スーパーマーケットでお花を買う(日本編)

 初めて海外旅行に行った頃の数回に、食料品を売るお店の軒先にたくさんの切花が売れらているのを見て、いつも素敵だなぁ~と憧れていました。

 お店の雰囲気が素敵ということではなく、全然素敵でもなんでもないような、いわゆるグロッサリーとかそういう地域の小さいお店にもお花が売られている・・・しかも野菜と並んで・・・というのが新鮮に感じられたわけです。毎日の買い物のついでにちょいと花を買う、という生活が想像されて、そういうのが素敵だなぁと思ったんですね。

 素敵なお花屋さんで、素敵に飾られた花々を買う、、、というのは、そりゃ素敵でアタリマエですから(笑)。

 一見そうでないところでもそうやって花を買うというのを見て、生活に根付いた感じがより強く想像されたわけですね。誰かへのプレゼントとしての花束というより、家庭を飾る花なのだろうなぁと。(もちろんそこでちょっとしたプレゼント用の花を買うこともあるでしょうけれど。)

 それから何年か経ち自分も結婚して日々の買い物をするようになると、日本のスーパーマーケットにも花屋さんが併設されていたり、市場や道の駅なんてところでも、手軽な季節の花々が売られていることに気付きました。そういうところで売られているお花は、その日その日で簡単なブーケの形にまとめられ、一束200~500円くらいで売られています。私はそういうお花を買うのが好き。玉ねぎやジャガイモ、大根などを買うのと一緒に、ひょいとお花を買うというのは、じつは日本でも同じだったんですね~。全然気付いていなかっただけで。

 そして、先日久しぶりに写真のようなお花を買って帰って来ました。同じ種類の280円のブーケを二つ。くすんだ色のピンクの菊と、濃くてハッキリした色のピンクのカーネーションに、黄色のお花が組み合わさったもの。なかなかキッチュな色あわせ。ボリュームを少し出したいなぁと思ったのと、ポイントカードが500円ではんこ一つだったのを思い出し(笑)、2束同じものを買いました。うーん、かわいい。好みの色の組合せです。嬉しい。

 家の近くのスーパーマーケットにも、お花が売っていてよかったなぁ~☆

コメント

LiLAくま さんの投稿…
kitschという単語,久しぶりに聞きました.
キッチュを初めて知ったのは,本場ドイツでのことしたが,長らくイメージが掴めなかったんです.俗っぽいとか,どぎついとか,偽物っぽいとか...
う~ん,今でもやっぱりよく分からない単語だなあ.
Sana さんの投稿…
★LiLAくまさん、こんにちは~。
キッチュってkitschって書くドイツ語だったんですか~(驚)。ワッハッハ!そういえば全然知らんで使ってました~(爆)。

そうなると本当の意味は分かりませんが(開き直り)、個人的にイメージする感じとしては、アジアン雑貨屋さんですかね~。時々インドカレー屋さんの色使いも(笑)。あるいは、昔のなぜか花柄プリントのついた湯沸しポットとかね。(え?違う??)縞々のビニール製のレジャーシートでできたバッグなどもキッチュな気がします。(え?ますます分からない?!)

要するにシック(chicね、sickではなく)とは反対の色使いをしていて、1歩間違うと下品だけれど、なぜか「かわいい~♡」とか思ってしまうようなものです。(そうなると湯沸しポットは却下だけど。"sick"な色使いだけどかわいい~♡てな感じ?)赤ちゃんが口に入れたらちょっと心配になるようなビニル製の人形とか・・・(爆)。あくまでも個人的なイメージです。Do you understand?

人気の投稿