イギリスの美味しいものみっけ♪

 日ごろ私は、自分の思っていることが自分の日常に現れてくる・・・という考えを支持しているのですけれど、イギリスに来てますますその感を強めております。前回のイギリス旅行は、頭の中に「イギリスは食べ物がおいしくないらしい」という考えがこびりついていました。そしてそのような体験をバッチリしてしまいました。

 しかし今回は、「イギリスで美味しいものを食べてみせるぞ~!」という信念(?)を持っているので、なんと、いまだハズレに当たっておりません☆イエーイ!

 平日のほとんどは自分で料理しているから「外国の食生活に飽きる」というストレスが少ない(というか、今のところない。和食も食べてるし。)のもありますが、いろんなことを差し引いても、「どうしてイギリスって食べ物がまずいなんて言われていたんだろう???」と今さら首を傾げたくなるほど、美味しいものを食べています。申し訳なかったと謝らなくちゃいけないわ!という感じです。

 さて、ある日もーりーさんが帰るコールの時に、「今日はお土産があるよ」と言いました。え?お土産?!わーい!なんだろう???と喜んで待っていると・・・。

 「食べかけで悪いけど、お昼食べた直後にミックがこれを出してきて、食ってみろって。隣の部屋で働いているリックさんって人の家でビジネスで作ってるんだって。パスティーとかって言う食べ物なんだけど、美味しいよ。たくさん作ったときに時々会社に持ってきてくれるんだって。美味しかったんだけど、昼食う前に渡してくれればね・・・。」

 というわけで、ミックさんと2人で日帰り出張に行ってきたもーりーさん、食べかけといいつつも十分に大きい、どっしりと重いパイのようなパンのようなものをくれました。あ、これ、なんか聞いたことあるよ~。コーニッシュ・パスティっていうんじゃなかったっけ?!なんて話しつつ、さっそく温めなおして食べてみると・・・。

 わ~☆コーニッシュ・パスティって美味しい~(^0^)!

 その時は写真を撮らずに食べてしまったのですが、ハマってしまい、その後何度か買って食べているのがこのコーニッシュ・パスティです。もともとの形はこんな感じです。写真はロンドンのユーストン駅の構内にあるお店のもの。遊びに行った帰りに、電車に乗る前にラージサイズを1つ買ってきて、翌日温めなおしてからもーりーさんと半分ずつ食べました。20センチくらいあるかなぁ、これ。(ちなみにまな板はミニサイズ。)小さいサイズでもけっこうなボリュームがあると思います。パイに似ているけどもっとどっしりしっかりの生地に包まれています。

 具はいろいろあるようなのですが、私が気に入っているのは最初にリックさんにいただいたトラディッショナルというもの。お肉とじゃがいもやかぶ、玉ねぎなどの野菜が入っているものです。最初にいただいて食べたものは、この写真のものよりももっと、具がマッシュされた感じになっていました。写真のものはお肉と野菜がわりとそれぞれしっかりと形をとどめていますね。でも柔らかくなっていてとても美味しいです。味付けもしっかりめ。雰囲気としては、中に肉じゃがが入っている感じ?!(笑)

 他の町の街角でもパスティ屋さんは見かけるので、散策の途中に小腹が空いたら食べるのにもぴったりかも。(それにはちょっと多すぎる?!)熱々を手渡してくれます。ランチにサンドイッチでは物足りないな~という時などに食べるのも良いと思います。お芋が入っているのでこれだけで満腹になるはず。

 ・・・と思って調べてみると、このコーニッシュ・パスティはもともとお弁当のようなものから発祥した食べ物だと言われているようですね。物はまったく違いますが、発想としては日本の具入りのおにぎりに近いのかも。なかなか興味深いお話が書かれているので、ご興味ある方はウィキペディアの解説でも読んでみて下さいませ♪ 面白いですよ。(日本語に翻訳されています。)

 お店にもよると思いますが、こんな感じの袋にドサッと入れて渡してくれます。生地はラードとバターを使っているらしく、この袋だけではちょっと手がべたついてしまうかも知れないので、そのまま食べるって時には、もうひとまわりペーパーに包むと良いかもしれません。

 この写真のパスティを買ったThe Pasty Shopは、ロンドンでもいろいろな駅にお店があるようですし、イギリスのほかの主要都市の電車の駅にもそれぞれお店を出しているようなので、気になる方はリンク先を見てみて下さいね!旅行で訪れた時に、駅の構内で見つけることが出来るかもしれません。(ホームページのLocationをクリックすると、どこにお店があるのかのリストが出てきます。)

 それでは、これからイギリスを旅される皆さん、是非「イギリスでは食べ物はまずい」なんて話には耳を貸さず、そういう体験をされた方はお気の毒!くらいに考えて(<それって過去の私でもあるけど・・・)、「さぁ!イギリスでも美味しいものを食べるぞ~!」というくらいの気持ちで、嗅覚を働かせ良い匂いのするお店の扉をぜひ叩いてみて下さいね♪

 

コメント

lce2 さんの投稿…
実際に住んで見ると、日本で植え付けられていたイメージと違ってる事って多いですよね。

しかし、これ、でかいですね。アメリカ人も大満足の大きさだと思います!
Sana さんの投稿…
★lce2さん、おはようございます。
LAでもそうでしたか?一度ついてしまったイメージって、よくも悪くもなかなか変えられないものですが、百聞は一見に如かず!ですよね。

コーニッシュ・パスティ、すっごく大きいんですよ~。しかも中はお肉と根菜類なので、かなりのボリュームです(笑)。もともと肉体労働者(炭鉱夫)のお弁当というのもうなずけます!

人気の投稿