イギリスでビーフンを作って食べる


イギリスのスーパーマーケットTESCO(テスコ)の野菜売り場には、前回も書きましたがかなり立派(?)なもやしが売っております。これがなかなか、いつも新鮮だし美味しいのです。ちゃんと商品としても回転しているみたいだし。

そして、前回も少し書きましたが、もやしの売っているコーナーにはstir fry(炒め物)用の野菜ミックスや焼そば麺やビーフンなども売っています。空芯菜やベビーコーンなども。そうそう、ものすごい種類を誇る(?)マッシュルーム売り場には、しっかりとシイタケマッシュルームも売っています。(なので干し椎茸も実は中興行に行かなくても手に入ります。量は少ないけど。)

そんでもって、今回はある日の食事で、ビーフンです。ビーフンは乾麺でないもの(茹でてあるもの)が袋に入って売られていますから、これだと調理も簡単。野菜も炒め物用ミックスを使っています。ニンジン、もやし、キャベツ、玉ねぎ、きのこなどが入っています。それ以外の材料で加えたのはベーコンのみ。

ベーコンはちょっと面白くて、イギリスのスーパーで見かけるのは日本の薄切り肉かと見間違えるような感じのものです。Non smoked baconと言って、燻製にしていないベーコン。なので見かけは生肉のよう。でもしっかりと塩気があり、そして熟成された香りもあります。燻製にしていなくても香りはちゃんとベーコンという不思議な感じ。今回のビーフンにはこれを少量入れました。

こちらでどうしても見つからないのが中華スープの素。日本でよく見るウェイユーとかウェイパーとかのような鶏がらスープを見かけません。(あるのかもしれませんが、まだ見てない。)なので味付けはクノールのチキンスープの素を使い、それとごま油とお醤油、塩、胡椒で。

美味しかったのですが、写真の青い野菜、これだけがネック。これ、たぶんキャベツの外葉だと思うんですけど、これだけはどんなに火を通してもかたいままです(苦笑)。もともとキャベツが日本のに比べるとかためなのですが・・・それにしてもこれはカタイ(^^;

というわけで、ミックス野菜は便利ですけど、もやしだけ買って他の野菜は自分で切った方がいいかも~と思ったわたくしでした(笑)。でも、ミックス野菜も何気にバリエーションがあるので、別なのを買ったらこのカタイのは入っていないかもしれません。

 

コメント

lce2 さんの投稿…
中華スープの素は、日本からの輸入に制限を加えているらしくて、こちらでも買えません。
となると、クノールって事になっちゃうんですよね。(パセリが入っちゃいますけど・・・)
Sana さんの投稿…
★lce2さん、こんばんは!
中華スープの素は輸入に制限があるんですか~。なるほど。だから見当たらないんですね。いろいろの味つけの中華料理の素は見つかるんですけどね・・・。

人気の投稿