焼明太スパゲッティ

 これがイタリア料理かどうかは甚だ疑わしいところですが、便宜上、このブログのカテゴリではパスタ=イタリア料理ということにしております(笑)。まずはそこんところ、ご承知おきくださいませね。

 さて、なぜゆえ”焼”明太かと申しますと、もーりーさんの地元福岡から時折どーんと切れ子を送っていただくのですが、小分け冷凍していても、時折”食べごろ”を過ぎてしまう・・・ということが起こります(汗)。

 明太子は基本「生食」するのが◎と思っているわが家ですが、先日ももーりーさんがひと言「これ、まだ大丈夫かな?」と・・・。(私的にはそれはまだ全然平気だったんですけどね。実際そのまま食べちゃったし、その後のお腹も平気でした。)

 んで、「んー?私は別に何の匂いも気にならないけど、心配なら焼いておこうか?」と。残っていたものをグリルで珍しくよーく焼いてみることにしました。そしてそれを使ったのが上の写真の明太スパゲッティというわけです。

 いつも生明太子で作るときはオリーブオイルを使うのですが、今回は焼いた明太子を半身使って、バターで仕上げてみました。平日のお昼にひとり分。ボールに焼タラコ(明太子)をほぐして、大匙1の白ワインと合わせておきます。(こうするとワインの風味は残りますが、タラコがよりほぐれて、均一に麺に絡みます。)そこにバター5~10g程度入れておき、茹でたての麺を合わせてバターを溶かします。お好みで白胡椒も少しだけ。それからちょうど青葱の刻んだ残りも冷蔵庫にあったので、それも一緒に加えてみました。

 さて、お味は?

 C'est très très bon!(← ただ今フランス語を勉強中なので、こーゆーの覚えるために頻発させますが許してね!イタリア語のブォーノ!はもはや有名ですね。)とってもとっても美味しいです!

 海鮮物の味は好きだけれども香り(というか匂い)がちょっと苦手・・・という方は、こちらの焼明太バージョンの方が食べやすいかもしれません。初めての試みでしたが大成功!ごちそう様でした♪


【後日談】
 数日後もーりーさんの夕飯にも同じバージョンの焼明太スパゲッティを作りました。感想は・・・「旨い!」やった!合格で~す♪ 「生とこっちの焼いたのとどっちがいい?」と聞くと、「それはやっぱり生明太子を使ったものの方が好きだけど、こっちのもこれはこれで旨い。」とのことでした~。

コメント

LiLAくま さんの投稿…
明太子スパゲティと言えばたっぷりの青じそと海苔と,博多では法律で決まっているのですが,これはまさにイタリアンですね.明太と梅干しのスパゲティというのもありますよん.
でも辛子明太子って,ご飯に乗せて食べる以外,使い道は少ないですね.あまり大量にあっても困るかも.
Sana さんの投稿…
★LiLAくまさん、こんばんは!
青じそは季節柄買ってなかったのと、海苔はあるけど忘れてました・・・。明太子と梅干しも良さそうですね~。今度やってみよ。

明太子、けっこう和え物に使っているレシピも見かけますが、案外ご飯のお供か明太パスタしかしていないんですよね~。勿体ない。明太トーストもけっこう好きです。

人気の投稿