勝沼旅行(2005)②ワイン民宿 鈴木園

 2005年10月31日~11月1日の、1泊2日の勝沼ワイナリー巡りの旅。この旅行で私たちが泊まったのは、私がずーっと泊まってみたいと思っていた民宿の鈴木園さんです。

 もう、ワインを積極的に飲み始めた頃から、じつはずーっと行ってみたいと思っていたところだったんです。東京にいる頃からだから・・・そうねぇ、近いわりには行くまでに何年もかかったな(笑)。1泊2食付で現在でも5700円と信じられない安さ!その存在を知った頃は、たしか5千円切ったお値段で紹介されていて、驚いた記憶があります。え?そりゃいつの話だって?(笑)

 広い駐車場の上はぶどう棚。緑色の車の前の方、ぶどうの枝が曲がっているの、見えますか?車高の低い車は奥へ、高い車はその枝の手前に・・・とたしか指示されたような記憶が・・・。

 青々とした木立の中を進んでいくと、こじんまりと可愛らしい建物が見えます。今こうして写真で見ても、このアプローチは本当に素敵ですね~。こういうの、憧れます。

 このドアを入って左手がフロント。正面が食堂、だったかな。泊まる部屋は別の棟です。

 ところで・・・。食事の写真がありませんーーー。ガクッ。今では考えられないことだけど、この頃は別に写真を撮ろうとも考えなかったんでしょうね(笑)。

 でも、写真を撮っていないのに、食事の様子はしっかりと覚えております。食堂はアンティークっぽい雰囲気の中、薪ストーブの暖かさいっぱいの素敵な空間。赤ワインでじっくりと煮込まれた牛肉の赤ワイン煮込み(ビーフシチュー)をいただきました。そしてもちろん食事のお供も赤ワインを。とっても美味しかったです。

 前回のワイナリー巡りの記事で、最後にご紹介したお土産写真。あの中の、可愛いイラストのラベルのついた、あのワインが鈴木園さんのワインです。上の写真がそのアップ。このイラスト、鈴木園のご主人が描かれたものだそうです。ノスタルジックで素敵。宮沢賢治の世界に紛れ込んだような気分。

 さて、食事の時間は18時からとちょっと早めです。食事の後に、タクシーを使って天空の湯に行くのもいいですね。(私たちは先にお風呂に行っちゃったんですが・・・。)

 宿泊するお部屋は、2階建ての山小屋風。もとは蔵だったとのこと。お部屋は全部で5部屋だったみたいです。かなり広々としていました。冷蔵庫などはないので、飲み物(水、ワイン?)やちょっとした食べ物(お菓子とかつまみ)は早めに用意したほうがいいです。ホテルみたいに売店とか自販機はありませんので。

 私たちはワイナリー巡りの旅と言いつつ、食後にはビールを買ってきておつまみと一緒に楽しみました(爆)。

 こちらの写真は鈴木園さんの中庭。写真向かって右手が宿泊者用の部屋。左手はちょっとした博物館になっています。 

 翌日の朝、あまりに気持ちがいいお天気だったので、中庭でぼけぇっとする私。かりんがなっているのかな?それとも別の果物かな??

 すると、どなただったかに、写真を撮っていただきました。ありがとうございます!そういえば、外国人さんの泊り客の姿もありましたよ。

 ブドウ畑に面した、大きなテラスもあります。山に囲まれた、とっても素敵なところです。また泊まりに行きたいな~。


コメント

tane さんの投稿…
ステキな旅館!
なるほど... 日本のワインも面白そうですね。 
戻ると、どうしても日本酒を選びがちなのだけれど、次回は日本産ワインにチャンスをあげましょうかねー。
Sana さんの投稿…
★taneさん、こんにちは!
わ!日本酒をお飲みになられるのですね~。かっこいい!いいな、私はまだほとんど飲んだことがないんです。。。

鈴木園は本当に素敵な宿でした。勝沼などに行くと、日本のワインもとても頑張っているのだなぁということを実感します。
LiLAくま さんの投稿…
え!?
鈴木...その子 ?
Sana さんの投稿…
★LiLAくまさん、こんにちは~。
え?!
リラ・・・ックマ?
アン さんの投稿…
Sanaeちゃん、こんばんは~☆
三枚目のお写真、本当に素敵なアプローチ。
私も憧れます。
見れば見るほど、ワイナリーに行きたくなりました。
この民宿、凄くお安いんですね。それでいて素敵♪
こういう情報、ブログならでは・・・ですね。
Sana さんの投稿…
★アンさん、おはようございます!
木立の中を抜けて玄関にたどり着くなんてステキですよね~♡ 宿の写真などはかれこれ6年前のものになるので、最新情報を勝沼の観光サイトやガイドブックなどで見てみていただけると良いと思います。町営のぶどうの丘も宿泊できますし、他にもきっといろいろあると思いますよ~^^

人気の投稿