もーりーさん、ノルウェーに行く②味のわかる国!

 ノルウェー出張から帰ってきたもーりーさんに、私がまず尋ねたのは「食べ物どうだった~?」

 すると、「ノルウェーは旨い!」との返事が!おぉ!!そりゃ、よかったじゃん!ご褒美だね、ある意味(笑)。

 「ひと晩目は夕方に機内食くっちゃったから夜も何も食べなくて(スカンジナビア航空の機内食も旨かった!)、朝はまぁクロワッサンだったんだけど。昼の仕事場でのケータリングのサンドイッチが旨かったよ~。オープンサンド。ま、これ見てクリス(イギリス人の方)はまた例のごとく”サンドしてなきゃサンドイッチじゃない”とか言ってたけどさ。イギリス人2人も食った瞬間に”旨い!”って言ってたよ。僕が英語しゃべれたら”イギリスの飯よりずっと旨ぇよ!”って言ってやりたかったけどね(笑)。もう食った瞬間に、この国は味が分かる!って思った。」

だそうです(笑)。相当美味しかったみたい。それが上の写真。会社(というか、出張先)でのケータリングランチのオープンサンドだそうです。見ただけでも美味しそう!豪華なオープンサンドだこと!パーティー用みたいじゃないですか、これ。仕事はそういうのじゃないのに(笑)。

 ちなみに「サンドイッチはサンドしてなきゃ・・・」のクリスさんは、イギリスのAll Day Breakfast(= オールデイ・ブレックファスト ”朝ごはん終日あります”の看板を掲げるお店)に関しても、「朝ごはんなのに1日中ってのはおかしい」と言っているそうです(笑)。

 こっちの写真を見ると、パーティーじゃないってことがすぐ分かっちゃうけれど、こんなケータリングランチだったそうです。真ん中のポットはお茶かな?珈琲かな?(横からもーりーさんが「そのポットは珈琲!」だそうです。)マスカットも皮ごと食べるそうで、めったに果物を自分から欲しがらないもーりーさんも、「この葡萄もおいしかったよ!」と言っておりました。

 隅に丸まっている蛍光ベストが、仕事内容をやや物語っておりますね(笑)。でも実際は、この蛍光ベスト、イギリスでもけっこういろいろなところで”普通”に着ている人を見かけます。別に勤務中の作業者だけが着るものではなくて、自転車に乗っている人など、着ている人多し。安全の為、ですね。高速道路を走る時も、車に乗せておくことが必要という国もあるそうです。ちなみに今回は港でのお仕事だったようです。

 夜は全員で揃ってレストランへ行ったのだとか。出かけた先はOslo Spiseforretningというレストランだそうです。レストランのサイトはこちら。(日本語でも見れますが、翻訳ソフトみたいです。)

 お料理は左上から前菜の牛タン。右上がスターターの盛り合わせでClassic taste of traditional Norwegian seafoodとメニューに書かれていたものだそう。鯨のスモークと、ディルでマリネしたサーモンと、スパイスで味つけされたニシン、だそうです。そして、左下がもーりーさんの選んだメインで、サーロインステーキ。「野菜なかったの?」と聞くと、「肉の下にインゲンとアスパラがあったよ」とのこと。ソースは赤ワインで仕上げたものだったそうで、焼加減もソースの味もぜーんぶ美味しかったそうです!いいな~。(”もあ・ざん・ぶりてぃっしゅ”だったって書いておいてって今横で言ってます。)

 はて?メイン2種類食べたの?と聞くと、右下の写真はほかの方のオーダーしたものだそうで、メニューにはelgと書かれていたそうですが、サイト上を見るとmooseとなっており、ヘラジカのことのようですね。いわゆる狩猟料理(ゲーム)っていうものでしょうか。

 こちらはノルウェーのビールで、Ringnesというものだそうです。これもまた冷やして飲むタイプのピルスナー。「エール系の濃いビールはなかったの?」と聞くと、「いや、あったよ。それは後で飲んだけど、そういうのもけっこう美味しかった。」とのこと。後で?!

 ちなみに、ノルウェーの物価は「高い!」ともーりーさん。まぁ、出張で出かけて、お膳立てしていただいた中で食事などをしているので、実際の生活はもちろん「ハテナ」ですが、レストランも3コースで軽く£50超え、ビールは1本£8(!)、タクシーの初乗りは150クローネ超えと言っていたのでポンドに直すと・・・£20弱?!ひゃ~・・・それは高い!税金がものによってかかる率は違うみたいですが、ホテルのレシートなどはVAT25%となっていたので、税金がやっぱりものすご~く高いです。ちなみにイギリスはVAT14%くらいで(これもものによって掛かる率は異なりますが)、これから考えると日本は消費税は安いですよね~。。。

 ビール1杯£8のパブを、このあと2軒もはしごしたらしいもーりーさん達(笑)。ここは1軒目のお店だそうです。日本の方々はもーりーも含め2軒目でおいとましたらしいのですが、イギリス人の方々は、そのまま次の店へと繰り出していかれたそうですよ(笑)。もーりー曰く、「つまみなしでビールばっかりそんなに飲めん!」だそうです(笑)。そうかも。しかも食事のあとだもんね~。

 これは1軒目のパブのビール樽だそうです。ここで作っている地ビールを飲んだのだとか。店の名前は忘れてしまったそうですが・・・。 

 最後は夜のオスロの街の写真を1枚。街の雰囲気は、もーりーさん曰く「イギリスのニューキャッスル(アポン・タイン)に似ていたよ」とのこと。同行のイギリス人にニューキャッスル出身の方がいたそうですが、その人にもそのように言うと、「似てる、似てる!」と同意してくれたそうです。


 

コメント

lce2 さんの投稿…
マジで美味しそうですね、このオープンサンド。
北欧ってどんなとこなんだろう?
真ん中のポットから、そば湯が出て来たらびっくりですね!
Sana さんの投稿…
★lce2さん、こんにちは!
北欧とひと口に言っても数カ国、きっと全て同じではないのでしょうね。フィンランドの人々は感情をあまり表情に表さないと聞いたことがありますが、ノルウェーの人々は「にこにこにこ~」とみんな笑顔の人々だったと聞きました。ちょうど別の友人がこの夏スウェーデンに行ったと言うので、またその話を聞くのが楽しみです。

そ、、、そば湯?!

人気の投稿