イギリスのスーパーで買える、白ご飯に合うおかず


ヨーク観光記はまだまだ続くのですが、土日はお休みして別のことを書こうと思います。旅行記って日帰りだったりたった1泊だったりしても、ブログ記事にしようとすると1日2記事上げても、1週間でも足りないくらいです。ゆっくり書いていきますので、どうぞよろしく~。

というわけで、本日はイギリスの普通のスーパーで買うことの出来る、白ご飯に合うおかずをご紹介します。そうしょっちゅうアジア食材店や日本食材店に行かれない、自分で調理するのは最小限にしたいって人でも、焼くだけで食べられて、味つけは付属のソースを使うだけという簡単なものです。

それが、写真のもの。鮭の照り焼きです。「白ご飯に合うおかず」と書きつつも、付けあわせがサラダとチップスといういかにもイギリス的な部分は突っ込まないでくださいませね(笑)。


こんな感じで、白ご飯を炊いて、野菜スープと一緒に和洋折衷な感じでの夕飯となりましたが、この鮭の照り焼き、味噌汁とあわせても絶対にいける~!というようなお味でしたよ!

お魚はまぁ、鮭くらいならどこのスーパーに行っても手に入りますけど、鮮生品売り場はお肉もお魚も早い時間に行かないと、夜までやってるスーパーなんかでも夕方には片付けてしまいますよね。そうするとパックのお魚を買うことになりますが、これはそんな一品です。マークス&スペンサーのお魚売り場で買いました。


調理前に写真を撮り忘れてしまいましたが、ラベルだけでも。スコットランド産の生鮭の切り身2枚に、お醤油と生姜のソースがついています。ソイソース&ジンジャードレッシングと書かれているの、見えますか?

日本の紅鮭のように塩をしていないので、若干魚臭さはありますが、もーりーさんに言わせると鮭は匂いがきつい方だからこれくらい普通とのこと。そうかもね。

焼く時に塩胡椒するついでに、どうしても匂いが気になる場合はハーブを使うと良いと思います。日本よりもハーブは手に入りやすいですしね。フレッシュなものなら野菜売り場にたいていありますし、乾燥させたものがよければスパイス売り場に瓶詰めか袋入りで置いてあります。魚の臭みに一番おすすめなのはなんと言ってもフェンネル(葉)ですが、なければローズマリーでもタイムでもセージでも。多く入れすぎないことがコツです。油を引くときにニンニクを使うのも手です。

私は乾燥させたタイムとセージ、それから白ワインをして、蓋をして蒸し焼きにしました。こうすることでハーブの香りが魚に移りやすくなります。ちなみにフェンネル(葉)の場合はフェンネルが魚臭さを吸い取る・・・というイメージです。焼く時に魚臭いと感じても、焼きあがってしまえばまったく気になりません。照り焼きソースもいい香りですしね。

ま、ハーブの話は余談だったんですが、とにかくこのマークス&スペンサーの鮭の照り焼き、白ご飯にぴったりで美味しいです。切り身はかなり厚めなので、フライパンで優しくひっくり返しつつよく焼いて、焼き揚がってから一度火を止めてソースを入れます。それから再び点火して少々ソースを煮詰めれば出来上がり。最初にソースをかけてしまうと中まで火が通らないうちに焦げてしまうかもしれないのでご注意を。

買ってきて、パックを開けて鮭を焼き、最後に照り焼きソースをかけるだけ!とっても簡単です。え?ご飯の炊き方ですって?!そりゃ~ネットで調べてね。

コメント

LiLA管理人 さんの投稿…
ご飯はフォークの背中に乗せて,ですね.
僕は,鮭には醤油かけて食べる派です.
Sana さんの投稿…
★LiLAさん、おはようございます。
日本にいるときは鮭は塩鮭を買うことが多かったので、焼いた時にはそのまま食べていましたが、こちらでは塩鮭というのは見かけないですね。しょうゆ味の照り焼き、とても美味しかったです。

ご飯はフォークを持ち替えてスプーンのように・・・(笑)。

人気の投稿