お手製カレー

市販のルーを使わない
お手製カレーです。
金曜日の晩御飯。

ご飯はサフランを加えて炊いた
ほんのり色づいたサフランライス。
味つけはまったくしていない
色味だけのご飯です。
なのでサフランは少なめに・・・。

パエージャなどの
にんにくやオイルを利かせたものと違って
ただそのまま白米にサフランを加えるだけの時は
入れすぎないようにご用心を。
サフランは案外香りが強いのです。

写真で見るとほとんど色を感じませんが、
もっと色を出したい時には
量をむやみに増やさずに
先にお湯で色を抽出してから
お米に加えるのがよいかもしれません。

(パエージャのときは私は、
いつもスープにサフランの色を
抽出させてから使っています。)

サフランライスの話ばかりに
なってしまいましたが、
こちらがお手製カレーです。
ひよこまめ入りのチキンカレー。

実は最初はチキンスープを作るつもりで
野菜と骨付きチキンを煮込んでいたんですが、、、

でも、夕方になってふと、
スープとパンもいいけど
今夜は”ご飯”が食べたいなぁ・・・と思い、
方向転換。

ひよこまめはスープに使おうと思っていたので
気長に水に浸して戻してありました。
わりと久しぶりに食べます、この豆。

カレーのルーは
先日のビーフシチューの時と同じに
ブールマニエの方法を使って作りました。

今回のカレールーの分量は
バター 20g
小麦粉 大匙1
カレーパウダー 大匙1
ガラムマサラ 少々

です。

わが家で使っているカレーパウダーは
Costcoのもの。
以前こちらに使い方を書きました。

以前は野菜などを炒める時に
カレー粉を一緒に加えていました。
カレールーを別に作るというのを
していなかったので結構な量使っています。
大匙2~3も。

今は個人的にはこれだとやや
スパイスが強すぎるような気がしています。
場合によってはちょっと苦味が出てくる。
もちろん作る量によりますが・・・。

小麦粉を使わないと
サラッとしたカレーが楽しめます。
が、ほんの少し使うと
コクが出て美味しいと思います。

バターは普通の塩入りバターなので
野菜や肉を煮込むときの味つけでは
塩は控えめにしています。

今までで一番
普通のカレーらしいカレーに
仕上がりました。

美味しかったです♪

〆はチャイ!

といきたいところですが
これはただのミルクティー。

鍋を使うのを面倒くさがって
牛乳温めるのは
電子レンジで簡単に済ませました(笑)。
情緒なーし!

一応、ティーポットは使っておりますよ。

茶葉はディンブラのすごく細かいものです。
苦味も少なくあっさりしているけれど
茶葉がかなり細かいものを使っているので
結構濃く出てミルクティー向き。

と、自分が勝手に思っているのです。

美味しいです♪

ちなみに、
甘みもつけておりません。


 

コメント

人気の投稿