2011年4月30日土曜日

冷やし中華と高菜チャーハン

おはようございます。

こちらは4月27日(水)の夕飯です。
今年お初の冷やし中華。

自家製ベーコンを使ってみました。
桜でスモークしたベーコンは
ちょっぴり焼豚っぽい香りがします。

フライパンで脂を少し出してから
麺の上にトッピング。

麺とタレはセットになったものを。
いろんなメーカーさんから出ていますが、
こちらは今回初めて食べた
埼玉県の中野食品さんのものです。

麺がすっごく美味しい!!
大げさでなく
今まで食べた冷やし中華の麺の中で
一番美味しいかも~。

リンゴ酢を使っているという
醤油ベースのタレも、
酸っぱすぎずにちょうど良い味でした。

見つけたらまた買いたいです。
胡麻ダレもあったので
お次はそちらも試してみたいです。

ひと口食べたもーりーは
「夏だねぇ~!」
と声をあげておりましたよ(笑)。

きゅうりは面倒になってしまって
かなり太いままのせてしまいました^^;

麺だけじゃ足りん!ということで、
ごはん一合分の高菜チャーハンも作りました。

ベーコンは冷やし中華に使ったのと同じ。

高菜とベーコンの塩気だけでも
美味しいチャーハンになりました♪

ほんと、ベーコンっていうより
焼豚だなぁ、こりゃ。

美味しけりゃどっちだって、
ま、いいか・・・。



 

2011年4月28日木曜日

勝手にクロッキー:よそのお宅のわんちゃん2匹

おはようございます。

こちらでわんちゃんの絵を見たら
私も描きたくなりまして、
勝手にそちらのお宅様のわんちゃん達を
描かせていただいてしまいました。

ブログにアップされてた写真を見つつ。

まずはさくらちゃん。


そして・・・

あんまり(全然)似せられなかったけれど、
ももたろうくんも。


動物でも人間でも目が難しい・・・

なぁ・・・。

(実は昨日、山根くんも描こうと挑戦して
どーしても顔が違ってしまい諦めました。)

それに、クロッキーというのには
だいぶ時間もかかっています。

消しゴムの跡が物語る・・・(笑)?!


++++++++++++++++++++


さて、話は変わりまして
資生堂さんからのカルチャー情報のメルマガより
Artists' Action for JAPANという
震災支援の活動を知りました。

会場にてアーティストの方々の描いた絵を
一枚千円で購入し
それがそのまま寄付になる・・・
というもののようです。

こういう活動もとても興味深いですね。
これを書いている4月27日現在で、
すでに251万円ほど集まっている様子。

4月29、30、5月1日は
銀座の資生堂ビル9階でも
行なわれる予定だそうです。



 

2011年4月27日水曜日

山根一仁くんのコンサートに行ってきました!

昨夜4月26日(火)は、神奈川県民ホール
山根一仁くんの演奏を聴きに出かけてきました。

(本日これからオーチャードホールへ行く方、
これより下にはネタバレ有です。
お読みになる場合はご了承下さい。)

写真は開場前にちょっとだけ立ち寄った
目の前の山下公園からの海です。
平日の夕方ということもあり
あまり人の姿はありませんでしたが・・・。

海に来るのも久しぶりなら、
実は結局のところあの日以来
電車に乗るのが初めての私・・・。
(実はメイクしたのも久しぶり・・・^^;)

そんな感じだったのですが、
昨年秋にテレビで彼の演奏を聴き(見て)
是非コンサートを見に行きたいと思っており
どうしても行きたいなぁ!と
出かけることにしました。

県民ホールは行きなれているので
平日ということもあり一人で。
(後で内容を友人にメールしたら
行きたかった~と言ってくれて
誘えばよかったなぁ・・・と残念!
次回は是非一緒に行きましょう!!)

ギリギリのチケット申し込みでしたが
A席でもなかなか良い席が確保でき
1階の右側15列目と
わりと近くから楽しむことができました。

山根くんは舞台の左側で演奏したので
ちょうど対角線上になり
さえぎるものなく堪能できました。
我ながらいい席だったな~。
(自分で選びました。)

お隣さんはなんと
山根くんの同級生の親子さんでした!
始まる前に少しお話を聞かせていただき
それもとても楽しかったです♪
地元コンサートならでは?!かな?!

さて、今回は東京交響楽団との演奏会で
指揮は広上淳一さんでした。
曲目は第一ステージがスメタナの交響詩モルダウと
山根くんの登場でハチャトゥリアンの
ヴァイオリン協奏曲ニ短調。

ハチャトゥリアンはこちらで予習(笑)し、
コンクールの時同様の緊迫した演奏が聴けるかも!
とワクワク楽しみにしておりました。
(曲目は県民ホールのサイトでは告知なしでしたが
オーチャードホールの方で見て
同じかなとあたりをつけておりました。)

ハチャトゥリアンはグルジアに生まれた
アルメニア人作曲家(1978年没)だそうです。

演奏された曲は
エキゾチックでもあり
哀愁的でもあり
ジプシーっぽさもあり
情熱的でもあり
と、とてもステキな曲でした。
(今回もかなりかなり好み!)

終了後もアンコールの拍手が鳴り止まず
休憩前に山根くん再登場となり
パガニーニの24のカプリスより
第6番というのも披露してくれました。

これはゆっくりの曲でしたが
ずーっと弦を押さえる指を小刻みに動かし
ヴィヴラートを効かせた不思議な音を奏でていました。
静かで幻想的な、これもまたステキな曲でした。
(ヴァイオリンのことまったく分からないので
こんな表現ですみませんー。)

第二ステージはベートーヴェンの運命。
第一楽章が有名ですが、私は後半が好きです。

(休憩時間のワインで
気持ちがよくなってしまったのか
後方座席からは、寝息の音も・・・(笑)。)

広上さんの指揮する演奏は
どの曲もとってもエネルギッシュで
素晴らしかったです。
指揮をされる姿も見ごたえがあります。

第二ステージの終わりにもアンコールがあり
シベリウスのアンダンテ・フェスティーヴォを
演奏してくださいました。

アンコール演奏に入る前に広上さんから、
時期が時期だったけれども
「たくさんの方に足を運んでいただき・・・」
という内容の短いごあいさつがありました。

先月末には山根くんも受賞記念コンサートを
チャリティーコンサートに変更して
演奏会をしたようでした。


昨夜は会場内は、演奏が始まっても、
やや明るめの照明だったような気がします。。。
真っ暗にはなりませんでした。
だけれども、
途中で中断されるようなこともなく
無事に終わりよかったです。

++++++++++++++++++

さてさて、まだ気が早いですが
県民ホールで年末恒例のガラコンサート、
若手ご紹介コーナーがあるのですが
今年は山根くんがフューチャーされないかな~と
勝手に期待しています。

指揮の松尾葉子さんとも共演されているみたいだから
実現しないかな~♪するといいな~♪♪
今年も是非また行くわ~♪♪♪<暴走中(笑)

最後は食べ物ネタです。

19時開演、21時過ぎ終了でしたので、
始まる前に会場内にある
「かもめ」という喫茶店で軽くごはんを食べました。

カレーやハンバーグのいい匂いもしていたのですが
もう開場まで30分を切る・・・という時間だったので
サンドイッチのセットを注文しました。
3種類ありましたが、私はハム野菜サンドを。
それにホットコーヒー付で735円でした。

このサンドイッチ、とっても美味しかったです!
私は実は生のトマトが苦手なのですが
野菜サンドもいい味付けがされており
美味しい~~~!と、
ペロっと食べてしまいました(笑)。

コーヒーもいい香りで本格的な美味しさ。
最近多い気がする、苦いだけで味は薄い、
というコーヒーとは一線を画しています。
喫茶店のコーヒーはこうでなきゃ!
コーヒーから遠ざかっていましたが
久しぶりに美味しいコーヒーでした。

というわけで、いい時間を過ごしました。
県民ホールでのコンサートの前は
またこちらにお邪魔しようと思います♪
次はハンバーグかカレーか
ホットケーキが食べたい(笑)。

そうそう、休憩時間には
お約束の赤ワインをいただきました☆
(昨夜はシャンペンはなし。)

あと、電車、会場内は蒸し暑く
今年お初の半そででOK!でした。
ジャケットを着て行ったけど、
中を薄での半そでにしておいて大正解。
春のお出かけは服装が難しいですね。


なにはともあれ、
素晴らしい一日をどうもありがとう!

(快く送り出してくれて
さらにお迎えにも来てくれた
もーりーにも感謝感謝。)


 

2011年4月26日火曜日

アザレアとコーヒーオベーション

水やりしていたら
またいろいろ咲いているのをみつけたので
本日2度目の投稿です。

アザレアが咲きました♪

これ、なぜかハンギングに植えています(笑)。
いつも植え替えてあげようと思いつつ、
ちゃんと毎年花を咲かせてくれるので
ついついこのままになっています。

北側の玄関横の窓際に置いていますが、
一緒に植えているバコパも
毎年ちゃんと咲いてくれます。


写真を撮りながら、
花の形はいつもちゃんと同じだなぁ・・・
などと思ったり。

去年の写真はありませんが、
描いた絵があるので
ご興味あるかたはこちらをどうぞご覧下さい。

(絵の記事は
携帯写真からなので
ちょっとぼやけていますが・・・。)

さて、この春一番のバラの開花は
やっぱりコーヒーオベーションでした♪

今朝とうとう咲きました!

一年中咲いているグリーンローズをのぞき、
この春の一番手、というわけです。
このミニバラも4年目を迎えました。

最後は西洋紫陽花。
まだ咲きませんけれど、
かなり大きく生長中。

あまりに大きくなったので
場所を窓際から塀の方へ移動しました。
またうっかり折るといけないので・・・。

白い花をつけるクリスタルホワイトという種類。
さっき花芽を数えてみたら、
今年は去年の倍の8つ以上は咲きそう。

先日折れてしまった枝も
花瓶の中で蕾をつけ始めましたよ♪
上手く咲くといいな~と思います。



 

ゴッホとピカソとチューリップ

おはようございます。

土曜日の強い風と雨で
すっかりチューリップは散ってしまいました。

健在のものも横倒しになり
花も開いてきてしまったので
思い切って切花にしました。

プランターに残っているのは
あと2輪のみ。

花を育てていると、
そのまま咲いている姿もいいものですが
こうやって咲き終わりの頃に
切花として楽しむのもまたよいものだ、
と思います。

絶対に切花は嫌だ、
という方もいらっしゃるけれど
切ってあげることは
必ずしも悪いことではないのだと
自分で育てるようになってから分かりました。

(植物園などで見かける
枯れていく様=植物の一生
のようなサイクルの観察も
とても面白いものだなとも思いますが・・・。
見たことない姿が見られるし。)

弱っているものも
切ってあげることで復活するものも多いし
夏場は刈り込みの必要なものもあります。

そうやって切ったものを
花瓶や器に活けて楽しみます。

自前で何度もお花が楽しめるのは
育てている者が植物からもらえる
とてもステキなプレゼントだという気がしています。

ピカソのサルダーナのポスターと、
ゴッホの自画像の前に
3色のチューリップを飾りました。

花の終ったチューリップは
しばらく葉をそのままにしておき
来年のために球根を堀り上げる予定です。

今年もたくさんの花を楽しませてくれて
本当にどうもありがとう!



 

2011年4月25日月曜日

ベーコン作りに初挑戦

な、なんですか、この写真は・・・。何が物干しにぶら下がっているんでしょうか。これはベーコン作りのために、ざるの中でベーコン用のお肉を干しているところなんです。
 
ベーコンの作り方は、ネット検索でいろいろな方法を調べてみて、わが家でも出来そうなものをより集めてやってみました。試作、、、という感じのまさに初挑戦!なので、今回の詳しい分量や作り方は書きません。大雑把に流れだけ。

3週間ばかり塩・砂糖・ハーブなどに漬け込んだバラ肉を、軽く塩抜きしてから、写真のような状態で外気にあてて干しているところです。どうやって肉を干そうかな~と考えて、ざる2つと手持ちのニットの袋で簡易干し器を作りました。これを使って、よく晴れた日曜の午後に2~3時間干しました。その間はいつもの買出しにお出かけです。

夜になってから燻製の開始。軽く干したお肉は表面があめ色になっていました。スパイスやハーブで漬け込んでおいたので、このままでもほんのりといい香り。生臭みは全然ありません。

燻製に使用したのはイシガキ産業さんの多用鍋というものです。鍋の内側に2段階に網をセットできるようになっています。小さいものなら網2段でいっぺんに燻製ができるようですが、今回はお肉の厚みがあったので下段だけ使って燻製にしました。なべ底にアルミホイルを敷いてから桜チップを入れます。

上からしっかりとフタをして、中火で煙が立つまでいぶし、それから弱火で肉に火が通るまで加熱します。鍋は鉄製の鋳物なのでフタもかなり重く、煙は全然もれません。ちなみにこの多用鍋は、フタもひっくり返すとステーキなどを焼くのに使える波々フライパンになります。

この鍋は2月にホームセンターで見て気になり、ネットで価格などを調べて一番安かったところで購入しました。はじめにホームセンターで見た価格は3500円くらいでした。だいぶ重いのと、使い終わった後で油を塗ったりする手入れは必要ですが、わが家では大変気に入って使っています。セラミックボールというものも付属でついていました。(それはあまり使っていません。もっぱら蒸し器としてと、この燻製が私達のお目当てです。)

さて、こちらがベーコンの出来上がりです。途中何度か蓋を開けて様子を見ました。お肉の向きも転がして変えてみたり・・・。いぶした時間はだいたい1時間半くらいかな?500gのお肉を使いました。

油がだいぶ下に落ち、出来上がったベーコンはひとまわり小さくなっていました。縦半分に切ると、いつも買っている塊ベーコンの、ちょうど2倍くらいの量でした。最初にカットしてから火にかけたほうが、もっと短時間で出来たかもしれません。燻製し終わったベーコンは、アルミホイルとラップに包み、冷蔵庫で一晩置きました。

翌朝、冷蔵庫からベーコンを出して見てみると、肉汁と脂が混ざりあって白くなったものが、ベーコンの周りを覆っていました。それも丁寧にバターナイフでこそげてから、小さい容器に入れてラードとして保存します。量はほんの少しですが、「焼きそばに使いたい」ともーりーからの提案が。あ、それ、いいかも。

出来上がったベーコンをスライスしてフライパンで焼き、朝食に食べてみました。香りも塩気もちょうどよく、とても美味しいです!出た脂もなんだかもったいなくて、そのままオムレツを焼くのに使用しました。これまた好い香りで、とても美味しかったです。

このベーコンでカルボナーラを作りたい私たち。どんな味になるかワクワクします。初挑戦は、ひとまず大成功でした。


 

2011年4月24日日曜日

茶色のおかずばっかり・・・

ぶり大根はもーりーが大好きなので
わが家ではわりとよく作るおかずです。

お魚売り場でアラが安かったので
金曜日の夜にも作りました。

前回切り身を使って作ったら
脂分が足りない感じの
ややパサっとした出来になってしまったので
やはりアラの方がいいのかな~と・・・。
いつもより生姜の量をやや多めにして
灰汁すくいもしっかりと。

写真は日曜日に食べた分です。
多めに作って数日に渡って食べました(笑)。

ル・クルーゼで作り
毎日火を入れなおしていたので
3日目の煮物は
ブリも大根もとろとろのぽろぽろ~。

目玉部分はもーりーさんに食べてもらいました。
コラーゲンと言われても・・・
私はちょっと遠慮してしまった(^^;
尻尾の近くもプルプルで
こちらは私がいただきましたが
美味しかったです。

かにじゃないけれど
アラで作ったぶり大根も、
骨との格闘で「無言」(笑)。

ゆっくり食べるからか、
少量でもお腹がいっぱいになります。

あと一緒に食べたのはこちら。

舞茸と豆腐のにんにくバター醤油焼き。
にんにく醤油、瓶に作り置いておくと便利。
匂いはにんにくを丸ごと使うよりはマイルドかも。

それにしても・・・
茶色のおかずばかりになってしまいました。
これに納豆も!
そして飲み物まで麦茶!
とこれでもか!と茶色です~。。。

彩り悪~~~(苦笑)。

青物野菜は昼に食べたので、、、
まぁ、良しとしましょう。



 

2011年4月23日土曜日

車いす修理&物資仕分けボランティア活動

 4月23日(土)の午後、神奈川工科大学で行なわれた、車いす修理&支援物資仕分けボランティア活動に参加してきました。

 同大学でお友達が働いており、そのお友達から連絡をもらい、今回は受付のお手伝いをさせていただきました。12:30から受付が開始されましたが、あっという間に大勢の方が集まり、作業自体も予定時間を大幅に短縮する形で終了。活動後の報告によると、かなりの雨が降る中、物資提供のみの参加という方も合わせ、90名ほどの方が参加したということでした。

 運営の中心になったのは、大学内のKWRというグループ。KWRというのは神奈川工科大学のK、車いす(Wheel Chair)のW、修理を意味するRepairのRからとった名前だとのことで、今までも国内で使用済みになった車いすを回収・修理し、必要とする国内・海外の方へと届ける活動をしているとのこと。日本では年間3万台もの使用済み車いすが、ゴミとして廃棄されているという話を聞きとても驚きました。

 今回はそんな使用済みとなった車いすを、50台修理しました。ずらりと並んだ50台もの車いすを見たのは初めてでしたが、その車いす50台が大勢の人々の力で、あっという間に修理されていく様子にも圧倒されました。ノーパンクタイヤへの交換という作業をしていたようですが、「パンクしないタイヤ」というのを見たのも初めてで、それも興味深かったです。(片付けの時に持たせてもらったら、中が空洞ではないということで、ずっしりと重かったです。)

 修理の参加者の中には、工業高校の学生さん達、普通科の高校の学生さん達(女の子達の姿もたくさん!)も見られ、作業着に着替えたりジャージに着替えたりして、チームワーク良く作業する姿は見事でした。

 50台のうちの10台は、作業時間内に点検と梱包を済ませ、宮城県栗原市の老人ホームへ向けて出発して行きました。

 支援物資の仕分け作業にもたくさんの学生さん達や、私たちのような一般の方々の参加もありました。

 事前に何度か埼玉の避難所に出向いていたメンバーの方たちが、次に車いすを届ける時に一緒に運んで行かれるような、”他に今必要なもの”を聞いてきており、避難所の方々から声の上がったバスタオルや歯磨き粉、熱冷まシート等を支援物資として呼びかけ、たくさんの品々が集まりました。

 それらを品目やサイズごとに分け、ひと目で中身が見えるように、透明プラスチックのキャスター付衣装ケースに納めていきました。

 また避難所からは、せっかく届いても仕分けされておらず、使えずにいたままになっていた衣類等をお預かりしてきており、それを手分けして仕分けし、他のものと同様に透明のキャスター付衣装ケースに納め直しました。

 皆、ひとつの作業に留まらず手が空けばまた次のことをする・・・といった形で、本当にどんどん作業が進み、みるみるうちにたくさんの品物がケースに納められていきました。私も途中から仕分けを手伝い、女子学生さんに指示をいただき、女性用下着の仕分けなどをしました。こちらはもちろん外から丸見えにならないように、それぞれサイズを外側に書いた袋に入れて、同様のケースに納めました。

 仕分けした物資を運ぶためのこのケースは、避難所の方々の声から出たアイデアなのかな~と思いながら作業を進めていましたが、段ボール箱では水にも弱く中身も見えませんし、このようなちょっとした工夫はなかなか気付けないかもしれないけれど、実はとても大切なことだな~と思いました。

 参加・体験し、既に活動をされている方から話を聞くことで見えてくる部分も多々あり、本当に勉強になる貴重な体験・時間だったと思います。作業前の主催者さんからのあいさつには、「皆で明るく作業し、この明るさも一緒に被災地へ届けましょう!」という内容のお話もあり、その姿勢は清々しく気持ちの良いものだと共感しました。この活動を教えてくれたお友達はかつての仕事仲間で、彼女達(もうひとりも一緒に参加)と数年ぶりに一緒に身体を動かして働いたことも、個人的には単純に懐かしく楽しく嬉しいことでした。

 また身近でこのような活動の機会がありましたら、是非参加したいと思います。参加する場を用意してくださった皆さんに感謝します。ありがとうございました。


 ★神奈川工科大学の震災支援活動については【神奈川工科大学/東日本大震災被災者支援ブログ】をご覧下さい。車いす修理ボランティアの様子については同ブログ内のこちらをご覧下さい。

 

ごはんがあまったらおむすびに

おはようございます。

ごはんがあまったら・・・
ということは
毎食2合しか炊かないわが家では
本当はあまりないのですが。

新しいお米の袋を開ける前などは
米びつのそこに残ったお米が
いつも炊く量より少し多かったりしても
そのまま炊いてしまいます。

そうして、多すぎる分のごはんは
おむすびにしておきます。

おむすびは最近はすっかり
型を使うようになってしまいました。
大小あるので、ごはんの量に合わせて。

写真のおむすびは大きい型で四つ。
1合分のごはんです。
中身はたいてい梅干か、
まったく何も入れない塩むすび。

こうしてこれを
すぐには食べない場合はラップに包んで
冷蔵庫や冷凍庫に入れておきます。
朝ごはんに食べたり
小腹が空いた時などにも便利。
食べる時に好みで海苔を巻いていただきます。

計画停電の時もおむすびをよく作りました。
告知されるスケジュールを見つつ、
早め早めに準備して。
お昼や夕飯も”おむすびにおかず”
みたいな日が最初は続きました(笑)。

そうそう、今回のことで、
お米も買う店を変えました。

今まではスーパーマーケットで
5キロ入りのお米を買っていましたが、
スーパーの棚からお米がなくなってしまった時に
近所のお米屋さんがお店を開けてくれ
そこで10キロ入りを一袋譲っていただきました。

貼紙で「いついつ何時に店を開けます」
とお知らせがあったので、
もーりーと二人
開店時間に並んで(笑)。

(たくさんの人が並んでいました。)

近所なのに
それまで行ったことがありませんでしたが
買ってみるとスーパーのお米より
安くてお得だということも分かりました。
それに美味しい。

スタンプカードもいただいたので
先日もまた
そちらでお米を買いました。



 

2011年4月22日金曜日

豚の生姜焼き

おはようございます。

4月21日(木)の夕飯です。
豚の生姜焼き。

簡単にできる定番のおかずですし、
家庭によっていろんな作り方があると思います。

私はこちらの放送を見て以来
なるほど~と思い
村田吉弘さんの作り方を真似ています。
調味料の分量や入れるタイミングなどを参考に。

リンク先のものはお肉のみの作り方なのですが
でもやっぱり玉ねぎは大好きなので
わが家では玉ねぎ入りにしています。

お肉を焼く前に生姜のせん切りと一緒に炒めてよけておき
最後にもう一度フライパンに戻してあわせます。

茶色のおかずばかりになってしまいましたが、
きんぴらごぼうとお味噌汁。

お味噌汁は油揚げと三つ葉。

きんぴらごぼうを作るときのゴボウのせん切りは
大きめの斜め輪切りにしてから
それをせん切りにしています。

こうすると
やや柔らかな感じになって食べやすく
切る作業もかなり楽です。

ごはんは雑穀入りのごはんを食べました。



 

2011年4月21日木曜日

フォンデュチーズとコンキリエリガーテのグラタン

昨夜は久しぶりに
オーブンを使ったお料理を作りました。

貝殻シェイプのパスタ
コンキリエリガーテを使った
トマトソースとほうれん草のグラタン。

こんな感じの手順で。

チーズは冬に使い損ねてしまった
レトルトパックのフォンデュ用です。
湯煎で温めてから
まんべんなくかけて使いました。

焦げ目がつきやすくなるように
その上からパン粉を少々。

焼きあがったものを
好きなだけお皿に取り分けて
いただきました。

フォンデュチーズで作ったら
ワインがきいていて
いつものグラタンとは
また違った美味しさ。

チーズの感じもちょっと違ってて
グラタンというより
マカロニチーズっぽくなったかな?

二人では食べきれず
残りは翌日の私のお昼になりました。
って、さっき食べたばかりです(笑)。


 

2011年4月20日水曜日

チューリップを描きました

こんばんは。
書きたいだけ、書くことにします(笑)。

花が開ききって
頭が重くたれてしまったチューリップを
刈り取って花瓶に活けました。

オレンジかがった赤いチューリップを
真っ赤な陶器のピッチャーに。

それを鉛筆で描いてみました。
相変わらずコピー用紙に描いてます。


こちらは黄色いチューリップ。
陶器のコップに活けました。

上のと同じ構図。


ついでに・・・
絵の具でも描いてみました。

ホームセンターで買った
ペンてるの絵の具(マット水彩)12色。
450円くらいでした。

2番めの鉛筆画の下に描かれているチューリップを
正面からアップで描いてみました。

なんでこんな色にしちゃったんだろう?って(笑)、
途中で破って捨てようと何度も思ったけど、
試行錯誤してなんとか
「これでいいか~^^;」ってところに着地。

色のセンスどうにかならんかね・・・
と思いますが(苦笑)
久しぶりにしては、
まぁまぁOKってことで。。。

もーりーに見せたら
じーっと見た後にひと言、
「そのうち上手くなるよ」
だって・・・。

うぅー。

時間に余裕があるときには
また描きたいと思います。



 

若竹煮と崎陽軒のシュウマイ

 前回筍を買ったときにもーりーからリクエストされていた若竹煮。前回の筍は小さかったので筍ごはんにしましたが、先日これならOKという大きさの福岡産の筍をみつけました。もちろんブランド筍などではございませんが、下茹でしてから出汁であっさりと煮た筍は、とってもとっても美味しく、もーりーにも喜んでもらえました。

 皮付きのまま買った筍は、今回もまた糠は使わず、乾燥させた赤唐辛子と米粒で下茹でをしました。これで充分に灰汁はぬけるみたいです。(もともと灰汁が少ないのかな?)

 写真の奥に写っているのはほうれん草のお浸し。ほうれん草はお友達が作ったものです。50株も収穫できたそうで、数株を茹ででから持ってきてくれました。お友達のご主人の実家は、私たちが先日桜を見に行ったところの近く。そこでいろんな野菜を作っているのだそうです。これぞ地元野菜♪今までにも時々野菜をいただいたことがありますが、今回も、茹でてあってもなお土の香りがあって、なんともいえない美味しさでした!「茹でてあるけど、売っているものより灰汁が強いかもしれません。」とおっしゃっていましたが、全然気になりませんでした。とても美味しかったです。どうもありがとう!

 この2週間に数回彼女に会い、200円でコーヒーの飲めるようなところで午前中の2時間ばかり、棒針をつかった編み物の初歩の初歩、のやり方を教えてあげていました。私も初歩の初歩しかできないんですけどね^^;普段はかぎ針編みをしていたというだけあって、あっという間にできるようになりました。追い越されるのは時間の問題だ(笑)。

 さて、福岡の筍と一緒に食べたのは、横浜のシュウマイでございます。買い物に行ったら、崎陽軒のシュウマイが妙に食べたくなってしまいました。これ、自分にとってはけっこう、子供の頃から食べている懐かしい味のひとつなんです。昔は横浜土産って感じで、それこそ時々食べるってものだったけれど、今ではスーパーマーケットでも見かけます。(考えてみたら、お土産やお弁当以外で、自分で買ったのってはじめてかも・・・!実家の母はよく買ってきます。)

 ひょうたん型のお醤油差しとかお手拭はついておらず、粉末の水溶き辛子がついておりました。温めるのも、電子レンジでも蒸し器でもOKだけど、封を切らずにお湯でぐつぐつでもOKと便利。お湯でぐつぐつにしました。

 手作りシュウマイの方が美味しいとは思うのだけど(失礼!)、この箱を見るとついつい食べたくなるんです。それが神奈川っ子ってなもんじゃん?なんつって。別にそんなことない。無理やり言ってみました(笑)。まぁ、ともかく、懐かしさを感じる美味しさなのですよ。(現役なのに懐かしがってばっかりってのもなんだけど。。。)

 そして、これ見ると、中華街には行きたくなります。近くまでけっこう何度も行っているのに、この数年立ち寄っていません。行きたいぞー。今月も横浜に行く用事あるんだけど、中華街でひとりご飯はイマイチ嫌だなぁ・・・。観光っぽいウキウキの隣でひとりご飯は嫌だなぁ(笑)。

 食べながら、「グリーンピースって中にうまってるんだっけ?」ともーりー。「ん?子供の頃は上にのってたよ。宿敵みたいにいちいちのけて食べてたけど(笑)。」と私。今はグリーンピース大好き。あのきれいな緑色、上にのってたほうが見た目もいいのになぁと思います。いつ頃から、なんで中に埋めたんだろう?

 懐かしく、美味しくいただきました♪


 

2011年4月19日火曜日

初鰹

おはようございます。

週末のニュースで
高知の初鰹のことを見て
食べたいな~と思っていたところに
日曜日の買出しでタタキをみつけました♪

ニュースで見たものは
釣ったばかりの鰹を丸ごとどどん!でしたが、
私の買い求めたものは
スライスまでしてくれてあるものです。

わが家で鰹を喜んで食べるのは私だけ。
(つまり、もーりーはあまり好まない。)

それで毎年、食べたいと思いつつ
食べなかったなぁ~ということも多いのだけれど、
この日は「別々のおかずを食べる!」
というのを決行して(笑)
美味しい初鰹をいただくことができました♪

もーりーはアジフライを食べました。
(鰹も少し食べていたけど。)

せっかくのタタキだったのに
生姜を切らしていて、しかも買い忘れ。
なので、わさびとポン酢醤油で食べました。
それでも満足。

食べた鰹は宮崎県のもの。
とても美味しかったです。

シソもきゅうりも食べるのは今年初かな。
きゅうりが美味しいと
感じる季節になってきましたね~。

食べながら、
葱だの茗荷だのも欲しくなりました(笑)。

薬味もこれからの季節の楽しみです。


 

2011年4月18日月曜日

チューリップが咲きました②

4月10日に
「チューリップが咲きました」
という記事を書いたのですが、
その後もいろんな色の花が咲きましたので
また写真を載せてみます。

やっぱりひとつの花に2色ではなく
単色で赤と紫のものが咲きました。
微妙に種類も違うのかも。

紫のものは花弁がちょっと尖っているような。

こちらは黄色いチューリップの鉢。
これはまた自由奔放です(笑)。

花の上には、同じくオレンジ~黄色に変化する
つるバラを這わせております。
時期が重なったら綺麗そうなんだけれど
無理かな~。
先にチューリップが終ってしまうかな。
こんなバラです。

こちらは
上の黄色のチューリップの鉢植えの
数日後の写真。

オレンジ色のものが咲きました♪

後ろの寝癖頭くんみたいな黄色と
なんだか兄妹みたいでかわいいな~(笑)。

こんなにぐわーんと開いちゃってるのに
陽が落ち気温の下がる夕方や夜には
静かに花を閉じております。

ピンクを集めた鉢も開花♪

ひょろひょろ~っと背ばかり高くなって
なかなか蕾ができないな~と思っていたのですが
午前中に陽のあたる場所へ移動したら
すぐに蕾が膨らみ花が咲きました。

日の光ってやっぱり必要なんですね。
コンクリートのベランダなので
すごくお天気の良い日でも
光量の足りない位置があるみたいです。

上のピンクの鉢の数日後がこちら。

「桃色」ってことばがぴったりって感じの
かわいらしい花が咲きました。

こちらはピンクのチューリップの上に這わせている
ピンクの花をつけるつるバラの蕾。
今年はたくさん咲きそうですよ~!
楽しみ~~~。

こんなバラでございます。

こちらは
誤ってポキっとおってしまった紫陽花。

ごめんよ~・・・ということで
復活するかしら?と水に差しています。

紫陽花も日に日に大きくなって
今年はどのくらい花が咲くかこれも楽しみ。

こんなところに折りたたみの
洗濯用物干しを出しているので
ポキっということになってしまうんですよね・・・(^^;

手前の黄色い花をつけてるナスタチュームの、
その後ろのが紫陽花です。

もうそろそろ、
一日おきの水やりではNGの季節。
こうなるとしばらくは
旅行になどはいけません。

一日二回の季節はすぐそこですね。。。



 

2011年4月17日日曜日

幸せの丘のケーキ

3月15日(金)の夕方の出来事。

残業調整でいつもよりは
早めに帰ってきたもーりー。

私も昼間でかけていたので
「ごはんまだなんも用意してないよ~」
と言ったからか、
片手になにか下げて帰ってきました。

なんと!これは!
幸せの丘のケーキじゃぁございませんか♡

帰りに寄って来てくれたようです。
なので、珍しくも夕方に一緒におやつタイム。
苺のケーキをいただきました♪
美味しい。

「これは僕の。」

と、しっかりベークドチーズケーキも。

そしてもうひとつ。

こちらはエスプレッソ・ティラミス
という名前のケーキ。
「陶器の入れ物に入っていて、
豪華でお得そうだったから。」ともーりー。

見た目はティラミスっぽくないけれど、
器の中は濃厚な味わい。
とても美味しかったです。

これは翌日16日(土)の夜にひとりで。

ハイ、なんのことはない、
土曜日に自分は飲み会があるってことで
私にはケーキを買ってきてくれたようです(笑)。

会社の九州人の集まり飲み会だとかで、
かなり久しぶりのことだし
楽しみにしていたみたいです。

まぁ、理由はなんであれ嬉しいわぁ~☆

編み物の合間にいただきました。
ご馳走様でした♪

もーりー、ありがとう!


 

2011年4月16日土曜日

実際にはありえないガレージ風景

バカ話いきま~す♪

自宅でのんびりの休日。
私は編み物。
隣ではもーりーがGT5中。

私はゲームしないし
中身もさっぱり分かんないけど
それでも隣で見てると
なかなか面白いもんだな、とか思います。

ライセンス取ったり
レースで賞金稼いだり、車もらったり
貯めたお金で中古車や新車買ったり
持ってる車になにか足したり
洗車までしてる(笑)。

チャリーン♪

と音がすると、
あ、今、何か買ったな?
と分かるわけです(笑)。

ガレージの中覗いてみると・・・
なんと車が21台!
「貰ってまだ換えてないのが、あと7台あるよ。」
だって・・・。

そんでもって
現在の所持金2億5千万!

ゲームですよ、ゲーム。

って、分かっちゃいるけど(笑)。
それにしてもまぁ、
すごい世界ですわね~。

ガレージの車、
リストアップしてみます~☆

(順番に意味なし、適当です。)

★日産 マーチ
(これから始めた)
日産 mm-Rカップカー
日産 GT-R
日産 スカイライン2000GT-R

(ケンメリ・・・ともーりーが呼んでいた)
★日産 フェアレディZ33
★ランボルギーニ ガヤルド
★フェラーリ 430
★メガーヌ ルノースポール
スバル 360

(てんとう虫♪)
ブガッティ ベイロン 
(こんなんまで貰えるらしい)
★ランチャー デルタ・インテグラーレ
トヨタ セリカ ラリーカー
アルファロメオ ジュリア
ダッチ チャレンジャー
VW キューベルワーゲン
三菱 スタリオン
チゼータ V16T
ホンダ S2000
アキュラ DNXコンセプト
童夢 零コンセプト
ビューイック スペシャル62


★印は買ったもの。
それ以外はレースでいただいたもの、
だそうです。

(ちなみにこうやって書いてて、
分かってる車、
ワタクシほとんどありませんです。)

ゲームですよ、ゲーム(笑)。

「ランボルギーニのミウラ買って」
と言ったら
「高いから、無理!」
だって。

ゲーム内で15億するそうです。
買えてる人もいるのでしょうね~。
スゲッ!

あ、そうそう、売ることもできるそうです。
何台売ったの?と聞いてみたけど
「もう分からん」とのこと。
貰ってもいらないのとかは、売るんだそうです。
(売りたくても売れないのもあるらしいけど。)

そんでもってもーりーさんは、
ステアリング型のコントローラーが
欲しいそうです。

(誕生日プレゼント候補?
まだ9ヶ月以上先ですが・・・。)

ゲーム中の姿はこんな感じ?!

 

2011年4月15日金曜日

月明かりに思うこと

あまりクラシックには詳しくはないのですが、それでも好きな曲というのはいくつかあります。中には曲名なども知らないまま、というものもあるくらいの無知ですが・・・(苦笑)というわけで、今回のは「そんな輩のたわごと」と思いながら、お読みいただければ幸いです。

さて、その数少ない好きな曲のことがあるところで話題にのぼっており、「同じひとつのもの(こと)」に対する見方や感想というものは、やっぱり人それぞれだなぁ~と興味深く思いました。

ベートーベンの月光。この曲、私は大好きなのですが、今までこれを「暗い」と思ったことがなかったんです(笑)。純粋にとても美しい曲だと思っていただけで。でも今回、これを葬送行進曲のように感じる人もいるのだと知り、なるほど~と思いました。そうかも、言われてみれば(笑)。たしかに明るく爽やかな曲ではないわな~。。。暗いと言われれば、暗いかも。でも、これを聴いて、いっぺんでも「暗い」とか「苦悩」とか、感じたことはないんですよね~、正直なところ。どちらかというと、私は、はっきりとこれに光を感じるんですよね、、、。作曲者の本当の意図さえ置いておいちゃって、月明かりのイメージにぴったり、とか思っちゃうわけです。たとえ大多数の人がそうでなくても、ほんの少しでも、同じ感じを持つ人がいらっしゃるのではないかな~と期待しております。

さて、人はいろいろな感じ方を持つものなんだ、と改めて気付いたので、これを肴に、しなくても良いのにまた、私もいろいろ考えてみました。(無駄に掘り下げるのも好きなもんで・・・。)

----------------------------------

お月様がブームになって久しいですが、太陽と月とどちらにシンパシーを感じるかと問われれば、それはその時の自分の状態によるかも知れない、、、というのが正直なところです。両方とも大好きだけれども、より太陽に親しみを感じる自分の時もあれば、月に心を奪われる時もある、といったところでしょうか。そしてその中でさえ、いろいろな姿を見せる太陽や月があるわけです。

私自身は日ごろ意識的に、キラキラと輝くものに目を向けて生きたいな~と思っているつもりなんですけれども。そして、一瞬の曇りもない、明るく済んだ空気の中から生まれる「無垢なもの」・・・というものの美しさも当然あるかも・・・とも思うけれど。

でも、ひょっとしたら、芸術・詩・音楽・絵画・文学etcというものは、苦しみや悩みを別の形に昇華させ、明るさや光のもとへと変化させた結晶のようなものなのかな・・・とも思います。そしてそういったものは、決して、ドロドロとした暗さを引きずったままのものではなく、それとはまったく別の、清らかな美しさと静寂をたたえて、見る人、聞く人、読む人、感じる人を、深い闇から引き上げる力を持つのではないかな?と思います。

苦痛、悩み、迷い、などを、まったく別の形で表現できた時にこそ、私たちはそこから真に解放されるのかもしれない。

寄り添うものの欲しい時、あるいはそうではなくて、解放してくれるもの(放って置いてくれるもの)の欲しい時、など、人の気持ちは常に同じではなく、その時々で様々に変わります。

ある時は心の闇の奥深くまで潜りこみ、底にたたずみ、膝を抱えて座り続けたり身を横たえたりしたいかもしれない。傷口から、もうこれ以上流れるものなど何もない、というところまで、血を流し続けたい(もちろん比喩として・・・)時もあるかもしれない。そんな時は、ただ黙って、傍らに寄り添ってくれるものの存在を感じながら、息をひそめて耳を澄まし、いつの間にか眠ることができたら幸せです。そんな時の音は、いったいどこから聞こえてくるだろう・・・。そんな時の音は、他の誰にも聞こえないものなのかもしれません。どんな旋律を奏でようと、それは甘美に響くはず。

だけれども、そんな時間がどんなに長く長く続いていると自分で感じたとしても、次の瞬間に、私達は自分がそうしたいと望むいつからでも、闇の中に光の糸を見つけることが出来る・・・。方法はただひとつ、ただそれを「見たい」と望むだけ。そう思えた瞬間に、心という場面は180度別の展開を始めます。

BGMはあっという間に変わり、空に鐘とラッパの音が響き渡り、町を歩く人々の衣服は華やぎ、壁にかかる絵も変わるかもしれません。テレビの中のモノクロの古い映画は、いつの間にかフルカラーにチェンジしているかも。たとえ同じタイトルを持っていたとしても。

そうなったら、もうベートーベンの月光の照らす月明かりは、私の元には届かなくなってしまうかもしれません。でも、それでもいいんです。なくなったわけではありません。昼間の太陽のもとだって、実は月はそばにいる。その両方の見える時間帯を長く歩くこともあることでしょう。ゆっくりと場面が変わる場合だって、きっとあるかもしれません。変わったことに、ずっと後になるまで気がつかないような、そんなゆっくりとしたスピードの時だってきっとあるかもしれません。

たくさんの長い時が流れたと感じるか、いっさいの時が止まっていたと感じるかは、その人それぞれの感じ方の違いです。闇の中で自分に寄り添ってくれていたもの(物・者)達は、古き良き友人となるでしょう。かけがえなのない大切な友達として、私たちの心の宝箱に納まり、静かな眠りに入ります。出番の済んだもの達の、休憩時間に入るわけです。それは私達が次に呼び起こすまでは、同じ姿で現れることはありません。これからも偶然に、何度か目や耳にすることはあるかもしれませんが、そんな時は常に新しい姿でやってくることでしょう。

その時々で必要なもの(欲するもの・そばにいて欲しいもの)は変わっていきます。耳に届く音、目にする色、感じる香り、身体に浴びる光・・・すべてが一変する。そうして舞台の場面は変わっていきます。

場面の変わるたびに、好きなものは増え続けることでしょう。宝物は増えていきます。変化の中で、かつて大切にしていたものの中には、記憶の彼方に忘れ去られたように見えるものもでてくるかもしれません。でも、それでいいんです。自分が忘れてしまっても、今一番に抱きしめているものではなくなったとしても、それはかつての自分に寄り添ってくれた大切なものだということに変わりはありません。そしてそれは、ただそこにあるだけです。今までも、これからもずっと。新しいものとの出会いを、妨げたりはしないのです。

「やぁ、元気?久しぶりだね。今どうしているの?変わっても変わらなくても、ずっとずっと大好きだよ。」

----------------------------------





さて、私の中でベートーベンの月光とは切っても切り離せない「感動」があります。本番の映像ではありませんが、光をみつけた瞬間のようなものをネット上で見つけることが出来ました。フィギュアスケートの村主章枝さんの映像です。テレビなので解説が入ってしまっていますが、今見ても心を動かされますね!

読んでくださってありがとうございます。何が言いたいんだ、なんて突っ込まないでくださいませね。ただただ心に浮かんだことを、つれづれなるままに、綴っただけなので・・・。

ちなみに今日の文章は、日記の中から出てきたものです。インスピレーションを下さった方々に感謝します☆
 

2011年4月14日木曜日

大根とがんもの炊き合わせ

おはようございます。

こちらは4月12日(火)の夕飯です。

やさしい味の煮物が食べたくなり
大根とひと口がんもを炊き合わせました。

だしと薄口醤油で軽く味付けしてあるので
そのままでも美味しくいただけますが、
大根に酢味噌をつけて食べると
爽やかな美味しさになります♪

そしてもう一品。

こちらは納豆と挽肉を炒め合わせたもの。
最初に作ったのはこちらですが、
これがなかなか
美味しくてクセになります。

納豆は品薄になっていたときに
今まで食べていたものと違うものを
もーりーが「見つけたよ~」と買ってきたもの。

まったく贅沢な話ですが
正直なことを申しますと、
どうも、そのままご飯と食べるには
ちょっとイマイチ・・・だったんです。

なので、お料理に使おう!
ということになりました。

納豆は包丁でたたいて
ひき割り状にし、
今回は豚挽き肉と青葱を一緒に
炒め合わせました。

味付けは
にんにくを浸けておいたお醤油と
ごま油、お砂糖などで。
焦げるのに注意しつつ
やや濃い目に味付けしました。

レタスなどで巻いて食べても
ご飯にのっけて食べても
とても美味しいです。

ただし、調理中は
けっこうなニオイになりますので
覚悟してくださいね~!

+++++++++

上半期は出張・残業なし!
というもーりー。
(会社からのお達し。)

昨夜は驚くほど早く帰って来ました。

なので、久しぶりに、
缶ビールを空けました。

(実はこれ、
3月あたまに買っておいて
飲んでいなかったもの。)

ソフトバンクの開幕戦を見つつ
の、晩酌です。


 

2011年4月13日水曜日

レンジで作るチーズケーキ

結婚記念日は
皆さんどのように過ごすのでしょうか?

わが家はとくに
決めごとやイベントなどはないのですが
今まではどこかに出かけたり
ちょっとしたプレゼントをしたりとまちまち。

引越しに重なった時は
”私は”すっかり忘れてしまっていた・・・!
という年もありました。
(もーりーは覚えてくれていました。
ありがたいです。。。)

今年も”私は”あやうく忘れてしまうところ
・・・だったのですが(苦笑)、

ハッと思い出し
もーりーの好きなチーズケーキでも
作ってみようかなと思いつきました。

そこで買い物の時に
製菓材料コーナーをのぞいてみると
面白いものを見つけました。

森永さんのレンジアップケーキミックス。

これなら卵も1個でいいし
牛乳もチョッピリでOKだし
時間も手間もほんの少しで簡単♪

チーズケーキって
すごくいろんなタイプがあるけれど
もーりーの好みは焼くタイプで
しかもふわふわのもの。

これなら好みのものに合いそうです。

で、出来上がったのが2枚の写真。
蒸しパン風でもあるけれど
ふわふわでとっても美味しい♪

クリームとかベリーとか添えてもいいかも
と思ったけれど
「そのままがいい」と言うので
そっけないけどそのまんまです(笑)。

型から出すのも
ひっくり返すだけと簡単です。

小さいお子さんの
キッチンデビューにも良さそう。
そのくらい簡単にできます。


*今年の結婚記念日の
食事はこちら
おでかけはこちら