ロンドンの美味しくて気軽なイタリアンレストラン:ASK ITALIAN


さて、ここはどこでしょう?こちらはロンドンにある、 ASK ITALIAN というイタリアンレストランの Spring Street 店です。2011年8月6日(日)の夜7時頃の様子。こんなに明るいとついつい夜ご飯を食べそびれそうになります。

この日はロンドンの j.moriyama という美容室にふたりで髪の毛を切りに行ったのでした。j.moriyamaはロンドンでのみ展開している日系の美容室です。ロンドン内に数店舗あり、私たちはベイカーストリートに近いお店に午前中お邪魔しました。他にもロンドンに行けば日系美容室はいくつかあったのですが、ここがよそより価格も少しお安めだったのと、”同じ苗字”というのがもーりーの気に入ったらしく、こちらに予約を入れました。前日会社でその話をすると、なんとその時一緒のアパートメントに暮らしていた日本人全員、同じ j.moriyama さんで髪の毛を切っていただいていました(驚)。支店はそれぞれ別みたいでしたが。ベイカーストリート近くのお店は、とっても静かで洒落た地域にある素敵なお店でしたよ~。美容師さんたちのお話も楽しかったですし、切っていただいた感じもとっても良かったです♪ (残念ながら、お店の写真を撮らせていただくのを忘れてしまいました。)

ちょっと話は脱線しましたが、その後少し観光をして、そしてこの時間に夜ご飯となったわけです。予約などはしておらず、歩いていていつもどおり”美味しそうな良い香り”のするお店を選んで入りましたよん。


ハイドパークからパディントン駅を目指して歩いていた時に通りがかりました。たくさん歩いたので、まずは一杯。もーりーさんは ペローニというイタリアのビールを。私は、もうなんていうワインだったかは忘れましたが、まぁ、いつものようにハウスワインのひとつを注文。(たしかイタリアワインだったはず・・・)こんな面白い形のグラスに注がれてきました。

それから、この時は電車に乗って帰らねばならない事情もありましたので、ワインは1杯に留め、お水も注文いたしました。(無念?!)


カジュアルな内装のとっても広々としたレストランです。私たちのすぐ後ろでは、小さい子供を二人連れたお母さんが食事をしていたのですが、子供にはクレヨンと画用紙を用意してくれるみたいで、子供達はピザを食べながら一所懸命なにやらお絵かきをしておりましたよ^^ 地下のトイレに行く時の階段の壁には、一面にそうやって子供達の描いた絵が飾ってありました。

団体客用の大きなテーブルもすぐに用意してくれるみたいでしたし、テラス席もありました。バーカウンターもあって、待ち合わせなどに使っている人もいましたよ。ドレスアップしているグループがあるかと思えば、公園の近くだからかファッショナブルなスポーツウェアのカップルがいたりと多彩な顔ぶれ。

前記した親子連れ以外にも子供連れのグループはけっこういたのですが、何しろ広~い店内なので、他のお客さんの会話や音は不思議なくらいに気になりません。椅子から落ちちゃって泣いてる子もいたんですが・・・。みんな「大丈夫かな~?」と顔を一瞬向けるくらいの感じで、店中が全部それに注目してしまうって程には泣き声も聞こえないくらいの広さでした。(その女の子はぎゅーってハグされて、すぐに泣き止みましたよ^^)だから、お子さん連れでもレストランで食事をしたいな~というファミリーにはおすすめのお店かも♪ ベビーカーが入っているのも、見えますか?写真の倍以上の広さがあるレストランです。


それでですね、ここ、最初っから最後まで、すんごく美味しかったんですよ。とくにコースとかではなく、適当に注文したんですが、まず最初に出てきたのはフォカッチャ。厨房には大きな釜のあるのが見えて、それでパンやピザは焼いているようなのですが、見た目シンプルなこのパンが、もうやめられないとまらないの美味しさ!!これだけでワインがなくなってしまいそうでした。


そして、こちらは私の食べたボンゴレビアンコ。いや~、もう脱帽です、ってくらい美味しかったです。シンプルなものほど美味しかった時にうなってしまいますね~。いったいどうなっているんだろうと。


こちらはもーりーさんの大好物、カルボナーラ。もちろん私もひと口もらったんですが、これまたものすごく美味しい!!両方とも、家で作ったってそれなりに美味しくできるのに、何が違うんだろう・・・?とうなってしまう美味しさでした。やっぱり、ひとつひとつの素材も違うんだろうなぁ~。やっぱりね、オイルもチーズも違うんだろなぁ。そりゃもちろん、腕だって違うんでしょうけど・・・


サラダもイタリアンカラー♪ これにはドレッシングなどかかっていないので、自分で好きなようにオイルやビネガー、塩胡椒をして食べます。

ちなみにこのお店、店員さん達のユニフォームは揃いのTシャツなんですが、背中に 100% ITALIAN って書いてあるんです。だけど店員さんは100%イタリア人ってわけじゃない。私たちのテーブルを担当してくれた女の人はアルゼンチンの方でした。(私が席を外している間に、ちゃっかりもーりーは彼女に「どこから来たの?」と尋ねていたのです。なかなか、やるね!)でもね、本当に、美味しさは100%イタリアンの美味しさでしたよ~!!

食後にはすっかり満足して、小さなチョコレートケーキつきのエスプレッソをいただきました。(写真は撮り忘れ・・・)ワイン、ビール、水、フォカッチャ、サラダ、パスタ2種、デザート、エスプレッソという注文で、ふたりで£50くらいになっちゃったのでやっぱりパブ飯に比べれば高いけど、まぁ、ディナーと考えればそこそこではないでしょうか。レストランなのにカジュアルOKというのも私たちみたいな者には嬉しいです。(ふたりともジーンズでしたから)

お金に糸目をつけずに食べていいんだったら、このままセコンドも注文したいくらいでした。そんなことしたらひとり£50コースになっちゃうけどね・・・。でも、今から考えたら、セコンドも1皿だけ頼んでシェアすればよかったよねぇ。あぁ、どんなんだったか食べたかったなぁ!<って、どこまで食いしんぼうなんー。

ハイ、こちらがお店の入り口です。入り口にちゃんとメニューと価格表があるので、確認してから入れば安心。もうこの前を通るだけで美味しそうな匂いが漂ってきて、素通りなんてできませんよ。

他の都市でも同じお店を見かけましたが、一応ロンドンのお店の住所を書いておきますね~。毎日お昼から夜の10時11時近くまで営業しているようです。(クリスマスはお休み。)



【ASK ITALIAN】
41/43 Spring Street
Paddington,London
W2 1JA
Tel: 0207 706 0707



コメント

lce2 さんの投稿…
随分と控えめなエントランスですね。
洗練されたパスタって感じが写真から伝わって来ます。

シンプルな料理ほど、奥が深いんですかねぇ。
刺身もプロが作ると、美味しいんですよ。きっと、刺身で食べると一番美味しいタイミングを知ってるんでしょうねぇ。
LiLAくま さんの投稿…
ちゃんとしたイタリアンを出せるレストランは本物です!
アメリカのイタリア料理のレストランは,どこもファミレスレベルですから.
「あの」英国でこのクォリティはちょっと信じられません.ロンドンなら,良いレストランは探せばきっと見つかるんですね,100%イタリアン!
この料理だったら,絶対に白ワインですね.イタリアの軽いハウスワインなら,トレッビアーノか,ピノ・グリージョかなあ.
Sana さんの投稿…
★lce2さん、こんにちは!
お店の気楽な雰囲気とは裏腹に、とっても美味しいお料理で、やっぱり気取らず寛いで食べられるのは良いものだなぁと思いました♪

確かに、シンプルなものほど、プロセス以外のものも味に響いてくるのかも。食材選びから料理は始まっているのでしょうね~。
Sana さんの投稿…
★LiLAくまさん、こんにちは!
パスタって、そこそこでもある程度美味しさを感じて食べられてしまう食べ物という気もしますけれども、本当に美味しいものは本当に美味しいんだなぁ~としみじみ思ったレストランでした。そう!「あの」英国で、ですよ(笑)。嗅覚を鍛えないと(爆)。イギリス出張はないんですか?

白ワイン、言われてみれば、ピノグリだったかもしれません。うん。そうだったかも。
アン さんの投稿…
Sanaeちゃん、こんばんは~☆
今日は娘と、何年振り?と数えながら、繁華街へ
行って来ました。
ランチは、以前から行きたいと思っていたお店、
娘も一度行ってみたいと思っていたらしく即決!
ところが1時間半待ち!
諦めて中華のお店に入ったのですが、今、
Sanaeちゃんのブログを拝見して後悔です。
最近パスタを食べていないので、もっとじっくり
お店を探せば良かったな・・・と(苦笑)。
Sana さんの投稿…
★アンさん、おはようございます~。
ランチに1時間半待ち!ですか~(驚)。人気のお店なんですね。ランチって予約ができないところもありますものね・・・。でも私はアンさんと逆に最近お外で中華を食べていないので、中華もいいな~思ってしまいました(笑)。

名古屋もたくさんお店があって迷ってしまいそうですよね。次回は美味しいイタリアンが食べられますように^^

人気の投稿