残り湯くみ上げポンプ

タイトルに合った写真だけを載せようとすると
どうにもお見苦しいものになってしまうので
まずはクリスマスローズの写真を(笑)。

先月末に蕾をつけたものが
いくつか立派に咲いてくれました♪
嬉しいです。

うつむき加減に咲くお花ですが
下から覗いてしまいました。

白地に淡いピンクの花びらと
グリーンの花芯の組合せが
控えめですが可愛いです。

さて、ここからが本題。

お風呂の残り湯をお洗濯に使う時、
今まではバケツで湯を洗濯機に移していましたが
これがなかなか重労働。

以前よりポンプでのくみ上げ装置が
気になってはいましたが
売っているものの色が気に入らず
しつこくバケツでがんばっていました。

が、先々週あるホームセンターを覗いてみると
シンプルな白いものを発見。
値段も1500円ほどと手ごろだったので
とうとうわが家も導入してみることに決め、
この土曜日に買ってきました。

写真がその装置のスイッチ。
オンにするとポンプで残り湯がくみ上げられ
ホースをつたって洗濯機に入ります。

が、しかし・・・。

のっけから、やってしまいました(涙)。
洗濯機に、付属のフックをつけてホースを固定し、
スイッチをオフした後は
その場を離れたのですが・・・。

脱水の回る勢いで
いつの間にかホースが外れ
脱衣所は湯船からの残り湯で水浸し!!!

ポンプが回っていなくても
高低差で水がどんどん出てきちゃった。

「もりちゃん!大変なことになったよ~(泣)!」
ともーりーにも手伝ってもらって
年明けになぜか大量に作っておいた
24枚(!)の雑巾を駆使して、
床に溢れた水を吸い取りました。

もちろん階下のお宅にも
天井の様子を伺いに行きました。
幸い早く気がついたので
下までは影響がなかったようで
ホッとしましたが・・・。

というわけで写真のごとく
くみ上げ時にはホースを手で持っており
不要になったらすぐに外す、
という運用方法にいたしました。
この間わずか2~3分ほど。

なので、まぁ、いいか~。

ちなみに残り湯は
洗剤を入れて洗う最初のみの使用です。
すすぎには新しいお水。

だから1回分のお洗濯では
たいした量ではないのですが
それでもタオル類、色物、白物と
数回に分けてお洗濯をするときなどは
だいぶ活用できます。

それに計画停電の可能性がゼロではないので
停電=断水になるマンション暮らしのわが家は
夏でもお風呂にお水を貯めておくことは必要そう。

夏は湯船に入ることは減るかもですが
貯めておいたお水はやっぱり
お洗濯に使うことになると思っています。

ポンプに電気を使うので
完全なるエコ(節電)ではないかもですが
その分は他のところで努力して
とりあえずお洗濯は少しばかり楽になりました。

最後の写真はラベンダー。
ラベンダーの名前の語源は
「洗う」という意味の言葉だそうです。


コメント

lce2 さんの投稿…
そう言えば、こんなエコな物がありましたねぇ。アメリカ人に説明するの難しいですね、これは。

我が家も似たような失敗をしたことがありますよ。
Sana さんの投稿…
★lce2さん、こんにちは!

あはは~(笑)。アメリカ人には説明するの難しいかもですね、本当に。そもそもそちらのバスタブ、ほとんど湯がたまりませんもんね(^^;泡風呂にしちゃうし?!言われて見れば、お風呂の残り湯まで使いたいって、日本人独特の感覚なのかも・・・。

このお風呂水浸し事件は経験者多そうですね。ホテルの廊下まで・・・という話も聞いたことがあります。アメリカのバスタブで(笑)。

人気の投稿