2005年イギリス旅行記①ニューキャッスルの街(1)タイン川沿い

2005年9月のイギリス旅行記です。

もーりーが出張で訪れたのは
イングランド北部の
Newcastle upon tyne という街。

少し長めの出張だったので
後から私もお邪魔させていただきました。

こちらの川が街の名前にもある
タイン川です。

タイン川には橋が7つも架かっています。
写真の奥の方に見えるのは
一番新しいミレニアムブリッジ。

そのミレニアムブリッジの上にて
もーりーの写真をパチリ☆
この橋は歩行者と自転車の専用だそうです。
たくさんの人達が
この橋の上で写真を撮っていました。

たった二枚の写真では分かりにくいですが
この橋、実は直線ではなくて、
ぐーんと曲線になっているんです。
弓形とでもいいますか。

マン・レイの
目とまつげの写真のような感じ・・・
と言ったらお分かりになりますか?
(分かんないか、、、。)

そんでもって、この橋は
その弓形構造でもって
上に持ち上がったりするんですよ。
それ、見ました、私たち。

そのアーチ状に持ち上がった橋の下を
船が通過して行きます。
(なんで写真撮らなかったんだろう?)
船が通った記憶はないのですが、
橋が動くのを見た記憶は、あるんです。
幻か???

それから記憶では、この橋の床って
デッキのような感じだった気がするのですが
今となっては確かめる術がありません。
記憶違いかな、、、?

ま、とにかく、
なかなか素敵な橋でした。

さて、この日はこの橋を渡って
BALTIC という
現代アートの美術館へ行きました。

何がやっていたか6年経った今は
残念ながら全然覚えていないのですが
(やっぱり旅行記はすぐに書かなければ!)
今になって久しぶりにBALTICのサイトを見ると
なんと入場料はタダ!

そんなこともすっかり忘れておりましたが
どうりで、とても盛況だった印象はあります。
若者がいっぱい来ていました。

変わったものがいっぱい展示されていたような。
私たちの行った日は
オブジェのような立体が多かったです。

それよりも、
ミレニアムブリッジがもうすでに
かなり現代アートしております。

こちらはBALTICの近くにある
The Sage Gateshead
というミュージックホールです。

こっちの建物もなんだか
現代アートっぽいですよね~。
かなり目立ちます。

建物が面白いので
思わず写真を撮りましたが
コンサートなどには行っておりません。

中はどんな風なのか気になりますね。

隣に見える観覧車にも
もーりーと乗りに行きました。
観覧車の足元の記憶は微かにあるのですが
(なんだか可愛い観覧車だったような・・・。)

そこからの眺めなどの記憶は
遥か彼方です・・・。

こちらは
今はもう開かない(らしい)
スウィングブリッジ。

赤と白の配色が可愛いですね。

と、その後ろのは
ハイレベルブリッジ、かな?
覆いがされているので
修復中かなんかだったのでしょうか。

こちらはタインブリッジ。

堂々とした橋です。

そのタインブリッジの袂で写真を一枚。

後ろの船は
なにやらレストランのような感じでした。

全部同じ日の写真ではありませんが
お天気の良い日の川沿いのお散歩が
なかなか楽しいニューキャッスルでした。


 

コメント

人気の投稿