ロンドン観光記⑤ブルームズベリーからソーホーへ

 さて、今回はちょっと休憩ということで、写真を中心にロンドンの街歩きをご一緒に。大英博物館のあるブルームズベリーから、次の目的地であるナショナル・ギャラリーのあるトラファルガー広場まで、地図を頼りに歩いてみました。

 歩いてると街角のいたるところに、いったいいつの時代のものなのだろう?と思うような可愛らしい建物が目に入ります。オックスフォードにも古い建物がたくさんありましたが、ロンドンとはまた違った趣。あちらは全体に白っぽい石造りの建物が多かった気がしますが、ロンドンは赤いレンガ造りの比較的小さな建物も目立ちます。

 こちらはソーホー・スクエアという公園。有名な大きい公園以外にも、街中にこのように小さい公園が点在しています。このスクエアという公園の作りはニューヨークシティなどで見るものにも似ていますね。

 都会の中にこういった憩いのスペースがたくさんあるのは素敵です。日本の公園のように芝生に入るべからずということもなく、たくさんの人が芝生の上に座ってピクニックランチを食べたり、寝転んでいたりとすごく自由。でもまぁ正直のところ、このソーホー・スクエアはちょっと小さい公園なので、芝生の上は若干人口密度過多的な混み具合で、見た目は窮屈そうでしたが・・・(笑)。

 パブもいたるところにたーくさん。この黒い門構えにハンギングのお花が目に入ったら、それがパブです。全部が全部ではないかもしれませんが、どうやら見た目を統一している模様?!これならロンドンのパブを楽しみたい!と思ったら探すのは簡単ですね。

 でも、ひとつご用心?!何軒かのぞいてみるとすぐに気付くと思いますが、お店の前に貼ってあるメニュー表は、実はどのパブも同じです(笑)。写真もメニューもまったく同じ。ということは、値段も統一されているのでしょうかね?値段がハッキリしていて安心というのは良いけれど、メニューの写真を見て美味しそうだと思ってお店に入っても、全部同じ写真では残念ながらその美味しそうな見た目はちょっとあてになりませんね?!なーんちゃって。これも全部が全部ではないかもしれませんが、「本当にそうかな?」といくつかパブの入り口に貼ってあるメニュー表、ぜひ見てみて下さいね(^^)

 そんでもって、本当にパブで何かを食べたいって場合には、すでにお店に入っている人の食べているものをのぞいちゃいましょう!(笑)「え?そんなこと、本当に出来る???」扉が開け放たれているパブもあるので、ふらりとのぞいて出てきたって、誰も構いやしませんよ。大丈夫です。ちょっとのぞいて見て、美味しそうな良い匂いと、美味しそうなものを食べている人のテーブルを発見したら、レッツ・ゴーです(笑)。

 ちなみにパブはお酒を飲むところというイメージがありますが、子供もけっこうたくさんいたりします。遠足みたいな子供の団体客と引率の大人とか。

 雨よけ日よけのアーケードの作りも素敵です。レンガの壁に黒いアイアンの細工が似合いますね。

 ソーホーはミュージカル劇場などの多い地区なのだそうですね。この建物はパレスというミュージカル劇場です。こちらはもともと1891年に立てられた当時は、王立のオペラハウスだったそうです。1911年にミュージカル劇場になって以来、ブロードウェイの有名ミュージカルを上演しているのだとか。サウンド・オブ・ミュージックとかレ・ミゼラブルなどなど。現在は2009年からプリシラ-ア・クイーン・オブ・ア・デザートというものが上演されているようです。このハイヒールはその興行サイン。古めかしい建物と、ハイヒールの組合せが面白いですよね。

 ここ以外にもいくつか派手な興行サインを見ましたよ。どーんと巨大な、イギリスを代表するバンド、クィーンのフレディ・マーキュリーとか(笑)。(そこの交差点前は混んでいたので写真は撮らず・・・。)

 あ、またありました。あの角の店もパブのはず。赤いダブルデッカーにも乗ってみたいですね~。歩きながら上を見上げるのとは、また違った街並みを楽しめそうです。

 公園でもない、車も通らない、こんなちょっとした広場もありました。レンガ造り、石造りの街ですが、公園以外にも緑がたくさんあります。

 こちらはセント・マーティン・イン・ザ・フィールズ教会です。後から調べてみたら中もすごく素敵そうですし、ここではよくコンサートが催されているそうです。そういえば、この日もナショナルギャラリーの周辺でヴィヴァルディの「四季」の演奏会のビラを配っている人を見かけましたが、もしかしたらこちらの教会であったコンサートだったのかも。夜まで滞在できる時には聴いて見たいものですね!それにこの教会、地下にはカフェもあるそうなんです。次回もしここを訪れることがあれば、ぜひぜひ中を見てみたいです♪

 ハイ、ここが有名なトラファルガー広場。まさかこんなに大きい広場だとは~!!というぐらい、大きいです。なんか広すぎる~ってくらい(@@)そこにものすごい数の人がいて、なんだか目が回りそうな感じでしたよ~。写真で見るとあんまり広そうに見えないんですが・・・。

 反対に、写真は撮っていませんが、ピカデリー・サーカスなんかは思ったよりずっと狭くって、こんなところに座り込んでいるなんて~という感じでした(笑)。実際に現地を訪れてみると、イメージとのギャップがありますね^^;

 目的地に到着。こちらがナショナル・ギャラリーです。次回はここのお話をお送りします。

 

コメント

lce2 さんの投稿…
このアーケード、良いですねぇ。
天井はすりガラスですか?
雪の多い私の故郷にもあるんですが、街が暗くなるんですよね・・・。
yo-_-yo さんの投稿…
流石!楽しんでいますね♪( ´θ`)ノ
見応えあります☆彡
ゆっくり読ませてまらうね☆
Sana さんの投稿…
★lce2さん、おはようございます。
このアーケード素敵ですよね~。夜暗くなってから電燈の明かりがどのような色合いで灯るのかも気になります!
Sana さんの投稿…
★yo-_-yoちゃん、おはよう!
コメントをどうもありがとうロンドンは一日ではとても見て周りきれないほどでした(笑)。まだまだ続くので良かったらまた見てくださいませ~♪

人気の投稿