二番出汁のとり方


先日久しぶりに出汁を自分でとってから煮物をしました。一番出汁のとり方は2010年に参加したお料理教室の復習をご覧下さいませ。(このお料理教室で習ったもの、今でもすごーく役に立っています。)

さて、本日の話題は一番出汁ではなく、二番出汁。一番出汁をとったあとの昆布や鰹節、そのまま処分してしまうのはもったいないし、かといって全部煮物にするにも多すぎる。冷凍保存しておいて小出しに昆布煮を作るなどの手もありますが、それもなかなか大変です。後処理が後ろめたいと、しょっちゅうやろうという気になかなかならないもの・・・。

では、二番出汁をとって、うま味を全部使い切ってしまおう!最初にとった一番出汁はその晩の煮物に使い、後からとる二番出汁は、その先数日のお味噌汁などに使えばよろしいかと。そこで、二番出汁も美味しくとりたいと、お料理教室でお世話になった高橋先生の本を見てみました。私が持っているのは『瓢亭の点心入門―瓢亭の料理に学ぶ、おもてなしの基礎とコツ』という本です。あった、あった。二番出汁のみならず、その先の八方出汁まで載っています。

一番出汁をとった後の昆布と鰹節を使い、最初に一番出汁をとったときの水の量より3割減らした水で出汁をとります。昆布と鰹節をその中に入れて、強火で煮立てること15~20分。ひとつかみだけ新しい鰹節も加えてみました。濾す時も、一番出汁では搾るのは厳禁でしたけれども、二番出汁ではぎゅっと旨味を全部搾り出すつもりで・・・とのこと。

すご~く美味しい出汁がとれました。嬉しい!!これでお味噌汁を作るのが楽しみ♪ それから、白味噌でお料理をする時は二番出汁を使う方が、味噌の味を引き立てて良いのだそうです。何か白味噌のお料理にも、今度チャレンジしてみようかな~。何がいいかな?

二番出汁を覚えたら、昆布も鰹節も使い切った感があって、とても気持ちが良いです!二番出汁までとった昆布や鰹節でも、佃煮やふりかけは出来るようなので、必要な分はそうして再々利用するのが良さそうですね。これからは煮物の美味しい季節到来!ですので、この美味しさを忘れずに、たびたび出汁をとりたいと思います。


 

コメント

lce2 さんの投稿…
ちゃんと取った出汁でできた味噌汁は美味しいですよね!
僕は、昆布もいりこも好きです。
あ、サバとかアゴも美味しいですよね!
Sana さんの投稿…
★lce2さん、こんにちは!
この二番出汁、味噌汁にそうめんにと大活躍でした♪うどんの出汁の場合は、かつおだけよりもサバなどを加えた合わせの方が美味しいと、お料理教室で先生もおっしゃっていましたね~。椎茸などもよい出汁が出ますよね。いりこもアゴも私も好きです。アゴ出汁は結婚してから福岡で初めて食べました。
アン さんの投稿…
Sanaeちゃん、こんばんは~☆
今度はPCが繋がらなくなって、お休みさせて
頂いていました。PCが使えないとタップリ
時間がある様な気がしますね。

我が家は一番出汁をとって、昆布は冷凍しておき
溜まったら佃煮にします。
椎茸や刺身の切れ端と煮ると、出汁をとった余り
だったとは誰も気付かないんですよ。
鰹節は、乾燥させてドッグフードにかけたり、
それで鶏肉や野菜を煮て空の手作り食にします。
フフッ、空は二番出汁と言う訳ネ(笑)。
Sana さんの投稿…
★アンさん、こんにちは!
PCがつながらなくなること最近はほとんどありませんが以前はたま~にありました。強制的に休養という感じになりますよね(笑)。私もなるべくPCはつけっ放しにしないようにしています。際限なくなってしまうので・・・。時にはお休みもいいものですよね♪

鰹節は猫ちゃんワンちゃんがいるといいかもしれませんね~。佃煮を煮る時にお刺身の切れ端を使うのですか。それいいかも。でも自分でさばかない人には手に入らない?!

人気の投稿