パブでステーキ&エール・パイ!

 ロンドンのパブの入り口に貼ってあるメニュー表で気になっていたものがひとつありました。それがSteak & Ale Pie という名前のもの。エールってあの温いまま飲む地ビールみたいなもののことかしら?ステーキ&エール・パイということは、ステーキと、エール・パイのセットなのか?それとも、ステーキとエールのパイなのか(笑)??このお料理はいったいどんなものなんだろう???

 先週の7月15日(木)にもーりーさんは再びロンドンの南方面へ日帰り出張へ。渋滞などで帰りが少々遅くなったので、晩御飯は家の近くのハングリー・ホースというパブへ行きました。ちょうど7月分のディスカウントチケットを持っていたので、それをしっかり握り締めて(笑)。

 歩いて行かれるところにパブがあると便利です。もっとも、家の近くでいわゆる外食の出来るお店と行ったら、その1軒くらいしかないのですけれど(笑)写真は出かけに撮った、ここイギリスの夏、夜9時の夕陽です。キレイ~。

 木曜日はビッグ・ディッシュというメニューから注文するとサイドメニューかデザートから1品おまけが付くという曜日なのですが、ビッグ・ディッシュって気分でもないし~、サイドとデザートを付けたら多すぎるかな~、、、と迷っていると、ここにもあのSteak & Ale Pieの文字を発見!よっしゃ~☆決まり!私、コレにしま~す♪

 出てきたお料理を見てみると、先日ご紹介したコーニッシュ・パスティに見た目はそっくり。それにマッシュポテトとグリーンピース、グレイビーソースが付いてきました。パイをナイフで切ってみると・・・ビーフシチューに似たものがとろ~りと出てきましたよ!!お肉も柔らか~く煮えています。ステーキ&エール・パイというのはどうやら、ステーキ肉をカットしてエールで煮たものが入っているパイというもののようですね。熱々を食べると美味しいです。ビールでお肉を煮ると柔らかくなるというのはよく聞きますものね!

 パイもほどよく味付けされていましたし、マッシュポテトもしっかりめの味。・・・というわけで、グレイビーソースの出番はなし、でした(笑)。塩を好みで振って食べるグリーンピースの付けあわせが、さっぱりとした口直しになって妙に美味しく感じる今日この頃。マッシュポテトとグリーンピースの量の配分、逆にしてくれないかな~、なんて(笑)。

 パイ類は皮がものすごいボリュームなのと、マッシュポテトもお腹で膨らむ系なので、無理して食べると苦しくなります。・・・ということは分かっていたはずなのに~。始めに少しもーりーに味見として分けましたけど、残りはしっかり完食。いやはや、美味しかったものですから(笑)。

 お皿を下げに来てくれた店員さんが「コーヒーやデザートはどうする?」と聞いてくれましたが、「いや、いや、無理無理。もう、お腹いっぱい!どうもありがとう!」と私ももーりーも口を揃えて、思わずハモってしまいました(笑)。それを聞いたら店員さんも、思わずプッと吹き出して笑っていましたよ~。

 さて、こちらはもーりーさんの注文したもの。メニュー名は忘れてしまいましたが、ミックスグリルのようなもの。牛肉と豚肉のグリルに、レバーとソーセージという小さめの4種類。それにたっぷりのチップス(フライド・ポテト)とグリーンピース。

 私もそれぞれほんのひと口ずつ貰いましたが、豚肉のグリルが一番好みで美味しかったかも。レバーもあっさりとしていて美味しかったです。ソーセージは日本で食べるパリっとしたあらびきソーセージとは違って、どこで食べてもわりとソフトなものが出てきます。ハムの食感ですかね~。ま、これはこれでなんとなく懐かしい美味しさではありますが。

 この日のビールはもーりーがカーリングというイギリスのラガービールで、私が日本でもよく見かけるデンマークのビール、カールスバーグを1パイントずつ注文。ディスカウントチケットのおかげで、これだけ飲み食いして2人分の合計が£13.50でした。悪くない値段だね。8月分の割引券も持っているので、次に行くとしたら来月ですね(笑)。次はぜひ日曜日にお邪魔して、サンデーローストを食べてみたいです♪(=ローストビーフ。こちらのメニューは日曜日しかやっていないのです。)

 それにしてもパブご飯は、後から写真を見てもすごいボリュームですなぁ!歩いてのんびり家に帰った後は、自宅でコーヒーとハーブティーを淹れて飲みました。ご馳走様でした。

 

コメント

人気の投稿