2011年5月31日火曜日

紫陽花のブーケ

神奈川県も梅雨入りしました。

これはそのほんの少し前、
5月26日(木)に、
久しぶりにお友達に会った時に
持って行った紫陽花のブーケです。

ベランダの紫陽花を長めにカットして
下の方の葉っぱは落とし、
こんな風に5本束ねてみました。

白~青に変化するタイプの西洋紫陽花で
クリスタルホワイトという名前なのですが
咲き始めはグリーンです。

今までどうだったかな?
と、ちょっと不思議に感じる今日この頃。
少しずつ白くなってきた気もしますが、
今年はどうなるかな?



 

2011年5月30日月曜日

穴子丼と新たまねぎのサラダ

5月22日(日)の夕飯です。

いつも週末にはたいてい
もーりーと一緒に食材の買い出しに出かけます。
「何が食べたい?」と聞いても
「見てから考える」というのがお決まりの応え。

この日お魚売り場には
国産(鹿児島)うなぎ(蒲焼)がイチオシ!
しかし値段はひと串千円・・・。
二人分で2千円・・・。
うーん、美味しそうだけれど、ちと高い。

と、売り場を離れようとしたところに
「穴子なら1パック380円みたいだよ」と。

おぉ~!!いいのみっけ♪
しかも穴子なら1パックで二人分OK!

「うなぎと穴子って価格差5倍だね」
「穴子でぜんぜん、いいし」
「うなぎよりあっさりしているのもいいかも」
「でもこれじゃ真夏に盛は出ないのかも?」
(本当のところは知りません・・・。)

エトセトラ・エトセトラ

なにはともあれ、
とっても美味しくただきました(笑)。

穴子は三陸沖と書かれていましたよ~。

さて、と。

一緒に食べたのは
新たまねぎのサラダです。

薄めにスライスして水にさらして
かいわれ大根やシソと一緒に
ドレッシングで和えたもの。

ドレッシングは
GABANのレモンドレッシングと
市販のめんつゆ(濃縮タイプ)を同量混ぜ、
香り付け程度のごま油を加えて作りました。

分量は玉ねぎ半分に対して
大さじ1大さじ1小さじ半分。
レモンドレッシングの角がとれ、
まろやかな美味しさになります。

めんつゆって使い勝手がいいなぁ!
そうめんのために買ったけど
この1週間で煮物二回(写真・記事なし)
ドレッシングにも数回と
早くも使い切りそうです。

ちなみに煮物はカレイの煮付けと、
牛こまとゴボウの煮物を。

両方ともめんつゆで作りましたが
手軽に出来て
とっても美味しかったです。
味の染み込み具合も良かったです。

使ったのはキッコーマンさんの「本つゆ」です。


 

2011年5月29日日曜日

折りたたみ傘

折り畳み傘を新調しました。

買ったのは写真左のピンクの花柄のもの。
軽量薄型で、なんと値段も素敵にチープな500円!
(Water Frontのポケフラットというシリーズです。)

ディスカウント価格ではないみたいです。
たぶん定価で500円。
折りたたみ傘も安くなりましたね~。

写真右のグリーンのものは
もうかなり昔に買ったもので
当時1500円くらいだったと思います。
同じシリーズを今回見たら1800円でした。
(totesのもの。)

ファッション雑貨的お店で
晴雨両用の折り畳み傘も色々見たのですが、
それらは可愛くデコレーションされていて
どれも上を見たらキリのないお値段でした。
(5千円以上一万円未満が主流?!)
それに日傘はささないので・・・。

で、1900円位でもいいかな~と思ったところへ
旅グッズ専門店へ行ったらワンコインのを発見☆
実はグリーンのも同じ旅道具屋で買ったのです。
思い出して行ってみて大正解!

グリーンのもまだまだ
させないって事もないのですが、
Super GT見に行った時に
ちょっと穴が開いてしまった・・・。

ま、言わなきゃ分かんないよ、
っていう程度なのですが、
グリーンのは色も派手だったし
もう一本持っててもいいかな~と。

最初は無地の地味な色を見ていたのですが、
何を血迷ったのか「可愛い~」とハマってしまい^^;
結局こんなんになりました(笑)。
ラブリーでしょう?

ところで
折りたたみ傘も500円というお値段なら、
いろいろ揃えたくなってしまいますね。
気分とその日のファッションで選んだりして♪
考えただけでも楽しい☆

重さを量ってみると、
ピンクの花柄は157g
グリーンのは187gでした。
見た目は大きくなりましたが、
軽量化に成功です!

Water Frontのサイトはこちらです☆

totesのサイトはたぶんこちら

両方の傘を購入したお店のサイトは
こちら(J's旅道具)です☆


2011年5月28日土曜日

鉄鍋でパンを焼く(試作)

とっても気に入って使っている
イシガキ産業さんの多用鍋は、
鉄の鋳物鍋で
ちょっとダッチオーブン的な感じです。

取説兼レシピ集がついており
燻製やセラミックボールを使った石焼いもは
本当に美味しくできて大成功でした。

その他にも普通の鍋料理ももちろん
茶碗蒸しやステーキ、
パン焼きなどができるとのこと。

そこで、パンを焼いてみましたよ。

第一発酵のみをいつものオーブンでやり、
第二発酵と焼成を多用鍋で。

しかし、膨らみ・焼色とも不十分・・・。

一番弱火でやっても
下ばかり焦げちゃうので
裏返してご覧とおり(笑)。

おやきの皮だけ、
みたいになっちゃった(笑)。

それでも中は一応、
発酵不十分かなと思いきや、
ふっくらと美味しく出来ていました。

ちょっと無発酵パン的な見た目ではありますが・・・。

こちらがその、
取説兼レシピ集のレシピ。

うーん、この写真は本当か?!
艶出し用の卵塗りの記述もないのに(笑)。

まぁ、そこは、
分かっててやらなかったんですけど、自分。
面倒なのでなくてもいいから。

とは言え、うまく予熱できたら、
こんな風に膨らむのかな?

でも、この分量で
ロールパン9個は一度には焼けませんよ、
この鍋の大きさでは。

2回に分けないとね。

二段にしたら
上のパンは蒸しパンみたくなりました(笑)
後からもう一度焼いたけど・・・イマイチ。

今度ダッチオーブンで焼くパンの本、
手に入れてこようと思います。
それから二度目の挑戦だね!

ちなみに、
イーストの量も多い気がしたけど、
イースト臭さは残らずに出来ました。


 

2011年5月27日金曜日

きのことブロッコリーのスパゲッティ

平日のお昼のひとりご飯には
スパゲッティをつくることが多いです。
週に一度は食べているかも。

というわけで、
ある日のお昼ご飯のパスタです。

きのことブロッコリーのスパゲッティ。

きのこは生椎茸とエリンギ。
これをにんにくとオリーブオイルとともに炒め、
ブロッコリーはスパゲッティとともに茹でました。
あっという間に出来上がります。

粉チーズはお好みで。

私はちょっと多めにかけてしまいました。
(大好きなもので・・・。)



2011年5月26日木曜日

ミニバラとローズゼラニウム

こちらは
たしかおととしの夏の終わりに、
花も咲き終わっていた苗を
スーパーマーケットの花売り場で
150円だかで買ったミニバラです。

昨年の春も花をつけましたが、
今年はものすごく急生長!
買ったときに比べて
3~4倍は大きくなってしまった感じ。

これ、本当にミニバラなのかな(笑)。
花は小ぶりではありますが・・・。

昨年の花の写真を見てみると、
今年は花の形も美しく整ってきたような。
少女から大人の女性へ・・・というイメージでしょうか。

蕾の数も増えたので、
これからまだまだ咲きそうで楽しみ。

このミニバラは
残念ながら名前が分かりません。

こちらはローズゼラニウム。
ぼちぼち咲き始めました。

南アフリカ原産だったと思うのですが、
私の暮らしている神奈川県辺りだと
屋外でも越冬できるみたいですね。

しかも北西に置いていますが
今年も無事に咲きました。
丈夫で手のかからないハーブだと思います。

香りも良くて
花の期間も結構長いので
今から夏の間中楽しめます♪

どんどん大きくなるので
枝が木っぽくならないうちに
思い切ってカットしつつ育てています。

カットした枝葉は
生ゴミの消臭に使っています。
切ったそのままを、
ポイと投げ入れるだけ。

ちょっとかわいそうな気にもなるけれど、
上に向かって育ちすぎると倒れるので
剪定と思って切って使っています。

コンクリートのベランダガーデンにも
蜂が遊びに来てくれました♪

今の住まいではないけれど、
4階のベランダに
カエル君が(勝手に)住み着いていた年も
あったんですよ~(笑)

引越しの時に田んぼに帰しました。

カエル君を見たい方はこちらです☆


 

2011年5月25日水曜日

ローズガーデンのあるレストラン「栗の里」

5月21日(土)の晩
ハンバーグが食べたいねという話になり
ずっと行ってみたかった
栗の里というレストランへ行きました。

本厚木駅前のお店では何度か
ランチをいただいたことがあり
「ごはんおかわり自由」というのを
もーりーがとても気に入っていて
今回も栗の里がいいな、と。

車での外出中でしたので
駅前のお店ではなく
ナビで場所を調べて、
本店さんへ行ってみることにしました。

(駅前のお店はキャプテングリルという名前です。)

到着してまず驚いたのが
なんと見事なローズガーデン!!

栗の里さんのお店の存在は
道路の看板などで知っていたのですが、
ホームページを見たことがなかったので、
まさかこんな立派なローズガーデンがあるとは
全然知りませんでした(驚)。

お店の前のかなり広い敷地に
「バラってこんなに育つの~?!」というくらい
伸びやかに立派に咲いているバラの数々。

この春はガーデニングショーや
植物園、ローズガーデンなどには
結局どこも行かなかったけれど、
思いがけずこんなに素敵なバラが見られ
とっても嬉しかったです!

運よく時期的には満開の頃。

夜でしたが
ライトアップされていて
とっても幻想的な雰囲気でした。

夜桜ならぬ、夜バラ(笑)。
初めてかも、こういうの。

昼はもっと素敵でしょうね!

土曜の晩とあって
レストランは混んでいましたが、
待ち時間もバラのおかげであっという間。

このベンチの後ろのスペースには
テーブルや椅子がいくつか並び
ビヤガーデンになっているようでした。

お店のなかの造りも
ヨーロッパを思わせる雰囲気。

たくさんのオルゴールが展示されていて
時折きれいな音を奏でるのも良かったです。

店の中央にあるレンガ造りの暖炉も気になる。
冬には薪がくべられるのでしょうか?
寒い時期にも是非来てみたくなります。

お値段もリーズナブルではないでしょうか。

私たちが頼んだのは
もーりーがハンバーグとポークソテー
私がハンバーグとチキンソテー。
(ポークとチキンは半分こしました。
写真は既に分けっこした後。)

それぞれを
サラダ、スープ、パンかライス、ドリンク付の
ディナーセットで注文。
ご飯はセルフサービスでおかわり自由。

最近食欲の落ちていたもーりーですが、
この日ばかりは3回もおかわりしていましたよ(笑)。
3回は食べすぎでは・・・?!と思いつつ、
美味しそうに食べていたので
よかった、よかった。

これだけ食べても
ひとり1600円くらいでした。

農園直営というだけあって
野菜もお肉もご飯もとっても美味しい!

お料理もちゃんと順番に持ってきてくれますし、
珈琲も紅茶もとても美味しかったです。

同じ市内のレストランなのに
ちょっとした旅行に来た気分になる
とっても素敵なレストランでした♪

バラの存在も分かったし、
5月の恒例になってしまいそう・・・☆

この週末もまだまだバラを
充分に楽しめるのではないでしょうか?



 

2011年5月24日火曜日

人生に乾杯!



5月16日(日)にDVDを借りて見たハンガリー映画の予告動画です。6月公開となっているのは、今年の6月ではありませんので悪しからず。もう公開済みの映画で、昨年4月にDVD化されました。

ハンガリー映画と言えば、自分にとって記憶に残っているのは、98年だか99年に劇場で見た「カフェ・ブダペスト」。見た後になんとも重苦しい気持ちになってしまった・・・という感覚だけ残っているのですが、この「人生に乾杯!」は正反対。テーマとなっているのは両方とも社会構造の負の部分なのですが、若者達を主人公にしたものよりも老人を主人公にした本作は痛快で笑いもあり明るく、鑑賞後も爽やかな気持ちが残ります。それにじわ~んと、心に残る感動もある。

長年連れ添った老カップルと、これから始まろうとして入り口でつまずきかけている若い二人の関係が、ストーリーの中でクロスオーバーしていく様も面白いし、老カップルの若かりし日の描写は、実際の映像の中ではほんの少しにも関わらず、見ていくうちにもう一枚の見えないスクリーンで、二人の若かりし日のおそらく激動とも呼べる日々の姿が、知らず知らずのうちに頭の中に描き出されていくのも面白い。

スクリーンに映し出される以外の時間の日々までもが”ちゃんと映し出されている”、というのは、すぐれた映画のひとつの特徴になるのではないかな~と思います。シーンのひとつひとつの後ろに、見えないたくさんの人生の時間がある。トリックや伏線といったものでなく、ただ、何気ない人生のひとこまひとこまのつながりとして。(だから、その見えない部分のストーリーは、もちろん見る人によって異なってくるわけですが・・・。)

本当に素敵な、とても好きな映画でした。また何度でも見たいです。公式サイトはこちら

ちなみにこの映画に出てくるチャイカという車、Top Gearでいじられてました(笑)。
 

2011年5月23日月曜日

イタリア製手作りノート

日記帳を新調しました。

一冊が終わり、
新しい一冊にするときは
とても楽しみです。

気に入ったものに
すぐに出会えるとは限らないので
残りが三分の一くらいになると
ぼちぼちノート探しを始めます。

これは出かけた先の本屋さんで見つけたもの。

ciakというイタリアのメーカーのもので
ハンドメイドのノートです。

しっかりとした革張りの表紙を見ると
旅行に行ったときにも
こんなノートを買って帰ってきたな~
と思い出します。

(もっとラフなノートでしたが・・・。)

紙質もすごく良くて、
便箋などに使われていそうな
厚みのあるものです。

万年筆との相性も抜群。

とても書きやすく、
裏写りは全然ありません。

書くのがとっても楽しみになるノートです。

売っていた時の様子はこんな感じ。
これで2300円くらいでした。

ノートとしてはお安くはないけれど、
毎月200円のノートを1冊
日記のために買うと思えば、
年に一度の買い物なので
決して高くはないかな~
というのが私の価値観。

日記を続けるコツの一つは

書きたくてたまらなくなるノートを用意することと、
使いたくてたまらなくなるペンを用意すること。

ただし、もったいなくて書けないって人には
この方法、全然効き目がありませんけど(笑)。

今回も素敵なノートに出会えて嬉しい!

このノートにもまた、
ワクワクすることを
たくさん書いていきたいです♪



 

2011年5月22日日曜日

トワイニングのイングリッシュブレックファースト

ずーっとダージリンティーが
一番好きだと思っていたのですが、
最近のお気に入りはこちら。

トワイニングのイングリッシュブレックファースト。

いわゆるブレンドティーですが、
すっきりとした味わいでとっても美味しい。
最初の一杯はストレートで飲んでもいいし、
最初っからミルクティーにしても申し分ないです。

しっかりしたコクはあるけれど
タンニンっぽさはそれほど強くは感じません。

ここのところ毎朝飲んでいます。

朝だけじゃなく、
お昼に飲むことも多いし。

これのおかげで、
わが家の牛乳の消費量が
確実に増えました(笑)。

トワイニングはこれだけでなく
ダージリンもアールグレイも
プリンス・オブ・ウェールズも大好きです。

ところで、
イングリッシュブレックファーストの
詰め替え用ってあるのでしょうか?

今度探してみなくっちゃ。

(調べてみたら業務用がありそう。)



 

2011年5月21日土曜日

そうめんと餃子

5月っていうのは
春じゃなくて初夏なのかな~。

こちらは5月14日(土)の夕飯です。

この日はすっごく暑い日だったので、
そうめんを食べようということになり
めんつゆと一緒に
茗荷だのシソだのの薬味も調達!

ついでに出来合いの野菜餃子も買ってきて
簡単ご飯と相成りました♪

そうそう、餃子といえばですね、
いつだったかリンガーハットさんで
餃子に柚子胡椒(+餃子のたれ)
というのを食べてからは、
すっかりその食べ方がお気に入りのわが家。

この日ももちろん
そのようにしていただきました。
美味しいよ♪


2011年5月20日金曜日

ヒューケラの花(と、ピエール・ド・ロンサールその2)

玄関先のヒューケラが
かわいらしい赤い花をつけました。

なんとなく和風の色合いに感じるのは
私だけでしょうか?

ヒューケラはユキノシタ科の植物だそうで、
シェードガーデン向きのものを
何かないかなと探していて見つけました。

あっという間に大きくなり
あっという間に花もつけて・・・。
手間要らずで育てやすいです。

同じ場所にもう一種類あるのですが
そちらはまだ花をつける気配はなし。
葉色が違うので花の色も違うのかな?

春はいろいろ楽しみな季節ですね!

さて、後半は再びピエール・ド・ロンサール。
次々に咲き始めました。

壁の間から光を求めて飛び出して、
外側で咲いているものもいくつかあり。

こちらは前回のと同じもの。

開いてきた感じ、分かりますか?

私はどうも、
この形のバラが好きなようです。

(下向きに咲いているので
写真が暗くてすみません。
色調補正もきかなかったので・・・。)

こちらは太陽に向かって咲いています。
心なしか花色も他のものより濃いような。

こちらは咲いたばかりの
まだ白っぽいアイボリーぽい色をした
ちょっと小ぶりのもの。

風に揺れる姿も
とってもとっても可愛いのです。

あぁ、、、
今年も咲いてくれて、
本当に本当にありがと~う!



 

2011年5月19日木曜日

ブルーデイジーとチェリーセージ

こちらは連休前辺りから
次々と咲き始めたブルーデイジー。

北西の玄関横にハンギングで育てており、
昨年は全然咲かなかったのですが、
一年経って環境になじんだのでしょうか?
今年はたくさんの花をつけました。

斑入りの葉っぱと
その名のとおりの涼しげなブルーが
爽やかな印象のデイジーです。

その足元には
真っ赤な花をつけるチェリーセージ。

こちらもかなりの勢いで
次々と花をつけております。
去年も咲いたけれど
今年は量が全然違う!

元気いっぱいです。

というわけで、
この春は玄関まわりもちょっと華やか♪

ミニバラの蕾も膨らんできたし、
ヒューケラも花をつけているし、
まだまだ楽しみです。

咲いたらまたアップしますね!


 

2011年5月18日水曜日

ピエール・ド・ロンサールとブルースター

1週間分くらいの予約投稿をいつも貯めてあるのですが、
今日は久しぶりのリアルタイム投稿です。

と言いますのも、わが家でも今年のバラが咲いたので♪
やっぱり時期を逃さずにアップしたい。

フランスの一季咲きのつるバラピエール・ド・ロンサール。

名前は古典的な詩人の名前。
NHKのテレビフランス語会話などでも取り上げられており、
それで詩人の名前だと知りました。

ロマンチックな詩を書く人だそうで、
パトリス・ルロワさん曰く
「フランス人なら誰でも一度は学校の授業で暗記させられた」
というような人らしいです。

このピンクのつるバラは、写真のものは蕾がようやく開いたばかり。
まだまだこれから色濃く大きく、ロゼッタ状に花開きます。
細いつる状の茎のわりに大きくてボリュームのある花なので
いつもうつむき加減に咲きます。

下に周りこまないとその姿を写真に納めることができません。
いつか高い位置にアーチ型に仕立てるのが夢♪

棘も少なく病害虫にも強く、手間がかからず
育てやすいバラだと思います。
引越しにも耐えて今年で4年目。
しっかり花数も増やしてくれています。

昨年のバラの様子はこちら

ブルースターも咲きました。

これはアンさんから種をいただいて栽培にチャレンジしたもので、
花をつけるのは今年で2回目。嬉しいです!

うまくいかなかったものも多いので
一株でも生き残ってくれてて嬉しい。
命をつないでいるって感じ、ひしひしと感じます。

このまま年々増えてくれるといいな~。

昨年のブルースターはこちら
なんと、秋に咲きました。


コロコロ茄子のトマトソーススパゲッティ

平日のお昼のひとりご飯です。

コロコロとダイスに切った茄子を使って
トマトソースのスパゲッティを作りました。

茄子は油を吸うととっても美味しいのですけれど
大きく切った場合はかなりの量の油が必要。
炒めるのも時間がかかる。

というわけで、
小さめに切って時間も油も少なめに。

自家製ベーコンと
ベランダで育てているパセリも使いました。
トマトは缶詰の水煮を一人分なら半分。
それからにんにくも忘れずに。

ソースは中華鍋タイプの
大き目のフライパンで作りました。
ふたをせず煮込み時間も短めにしたので
トマトの酸味が爽やか~♪


 

2011年5月17日火曜日

揚げない唐揚げ

これはいつのご飯だったかな?

ちょっと忘れちゃったんですけど、
1週間前くらいのある日の夕飯です。

ヒガシマル醤油さんの
揚げずにシリーズを使って
唐揚げを作ってみました。
フライパンで揚げ焼きにするという方法。

使ったのは「揚げずに手羽焼」
というシーズニングです。
花椒と焼塩をブレンドしてあり
香りもよく、とっても美味しい!

まぶすだけなのに
わりとしっかり味がつきます。
そして、
少量の油で出来て簡単。

一箱に三袋入っているので
また作ろうと思います。

次回は手羽先を使ってみよう!




 

2011年5月16日月曜日

ダージリンファーストフラッシュ2011

5月のお楽しみといえば、
連休以外にもいろいろあります。

まずは紅茶。

大好きなダージリンティーの
春摘み茶が出回ります。

今年もシルバーポットさんから
昨年と同じシンブリ農園のものと
プッタボン農園のものを送っていただきました。

両方とも20gずつ。

写真のものはプッタボン農園の
ダージリンファーストフラッシュ。
茶葉にグリーンの葉が混ざっていて
フレッシュな香りと優しい味わいが特徴。

3時のお茶に楽しんでいます♪

もともと色の薄めのダージリンティーですが
ファーストフラッシュは
3分間しっかり蒸らしてもご覧のとおり。

このカップに3杯分とれる
ティーポットを使っていますが、
のんびり楽しんで
3杯目でようやく
見慣れた濃さのお茶が出ます。

ただしその頃には
ちょっと苦味も出ちゃうけど・・・^^;

なので、薄い色も特徴と心得て
飲み頃を外さずにいただきます。

昨年はファーストフラッシュのことを
書き忘れてしまいましたが、
同じくシルバーポットさんで買った
夏摘み茶のセカンドフラッシュについては
こちらをどうぞ。

色の違いなどをみてみて下さいね!
(本当は味も香りもかなり違いますが、
それは実際に飲んでみてのお楽しみ♪)

秋摘み茶のオータムナルはこちらです。

どれもその季節だけの楽しみです。



 

2011年5月15日日曜日

手作りクレンザーでキッチンそうじ

GWにもーりーさんに手伝ってもらいたかったのが
キッチンのガスレンジまわりのお掃除。

毎日ガスレンジの上の面は
拭いたり洗ったりして掃除しているけれど、
下の面は一人で掃除するのはちょっと大変。

そこで、もーりーにお願いして
ガスレンジを持ち上げてもらったりして
徹底的に掃除をしました。

ピッカピカになって
気持ちもスッキリ!

コンロの口の部分も磨いてくれたので、
炎の出も均一になって良かったです。

さっそくお湯を沸かしてお茶を一杯♪

レンジフードや
まわりの扉も掃除しました。
スッキリして嬉しい♪

実はわが家の大掃除は
年末にはあまりやりません。
年末はなにかと忙しいので・・・。

キッチンの掃除はたいてい
この5月の連休にやります。

このくらいの時期だと
掃除をしても汗だくにならず、
お水を使っても手は荒れにくい、
というわけ♪

++++++++++++++++++++

さて、今回のキッチン掃除に使ったのは
重曹を使った手作りクレンザーです。

数年前にNHKで紹介されていたものを
メモしておいて作っています。
番組名はわすれてしまいましたが、
油汚れもストレスなく落せて便利。

作り方は以下の通りです。

【手作りクレンザー】
重曹 1カップ
液体洗剤 4分の1カップ
酢 大さじ1


作り方も簡単。
上記3つを混ぜ合わせるだけ。
10日程度なら保存もOKです。
私はジャムの空き瓶に作っています。

クレンザーを汚れの部分に塗り
1~2分置くとよく落ちます。

私は軽く絞った雑巾にクレンザーをとり
それで汚れた部分をふき取って
別のきれいな雑巾で水拭きして仕上げています。

クレンザーが拭き取りにくい場合は
お酢をスプレーしてから
きれいな雑巾で再度水拭きしています。

液体洗剤はいつもの食器洗い用を、
お酢はホワイトビネガーを使っています。

重曹がごく細かい研磨剤の役わりをします。
わが家のガスレンジとレンジフードは
ホーローとステンレスの組合せです。
模様などもありませんので
この二つには傷もつかずに使えます。

が、

他のものにお試しになるときは
くれぐれも自己責任の上、
まずは目立たぬところで
確認して下さいね~。



2011年5月14日土曜日

アイロン修理

GWなどの連休は
もーりーさんにとっては
「のんびりしたい休日」なのですが、

わたしにとったら、
「平日にやってもらえないことを
もーりーにやってもらいたいな~」
という絶好の(?)チャンス!
だったりします(笑)。

というわけで第一弾は
アイロンの修理をお願いしました。

(そう、第二弾もあるんです。
え?もーりーに同情するですって?
オニヨメですって?)

ちょっと前からコードの付け根に
熱を持っているな~とは思っていたのですが、
とうとうダイヤルを回しても
アイロンが温まらなくなっちゃった。

コードを手で押さえて、
ある角度を保つとスイッチは入るのですが・・・
それじゃアイロンかけられない。

そこで、もーりーさん、
いつもの道具を出してきて
電流チェックです。
茶色のバッグは仕事用の工具入れ。
500円くらいで買ったユニクロのバッグ。
必要最低限の道具が全部おさまり
けっこう便利なんだって。

これ持って、会社の工場の中を、
呼ばれたところに出向いて行くらしい。
製品の電気系統の不具合を探したり
原因を調べたりするお仕事をしておりますー。

(アイロンメーカーではありません。)

断線箇所、発見~!

白い部分を切ったのはもーりーです。
カッターで包まっている部分を切ってみて
中の様子(断線部)を確認。

切れていたのはこのカバーの終わりの部分。

二重に保護されているんだけれど
やっぱり一番動くところなので
折れ曲がることが多く、傷んだのかも。

修理完了。
「コードを短くしてもいいよ」と言ったのですが、
根元の部分を留める金具がないとのことで却下。

断線部分をカシメで留めてから
ビニールテープを巻いて応急的処置。
(もちろん漏電しないように処理してくれてます。)

ちゃんとアイロンかけられるようになりました。
買い替えまでしばらくは
この状態で使います。

もーりー、どうもありがとう!

(このアイロンを買ったときの記事はこちらです☆
2008年の11月でした。
コードレスもコードありも一長一短ですな。)


 

2011年5月13日金曜日

盛岡冷麺

GW中の食事シリーズ、最終回。
(って、別にシリーズじゃないけど。)

5月8日(日)の夕飯に食べた
盛岡冷麺、初挑戦です。

汁つきの乾麺のセットを買ってきて
パッケージの写真を参考に
自宅で具をのせて作りました。

写真では他にも
海老とか果物などがのっていたのですが、
わが家でのせたのはこんな感じ。
焼豚、白髪葱、きゅうり
ゆで卵、キムチ。

汁とは別にキムチの素がついていて
好みで加えて辛味を調節できるように
なっていました。

私は3分の2くらい入れて、
もーりーはゼロ(笑)。

でも、冷麺を食べたがったのも、
キムチを入れたがったのも、
両方とももーりーです。

辛いの苦手なのに
辛いの食べたい、みたいな?!

盛岡冷麺の初体験は
もっちり透明感のある麺が
面白い食感で美味しかったです。

8日(日)は最高気温27度と
昼間は暑い一日だったので
冷たく辛い盛岡冷麺、
本当~に美味しかったです♪

この夏リピートするかも!

そしていつか是非、
現地で食べてみたいです。



 

2011年5月12日木曜日

鍋ごと出しちゃう料理2つ

GW中のご飯、続いています。

こちらの写真は
イシガキ産業さんの多用鍋と
セラミックボールを使って
石焼にしたスペアリブです。

セラミックボールを使った石焼は
遠赤外線効果でじっくり焼き上げる方法。
多用鍋は鉄の鋳物の鍋で
中に網がセットできるようになっています。

今回はシンプルに塩・胡椒のみで
網にのせたスペアリブを
上記の方法で石焼にしました。

それだけでは蒸し焼きっぽくなり
焦げ目はなかなかつかなかったので、
最後に焦げ目をつけるために
ふたにもなっている
波々鉄板で焼き上げました。

そのまま熱々を鉄板ごとテーブルへ。

脂も程よく落ちていて
骨からの肉離れもスムーズ。
手づかみで食べてしまいました。

ビールが飲みたくなりますー。
旨い!!

付け合せは
野菜たっぷりの煮込み
ラタトゥイユ。

夏野菜の出回る頃になると
やっぱり食べたくなりますね♪

これもこのままお鍋ごと
どーんとテーブルへ出しちゃって、
各自好きなだけお皿にとって食べました。

小さいサイズのル・クルーゼで
一応、二人分の食べきる量を
作りました。

家の中なのにキャンプ料理気分(笑)。

洗い物も楽です☆

2011年5月11日水曜日

オムレツ朝ごはん

ハイ、こちらもいつもの通り、
朝というか昼というかのブランチです。

福柚子ちゃんジャムと一緒に
バタートーストを食べました。

朝だったらそれに珈琲・紅茶だけ
って感じなんですが、
もう限りなく昼に近い朝なので、
作りましたよ、おかずも。

玉ねぎ、ピーマン、ベーコン、パセリ
の入ったオムレツです。

玉ねぎはバターでとろとろに炒めるとね、
すっごく甘くて美味しくなります。

バターのせて、
レンジでチンしてから炒めると
短時間でとろとろ玉ねぎになりますよ~。

レンジにかけるときはラップなしで、
おまかせキーでやってます。

ハンバーグやカレーの玉ねぎも同様に♪



2011年5月10日火曜日

鯖そぼろと、きんぴらしらたき

GW中のわが家は
ぜんぜん早寝早起きなんかじゃなく、
10時~11時に起きて
夜中の2~3時頃に眠るという日々でした。

毎晩、寝床でクロスワードパズルを2~3問。
わたしゃ途中で寝ちゃうんだけど・・・。

え?

ブログの投稿時間が
毎日朝6時半じゃないかって?

あぁ、その時間のものは、
almost all 予約投稿です♪
(したがって、これもね。)

そんでもって、
朝ごはんと昼ごはんがくっついちゃって
今日の写真はそんなある日の
朝昼ごはんのおかずです。

まずは鯖そぼろ。

頭つきの鯖の開き
(って、珍しくない?)
を焼いたものの半身が余ったので、
それを翌朝スプーンで身をほぐし、
味噌・胡麻・葱と一緒に炒めたものです。

ご飯のお供にぴったり♪

でも、味噌を加えたら
鯖の匂いが強まったかも・・・。

鯖好きなのでOKでしたが、
味噌なしの方が
匂いはあっさりしていた気がします。

酒・みりん・しょうがなども加えました。

ご飯と混ぜて
焼鯖寿司にしても美味しいです。

そしてもう一品。

またしても茶色いおかずですが、
きんぴらしらたき。

これ、わが家のお弁当のおかずの定番。

母譲りのおかずなんですが、
出汁と干しいたけの戻し汁で
炒め煮にすると味がしっかりして
冷めてもとても美味しいです。

ニンジンや油揚げも加えて。

ごま油で炒めるので香りも良く
ついついたくさん食べちゃいますが、
しらたきってこんにゃくだから
いくら食べても大丈夫☆