オックスフォード再訪⑨クライストチャーチのカテドラル

6月26日(日)に訪れたクライストチャーチのカテドラルに再び。前回は夕方の礼拝に参加させていただきましたが、今回は純粋に観光客としての見学です。写真はすべて7月3日のもの。

入り口から見るとこんな感じ。奥へと長く続く大聖堂です。1週間前の夕方、私たちはちょうど真ん中の右側の席に座りました。

その席にもう一度座ってみましたよ!座って左側にパイプオルガンがあり(入り口の上)、その前の席には聖歌隊の方々がおられ、私たちもそちらの方をを向いて一緒に歌を歌ったりしました。

椅子の前にはこのような感じで本がずらり。この中から賛美歌を歌ったり、読み上げられる文章を探して目で追ったりしていました。詳しくは参加したときの様子を書いたこちらをお読み下さいね!

聖書の一説が読み上げられる時はこちらを向いて。最後に席を立つときもこちらに向かって一礼を。

東の方向とアナウンスがあったので、こちらが東側なのかも。そうするときっと、朝日に照らされたバラ窓は、さぞ綺麗なことでしょうね~。

こちらの北東のエリアはラテン・チャペルとガイドブックには書かれており、訪問者のお祈りの場となっているのだそうです。その通りに、ロウソクに火を灯すスペイン語を話す女の子の姿もありました。

こちらのカテドラルは、もとは古代の修道院だったものが1170年~1190年の間に建て直されたものだそうです。それを王様ヘンリー8世が1546年にカテドラル・カレッジとしたのだとか。聖歌隊はカレッジの創立以来ずっとここでの礼拝で賛美歌を歌っているそうです。

コメント

人気の投稿