ほうとう不動(河口湖)

 1月5日(木)行き当たりバッタリ富士山周辺の日帰りドライブの旅・後編です。昼食は誕生日であるもーりーさんがほうとうを食べたいとのことでお店をチョイス。

 山中湖には何度かほうとうを食べに行ったことがあるのですが、河口湖周辺は初めて。少し車を走らせると”ほうとう”の文字を掲げた看板をいくつも見ますが、中でもひと目を引く大きな蔵造り風のほうとう不動(南店)さんへお邪魔いたしました。

 お店に入るとものすごく広い!これなら団体さんでも大丈夫!という感じです。お座敷とテーブル席と分かれており、それぞれ同じ位の席数がありました。こーんなに天井も高くて広々としているけれど、ストーブが焚かれていてお店の中はちょうど良い暖かさです。

 天井際には武田信玄をはじめとする戦国武将の肖像ががずらり。さすがは山梨県。突き当たりに掛けられている「ほうとう一本槍」の文字もいいですね!筋金入りのほうとう屋さんです。

 テーブル席はこんな感じです。でーんと大きなテーブルがいくつも並んでいます。6人掛け、4人掛けなど、数パターンのテーブルがあったみたいです。小さなお子さん連れの方にはお座布団を持ってきてくれているようでしたよ。

 ほうとうは大きさも味も1種類のみ。大盛もありません。そのかわり一人前がかなり大盛!私たちはしっかりひとりずつほうとうを注文しましたが、例えば小食の方2人連れなどでしたら、ほうとうはシェアして、ほかにお稲荷さんをたのむなどの工夫が必要かも。子供用サイズもなさそうでしたので、お子さんとのシェアも必要ですよね。どのくらいの大きさでくるのかはもう少し後でのお楽しみ・・・。

 ちなみに裏にはお酒のメニューもありました。バス旅行などでしたら飲めますね~♪

 お座敷席はこんな感じ。お手洗いは左手奥の方にあります。お手洗いに行く途中、すっごく広い厨房が見えるのですが、これも一見の価値ありという迫力~!写真はありませんが、ずらりと並んだほうとう用の鉄鍋が圧巻でした!開け放たれているので、たくさんのほうとうを作っている様子がよーく見えます。もーりーさんも「ねぇ、厨房見た?すごいね!」と。

 ほうとうは普通のおうどんなどよりも待ち時間が少しかかります。なので食事のスケジュールには余裕を持たせておいたほうが◎。慌てない慌てない。それに熱々で出てくるので、慌てて食べると火傷をしますよ・・・。

 こちらは各テーブルに備えられているお店オリジナルの七味唐辛子。香りがお伝えできなくて残念ですが、ごま油っぽいとってもいい香りがします。お店の入り口のお土産物屋さんコーナーで、1パック500円で購入することも出来るようでしたよ。辛いもの好きの方のお土産に良いかも。

 まだかな、まだかな~♪ 建物だけでなく、ほうとう不動さんはお店のマークも人目を引きます。鍋敷きにも同じデザインが使われていました。看板やショップカードもこのマーク。富士山と河口湖をデザインしているのでしょうね、きっと。ユーモラスなバランスでなんとなく可愛らしいです。このマークを目印に探しても、きっとすぐに見つかると思いますよ~^^ さぁ、いよいよ、ほうとうの到着でーす!お腹ぺこぺこ!

 「来た来た!さぁ~、食うぞ!!」ハイ、一人前がこの量です(笑)。たっぷり!鍋は熱いので火傷にご注意。

 「いざ!」・・・と思ったが、熱くて食えん~(泣)。メガネも曇る~(笑)。

 「そんなん、ふぅふぅやったってすぐには冷めんよ(笑)」猫舌メガネおじさんのもーりーです。

 「あたし猫舌じゃないからお先に~♪・・・うわ、アッチチチチ・・・・・」メガネも外して髪の毛も結んで万全麺喰い体勢で臨むも、やはり熱い・・・。しかしそれが美味しい!!!野菜もすっごくたっぷりなのです。

 味噌仕立てのつゆも美味しい~♡ 外がどんなに寒くても、ほうとうを食べると顔に汗をかきますよ(爆)。例の七味なんて入れた日にゃなおさら。あれがまた合うんだな~。さすがはオリジナル七味。美味しいです!

 結局、最後の最後まで熱々~。「ほら、かぼちゃ!」そうそう、ほうとうにはかぼちゃだよね♪ これがまた、皮まで柔らかく煮えてて美味しい。つゆに混じりすぎるほどではなく、ちょうどうまい具合のギリギリの柔らかさ。宝探しのように、お鍋の下の方に隠れていました。

 「はぁ~、食った食った~☆満腹満足!」ご愛煙家の方、入り口に灰皿がございましたよ。

 行き当たりバッタリにしては最高に美味しいほうとう屋さんにたどり着き、なんともラッキーでした!ほうとうとはなんぞや?という方にはこちら⇒ウィキ。ほうとう不動さんに行ってみたい!って方にはもう一度こちら⇒ほうとう不動さんのサイト

 それでは、次回は道の駅と日帰り温泉をお送りいたします。お楽しみに~☆

*写真はすべてリコーCX1です。


コメント

Cimarron さんの投稿…
ちゃんとした「ほうとう」は食べた事ないですが、美味しそうですね。
鉄鍋で出てくるのも凄い。
メニューもシンプルで「ほうとう」専門店ですな~
Sana さんの投稿…
★Cimarronさん、おはようございます!
ほうとう、いつか機会がありましたら、ぜひ一度お店で食べてみて下さい~。この鍋はほうとうの特徴なのかな?よそでもこんなんでした。迫力ですよね(笑)。

ここのはまさに”一本槍”でしたが、どこのほうとうも個性的で美味しいです。基本は同じですが、店によってやはり具が違うみたいです。ここのはベジタリアンな感じでした。お肉や魚介類、カレー味なんていうメニュー豊富なお店もあります(笑)。でも山の幸っぽいのが正統なのかも。
lce2 さんの投稿…
ほうとうは、お腹いっぱいになるんですよね!スキーの帰りに良く食べました。
民宿に泊まった時、近くの寄り合いに連れて行かれ、そこで頂いたかぼちゃほうとうがとても美味しかったです。家によって味が違うんだそうですよ。
Sana さんの投稿…
★lce2さん、こんにちは!
スキーのあとのほうとうは良さそうですね~!体がすごく温まりそうです。それに運動の後でお腹もしっかり満たされますね♪

やはりこういう家庭料理をベースに食べ続けられている郷土料理は、作り手によって味が違うのがいいところなんですね。
LiLAくま さんの投稿…
これはでっかい.
本当にお腹いっぱいになりそうです.
でも美味しそうだなあ.
あー,またもや手打ちうどんを作りたい気分になってきました.
Sana さんの投稿…
★LiLAくまさん、こんばんは!
ほうとうの鍋、でかいでしょう!なんだかまるで、鍋から直接食べちゃってる人みたいに見えますね(笑)。ほうとうって九州のだご汁にも似てますね。でもこちらのメインの具は根菜ではなく白菜と葱でした。手打ちうどん、ぜひぜひ。
ポージィ さんの投稿…
こんにちは。
楽しそうな旅(^^) 
いつもとっても楽しそうに旅をされてますよね。そして色んなこといっぱい吸収していらっしゃる♪お2人の息がぴったり合っているんだろうなーって思いながら拝見しています。
 
ほうとう、懐かしかったです。もう随分何年も食べたことないですけど、山中湖近くのお店で食べたことがあります。出来上がりのアツアツを目の前にどーんと置かれると、圧倒されてしばし動きが止まっちゃいますよね。でもってほんとに熱い!鉄鍋ではなくどんぶりでしたが、私もかなりな猫舌なので食べるのに苦労しましたよ。美味しかったけど。南瓜やじゃが芋がごろんごろん入っているのも圧巻でした~
 
そうそう、わが家もおnewカメラを買ってしまいました。デジ一眼は私が荷が重いと敬遠し、Sanaeさんたちが候補に挙げていらしたフジフィルムのまさにアレを購入しました。内臓ファインダーがついていること、乾電池が使えることも必須条件にしていたので、そうなるとやっぱりアレ、ということに。(あの機種は早くも製造が終了して新機種が出たみたいですね)まだ試し撮りもほとんどできていませんが、ちゃんと使えるようになるや否や。 しかし…でかくて重いですヮ(^^;)
 
長くなってすみませんでした
Sana さんの投稿…
★ポージィさん、こんにちは!
たくさん書いてくださって嬉しいです^^ありがとうございます♪ じゃがいもの入っているほうとうもあるのですね~。それはさらに満腹になりそうです。

フジフィルムのアレ、買っちゃいましたか!30倍ズームは凄いですよね~。乾電池も使えるのは旅行の時や外撮りにはいいですよね。ふふふ、でもアレもやはり重いですか(笑)。お花の季節、またまたポージィさんのブログが楽しみです♪

人気の投稿