テーブルウェアフェスティバル2011

2月5日(土)に実家の母と二人で
東京ドームのテーブルウェアフェスティバル
出かけてきました。

母は何度か見に来ているようですが
私は今回が初めてです。

チケットは母が生協の割引購入で
前売りを買っておいてくれました。

私が一番楽しみにしていたのが
黒柳徹子さんのブース。
今年どんなテーマでコーディネートされるのか
前情報は何も知りませんでしたが
ひと目見て
「あ、これがきっと徹子さんのだ!」
と分かりました♪

そしてテーマもすぐに
「これは絶対、不思議な国のアリス!」
と分かりましたよ♪

当たり~☆

このうさぎさんに、
是非、懐中時計を
持たせていただきたかった!
ポケットの中に入っているのかも・・・。

(って、それは全然
テーブルコーディネートとは
関係ない部分・・・。)

なんで徹子さんだと分かったかというと
それはハサミで自分でチョキチョキ切ったかのような
フェルトのトランプモチーフ。

写真には写っておりませんが、
天蓋のようなカーテンに
ピンクのフェルトで作られた
ハートやスペードやダイヤやクローバーが。

そうしたらやっぱり、
そのモチーフを切っているご本人の
作業風景の写真が
パネルになって飾られておりました。

またまた、当たり~☆

トットちゃんはそういうことをやりそうだ♪

とっても楽しそう!
それに、この部屋は直球ストレートで
甘~いお菓子を食べたくなります。

ティーパーティーって感じ☆
あ~、参加したい。

城戸真亜子さんのコーディネートも好きでした。

こうなると個人的には
テーブルウェアというより
インテリアコーディネートっていう目線で
好みって感じになってしまいますが・・・。

どこか外国の海沿いの家っていう感じもするし
もっと地元的に神奈川の海っぺたの家っていう
自分勝手なリアルさを感じたりして(笑)。

うーん、もっとひなびた場所かも~。
誰も知らない、ような、、、。

だけど、すっごく美味しいものが
たくさんある場所、という気がしますね。
南仏?南仏?
ピーター・メイルさんの小説の中?!
(↑ 美味しいものってところですでに
アタマの中、ここにたどり着いてる私。)

あ~、こんな場所で
絵を描いては
時々何かお腹が空いたら食べて
飽きたら海辺に出て・・・

なんていいな~。
(妄想中)

パレットや絵筆が床に置いてあったりして
この空間、とっても良かったんですよね~。

それに、個人的にはこの部屋が一番
食べ物をダイレクトにイメージできちゃいました。
置いてある果物ではないですよ(笑)。

あ~、この部屋は、
もう何を食べても美味しそう。
ちゃんとイスに座って
お行儀よくなんて食べませんけど(笑)。
(再び妄想中)

ひょっとしたら
ご本人のアトリエもこのような
素敵な空間なのでしょうか。

ちょっとポップアート的な絵もいいですね。
好きです。

こちらはデンマーク出身の
フラワーアーティスト
ニコライ・バーグマンさんのブース。

ここ見たら早くも
ガーデニングショーを見に行きたい~
となってしまいます。

室内なのに屋外を感じる空間

のように(たぶん)なっていて
とても面白かったです。

でも、ここでは自分的には
食べ物は思い浮かばない、です。

紅茶飲んだら楽しめそう、かも。

徹子さんともうひとり
楽しみにしていたのが
ビーズ刺繍家の田川啓二さん。

ご本人がブースにいらっしゃいました。

この方のこの色合い、好きです。
ヨーロッパっぽいのと
エキゾチックな感じの混ざったような
色合いとでもいうのでしょうか、、、。

やや、デカダンスっぽさも感じるというか。

ここは食べ物が浮かぶというよりは
ワインと音楽が浮かんできます。
タンゴとアルゼンチンやチリの赤ワイン、とか?!(笑)

(あくまでも個人的なイメージと感想です、、、。)

さて、最後の写真はこちら。
ピーロート・ジャパンさんという
ワインの会社のブースにて。

Alzeyer Rotenfels BAという
ドイツの貴腐ワインを
ロブマイヤーのバレリーナという
デザートワイングラスでいただきました。

グラスは選ばせていただけます。
写真だと大きく見えるかもしれませんが
かわいらしい大きさの
小さめのグラスです。

母が選んだグラスは
形が目を引く
ステムの長~い
IVVのテイスティンググラス。
(写真は省略。)

共に乾杯のあいさつを交わすと
とってもいい音がしましたよ♪
さすが!

デザートワイン専用のグラスなんていいなぁ!

さて、数日前に
「貴腐ワインをもう一度飲みたい~」
と、ここに書いたばかりの私。

あっさりとその願いは叶いました(笑)
嬉しい~♪

昨年もワインの試飲をしたという母が
「今年もあるはずよ~」と。
ありました、ありました。

有料ですが、
シャンパンと
スパークリングワインと
アイスワインと
貴腐ワイン。

シャンパンにも心惹かれましたが
ここはやっぱり貴腐ワイン。

以前飲んだものよりも
香りも”とろっと加減”も
やや軽めでしたが
それでも甘~くて濃厚な味わい。

とても美味しかったです。

お昼ごはんは東京ドームホテル
プレミアムラウンジのビュッフェを食べました。

ホテルまで行かずに
ドーム内にビュッフェ会場があり
私たちはしませんでしたが、
食事の後でもう一度会場を・・・
ということができるようになっていましたよ。

会場内のお弁当も美味しそうでしたが
高齢の母は足が疲れたようだったので
ゆっくりと座って食べられる
ビュッフェを利用してみました。

ドリンクとデザートつきで2200円。
ホテルのビュッフェの中では
お安めの方ではないでしょうか。

上の写真が私の食べたもの。
左から前菜的なもの
中央はメイン的なもの
右はデザートです。

特設会場(?)的なビュッフェだったので
素敵な食器とカトラリー
というわけにはいきませんでしたが、
お料理はどれもなかなか美味しかったです。

(それともこのビュフェ会場は
いつもドーム内にあるのでしょうか?
野球を見に行かないので分からない・・・。)

ついついデザートも全種類食べちゃって
すっかりお腹いっぱい。
苺のティラミスが気に入りました。

素敵なものをたくさん見て
とても楽しい一日でした。


 

コメント

人気の投稿