若竹煮と崎陽軒のシュウマイ

 前回筍を買ったときにもーりーからリクエストされていた若竹煮。前回の筍は小さかったので筍ごはんにしましたが、先日これならOKという大きさの福岡産の筍をみつけました。もちろんブランド筍などではございませんが、下茹でしてから出汁であっさりと煮た筍は、とってもとっても美味しく、もーりーにも喜んでもらえました。

 皮付きのまま買った筍は、今回もまた糠は使わず、乾燥させた赤唐辛子と米粒で下茹でをしました。これで充分に灰汁はぬけるみたいです。(もともと灰汁が少ないのかな?)

 写真の奥に写っているのはほうれん草のお浸し。ほうれん草はお友達が作ったものです。50株も収穫できたそうで、数株を茹ででから持ってきてくれました。お友達のご主人の実家は、私たちが先日桜を見に行ったところの近く。そこでいろんな野菜を作っているのだそうです。これぞ地元野菜♪今までにも時々野菜をいただいたことがありますが、今回も、茹でてあってもなお土の香りがあって、なんともいえない美味しさでした!「茹でてあるけど、売っているものより灰汁が強いかもしれません。」とおっしゃっていましたが、全然気になりませんでした。とても美味しかったです。どうもありがとう!

 この2週間に数回彼女に会い、200円でコーヒーの飲めるようなところで午前中の2時間ばかり、棒針をつかった編み物の初歩の初歩、のやり方を教えてあげていました。私も初歩の初歩しかできないんですけどね^^;普段はかぎ針編みをしていたというだけあって、あっという間にできるようになりました。追い越されるのは時間の問題だ(笑)。

 さて、福岡の筍と一緒に食べたのは、横浜のシュウマイでございます。買い物に行ったら、崎陽軒のシュウマイが妙に食べたくなってしまいました。これ、自分にとってはけっこう、子供の頃から食べている懐かしい味のひとつなんです。昔は横浜土産って感じで、それこそ時々食べるってものだったけれど、今ではスーパーマーケットでも見かけます。(考えてみたら、お土産やお弁当以外で、自分で買ったのってはじめてかも・・・!実家の母はよく買ってきます。)

 ひょうたん型のお醤油差しとかお手拭はついておらず、粉末の水溶き辛子がついておりました。温めるのも、電子レンジでも蒸し器でもOKだけど、封を切らずにお湯でぐつぐつでもOKと便利。お湯でぐつぐつにしました。

 手作りシュウマイの方が美味しいとは思うのだけど(失礼!)、この箱を見るとついつい食べたくなるんです。それが神奈川っ子ってなもんじゃん?なんつって。別にそんなことない。無理やり言ってみました(笑)。まぁ、ともかく、懐かしさを感じる美味しさなのですよ。(現役なのに懐かしがってばっかりってのもなんだけど。。。)

 そして、これ見ると、中華街には行きたくなります。近くまでけっこう何度も行っているのに、この数年立ち寄っていません。行きたいぞー。今月も横浜に行く用事あるんだけど、中華街でひとりご飯はイマイチ嫌だなぁ・・・。観光っぽいウキウキの隣でひとりご飯は嫌だなぁ(笑)。

 食べながら、「グリーンピースって中にうまってるんだっけ?」ともーりー。「ん?子供の頃は上にのってたよ。宿敵みたいにいちいちのけて食べてたけど(笑)。」と私。今はグリーンピース大好き。あのきれいな緑色、上にのってたほうが見た目もいいのになぁと思います。いつ頃から、なんで中に埋めたんだろう?

 懐かしく、美味しくいただきました♪


 

コメント

Wie さんの投稿…
こんにちは。
日本の食べ物で何が食べたい?と聞かれると、真っ先に「崎陽軒のシウマイ」と言ってしまいます。
神奈川の人は絶対に子供の頃から崎陽軒のシウマイの味を植えつけられて育ってますよね(笑)
あ~、シウマイ弁当が食べたい…
Sana さんの投稿…
★Wieさん、おはようございます。
Wieさんも崎陽軒のシウマイが食べたくなるのですね~!香港で本場のものを食べられそうなのに、それでもやっぱり崎陽軒なのですね(笑)あれは”なじみの味のおいしさ”、なんですよね~、きっと。同じでうれしいです(^^)

人気の投稿