんなくらいのもんです。

でも、日本の海で獲れたものを
売ってるその場で
処理してくれたものならいいじゃない?

氷を敷き詰めた上に乗ってるお魚を
これ下さいって買うのはいいもんです。

だって
発泡スチロールのパックに
入っているものばかりを
いつも買っているんだもの。

そんでもって先日は
その氷の上の鯵を買ってきて
塩焼きにしていただきました。

干した開きとはまた違う美味しさ。
焼くのに時間もかかりましたけどね。

でもね、でもね、皆さん。
このお正月に博多駅で見たんですよ。
ホッケかと思うような大きさの鯵の開き。
隣にホッケが並んでました。

え?ホッケが小さかったんじゃないかって?
違いますよ。
しらないのね、福岡の鯵の大きさを。

福岡に住んで間もない時は
鯵のあまりの大きさに
いつも驚いたもんですよ。
開いてない鯵は大きすぎて
塩焼きだなんてもったいないっ
てなくらいでしたよ!

自分で刺身にできりゃ買いましたけど
出来ないので買いませんでした。

ハイ、そうですね。
小さい鯵が安いうちに
ちゃんと練習しなきゃね。


*【中村天風の生きる手本
世界でいちばん価値ある「贈り物」
】を
読んだばかりなので
この語り口調が気に入って
ヘンテコリンに真似てます(笑)

本当はもっとべらんめぇ調なんだけど。



 

人気の投稿