2005年イギリス旅行①ニューキャッスルの街(2)坂と大聖堂

2005年9月のイギリス旅行記の続きです。

私たちの訪れた街
ニューキャッスルは坂の多いところです。

少し高いところから写真を撮ると
こんな感じ。

遠くに見えるとんがり屋根が
セントニコラス大聖堂。

それほど大きな街ではないので
もーりーが仕事の日は
ひとり街をてくてく歩き回ってみました。

Mさんの奥さんと一緒の日も
二人でてくてく街歩き。

石造りの建物の多い街です。

その一角に、
なんだか目を引く
木造の橋のようなものと
建物の中へと続く
トンネル風なものがいくつか。

なんなんだろう、これ???

と、不思議に思っていましたが、
これはブラックゲイトという
昔のお城の城門跡なのだそうです。

写真右手の建物がそれ。
奥に見えるのが大聖堂です。

お昼ごろにここを通ったので
大聖堂の鐘の音が響いていました。

こういうところを何度も
ぐるぐると通ってみて、
ようやくブラックゲートと書かれた
プレートを発見。

これが何なのかは、
写真に撮っておいて
あとで調べて分かりました。

(実際のブラックゲートは
もうひとつ上の写真の
右側の建物のことのようです。)

ガイドブックも下調べも
何もしないで来ちゃった
ニューキャッスルです(汗)。

鐘の音がちょうど聞こえたので
音のするほうへと足をのばし
セントニコラス大聖堂を見学。

大聖堂、というわりには
大きさはやや
こじんまりとした教会です。

それでもやっぱり、
教会のステンドグラスって
すごくきれいですよね~。

こちらは同じ大聖堂の
パイプオルガン。

どんな音色なのか
聴いてみたいです。

クリスチャンではありませんが
旅先で教会を訪れるのはとても好き。
シーンとした空気が好き。

それにやっぱり
きれいなものがたくさん見られるのが
一番好きなところかも。

列車に乗って
更にここから旅をする・・・

というのにも憧れるなぁ。

と思いつつ、
駅の外観だけかすめてみました(笑)。

12ものプラットホームのある(らしい)
ニューキャッスルの中央駅です。

アメリカ、イタリア、スペインでは
メトロや長距離など
いくつかの列車に乗りましたが、

ここイギリスでは残念ながら
一度も乗りませんでした。

(その代わり、
車でいろいろな所へ
連れて行っていただきました。

そういえば、
タクシーには乗りましたよ。
空港までMさんの奥さんをお見送りに行く
行き返りに。)

よその国の列車って
ドキドキするけどワクワクもする。

いつか乗ってみたいものです。

駅はそれだけで
旅情をかきたてますね~。

さて、こちらは、
一番最初の写真で
上から見下ろした通りです。

ここを自分の足で歩いてみると
いろいろなお店が並んでいます。

昼間はひっそりとしているけれど
レストランなどが立ち並び、
夜はなかなか賑やかな通り。

こうやって街を
あてどなく歩き回り
「ご自慢の嗅覚(?)」で
探し当てたのがこのお店。

この旅で一番お世話になったレストラン♪
ヒントは看板のイラストです。
よ~く見てみてくださいな。

なんのお店かお分かりになりましたね?!

ハイ、そうです。
愛しのスペイン料理屋さん(笑)。

詳細は「食べ物編」でご紹介いたします。


 

コメント

Ziggy さんのコメント…
Sanaeさん、こんにちは!
もう風邪の方は100%完治しましたか?
今、日本は雪で寒そうですもんね。

さすがイギリス。。。古きよき建物がちゃ~んと残っている街のたたずまい、素敵ですね。

私はヨーロッパは行った事がありませんが、DCメトロの駅は好きです!
こうやって以前の写真をアップしながらいろんな事を思い出すのではないでしょうか。
Sana さんの投稿…
★Ziggyさん、

おはようございます。コメントをありがとうございます。

数年振りにこうやって旅の写真を見ると、またそこを訪れたくなります。それからこうやってブログに書くことで、再びいろいろと調べると、さらにもう一度行ってみたくなります。もっとちゃんと見てくれば良かった、みたいな(笑)。

当時はブログもやっていなかったので、歩き回ったところも写真に収めていない場所が多々あり、今となっては残念です。

私の旅はいつも「歩き回れる場所」が基本だったので、アメリカ暮らしはある意味カルチャーショックでしたよ~(笑)。DCもいつか行ってみたいです!

2月は関東もやっぱり少し雪が降りました。おかげ様で風邪もこじらせずことなく、今はすっかり元気です。

人気の投稿