イギリス世界遺産巡り①ストーンヘンジ

 久しぶりにイギリス生活記の続きをアップいたします。今回は8月13日(土)に訪れた世界遺産のストーンヘンジ。名前を聞いたことのある方、テレビや何かで映像や写真をご覧になったことのある方も多いのではないでしょうか。もちろん実際に訪れたことのある方もたくさんいらっしゃるに違いありません。私たちが出かけた日にも、たくさんの日本人ツアー客の方々の姿を見かけました。

  このように広~い野原が、そのまま駐車場になっております。えーっと駐車場代はたしか・・・£3でした。(昨年の家計簿を確認!・笑)

 私たちはアパートメントから車で出かけましたが、普通の旅行だったらどうやって行くのかな???関口知宏さんのイギリス鉄道の旅という番組では、ロンドンのウォータールー駅からソールズベリという町まで電車で行き、そこからストーンヘンジまで車で行っていたようです。ロンドンからバスツアーとかもあるのかもしれませんね。ソールズベリの町からも、けっこうな距離がありそうですから・・・。あったあった。行き方はストーンヘンジのサイト内のHow to get thereに詳しく出ております⇒Stonehenge.co.uk

 ちなみに私たちはストーンヘンジの後、エブベリーという別の遺跡に行ったので、ソールズベリの町には行きませんでした。いつかまたチャンスがあったらぜひ行ってみたいです。南の方の町には全然行かなかったので。

 さて、イギリスの田舎道を車で走っていると、360度見渡す限り何も無し・・・に近い光景というのはそれほど珍しくはないのですが、ここもそういう場所なのです。本当に何もない。そこに突然ストーンヘンジが現れます。

 ところで、このストーンヘンジに続く道は、慢性渋滞ポイントのようです。渋滞に突入する直前!というタイミングの位置にサービスがあるので、トイレや食事休憩はぜひそこで済ませてしまいましょう(笑)。もう目の前なのに~・・・という距離で、けっこうな渋滞にハマりますからご用心。

 私たちもサービスにあるピザハットでお昼ご飯を食べました。ピザハットはけっこう失敗のない選択かも(笑)。観光客馴れしている店員さんたちも親切でしたし、味も◎でした。

 ピザを1枚頼むとサラダバーが無料サービスというのも良かったです。(いつもそうなのかはハテナ?)他のテーブルを見てみると、たいていひとり1枚のピザを注文していたみたいでしたが、私たちは二人でレギュラーを1枚注文し、他にアペタイザーを2品足しました。ピザはクリスピーを選んでもまだ分厚いアメリカ式でしたが、これのおかげで二人でシェアしても満腹。大きなマッシュルームにガーリックの効いた詰め物のしてあるお料理も、とってもジューシーで美味しかったです。

 余談ついでにもうひとつ。ひょっとしてこの写真1回使ったかな?ま、いいや。

 渋滞脇ではこんな苺売りも出ています。この人達、渋滞にハマった車から降りてきてここで苺を1パック買い、再び歩いて、道路上の車に戻る・・・ってなことをなさっておりました(笑)。

 通常はお店の出てる路肩に車をちょいと停めてお買い物・・・とするのですが、この時は道路上の車も全然動かないんですから、運転者さんだけ残して助手席の人がお買い物なんて技も可能なんです。のんびりしてますよね~、そういうところ。「苺でも食べながらのんびり行こうぜ~」てな感じでしょうか、ね。これならイライラなんてしませんね。

 話は再びストーンヘンジに戻りまして・・・。さすがは世界遺産。私の持っているもの、見えますでしょうか?日本語で「ストーンヘンジへようこそ イングリッシュ・ヘリテッジ見学ガイド」と書かれた無料パンフレットを持っております。

 これ、入場料を払う受付で「どこの国からいらっしゃいましたか?」みたいなことを聞かれ、各国の言語が用意されたパンフレットをくださるというサービス。売店にはより詳しいガイドブックも置いてあるのですが、そちらもいろいろな言語のものが用意されています。1冊ポンド4.99でした。そうそう、入場料は大人ひとり£7.5です。日本語の音声ガイドも借りられるようでした。(無料らしいです。)

 また、1年以上などの長期滞在予定の方には、イングリッシュ・ヘリテイジやナショナルトラストのメンバーになるという料金プランもあります。条件に応じた年額を払うと、対象の遺跡などがフリーで見学できるというシステムです。2週間で何箇所・・・みたいなものもポスターが貼ってあったような気がしますが、今回ネットで調べてみてもそちらの情報はヒットせずでした。一応イングリッシュ・ヘリテイジのサイトにリンクしますね⇒English Heritage

 昔は石の真下まで行かれたそうですが、現在はぐるりとロープが張られ、近寄ることはできません。触れるのかなぁとワクワクしたのですが、それはNGです。ドーンとものすごく大きいものを想像していたのですが、まわりが広いからか、予想よりも小さく感じてしまうという・・・有名遺跡のパラドックス?!(苦笑)。写真で見ると人のサイズと比較でき、やっぱりけっこう大きいはずなんですけどね・・・。

 ところでこの巨大な石、現在のイギリス人の先祖であるアングロ・サクソン人たちがブリテン島にやってきた頃には、すでにここにあったと考えられてるのだそうです。中・新石器時代からの遺跡なのだとか。(その解釈には、先に写真をご覧いただいた観光用駐車場から発掘された史料などもあるそうです。)

 そして、これに使われている石のひとつであるブルーストーンと呼ばれる石は、ソールズベリから遥か遠く250キロメートルも離れた、ウェールズの西端から運んでこられたと考えられているのだそうですよ(驚)!すべてではなく数種類の石が使われているそうで、他にも石の産地として考えられている場所や運ばれ方の諸説あるようです。どんな遺跡なのか興味のある方はウィキペディアで日本語解説を読めますので、どうぞそちらをのぞいて見て下さい⇒ウィキペディア:ストーンヘンジ

 見学の終った後、駐車場の近くに出ていたアイスクリームスタンドで、キャラメルのアイスクリームをひとつ買いました。粒になったキャラメルが所々に入っていて、美味しいけれどかなり甘さは強めです。8月と言えどももうすっかり肌寒い日でしたので、ひとつを二人で食べました。(現地の方々はすでにコートやブーツ姿の人もあり、というのがイギリスの8月。気分的には夏というより秋なのかも~。半袖短パンの人もいらっしゃいますが・・・。)

 おまけのおふざけ写真:ストーンヘンジをつまんでみました!失礼~(笑)。ついやりたくなっちゃうよね~、こういうの。

 それでは次回は、ストーンヘンジよりずーっとひなびた感のある、同じく石系世界遺産のエブベリーに行ってみましょう♪ どうぞお楽しみに~♪


【おまけのおまけ】
 私にとって、ストーンヘンジに行ってみたいというきっかけを作ってくれたのは、本日の文中にも登場したタレントの関口知宏さん。彼の列車の旅シリーズが大好きです。いつもテレビなどでお見かけするたびに、なんて才能豊かな人なのでしょうと思わされますが、その個人の社会活動もとても興味深いものです。本日はそんな関口知宏さんのホームページにリンクさせていただきます。

 震災からちょうど1年。様々な方が大小の差こそあれいろいろな活動をされておりますが、私はこの関口知宏さんの【プロジェクトZERO~可能性の旅】がとても勉強になっていいなぁと思っています。シリーズの動画でたくさんの再生可能エネルギーに関する情報が見られます。興味のある方はぜひ見てみて下さい。

*関口知宏さんのホームページはこちら
*プロジェクトZEROのフェイスブックはこちら

 太陽光発電パネルなども昨年辺りからいよいよ、家電量販店でも見本の展示がされるようになって来ましたね。しかも1種類だけでなく数種類比較できるようになっていたり。今すぐには導入できそうもないとしても、どのくらいの費用で設置できるのかなぁなど、興味はあるので時々見たりしています。少しずつ身近になり、価格も下がってくるといいですよね。近い将来、それが当たり前の世の中がやってくるのかもしれません。


 

コメント

ポージィ さんの投稿…
こんにちは。
ストーンヘンジ、TVやなんかで映像を見た事がある口です。何か憧れます。惹かれるものを感じます。以前読んだ小説に神秘的な場所として出てきたからかもしれませんが。
TVで見たときは、訪れた人が石に体をくっつけてじっとしているのも見かけると言っていたように思いますが、Sanaeさんたちは触れてごらんになりました?パワーのようなものは感じられたでしょうか?
lce2 さんの投稿…
ここ、行ってみたいです。
こういう遺跡って殆ど行った事ないんですよ・・・。
Sana さんの投稿…
★ポージィさん、こんばんは。
以前は石に触ることが出来たようですが、現在はぐるりと廻りにロープが張られ、近寄ることができなくなっています。少し離れた位置から眺めるのみ・・・。触れるかな~と思って行くと少々ガッカリしてしまうかもしれません・・・(^^;
Sana さんの投稿…
★lce2さん、こんばんは。
lce2さんはアメリカのスケールの大きいものをたくさん見ていらっしゃるので、その感覚のまま行ってしまうと、ガクっとコケてしまうかもしれませんー・・・(笑)。でも、こういうのがけっこう各地にいくつかあるらしく、それだけでもなかなか面白いなと思いました。
tane さんの投稿…
こんにちわ、私も石がウェールズから来たと最近知って’ウヘッ’と思いました。 すごいですよねー。 
側に寄れないの、知りませんでした。 残念。 
いつか、 行ってみたいなー。  
いつも、そそる画像をありがとう。 

そうそう、肉味噌キャベツ丼、おいしそうです。 どんぶり物って良いですよね。 そうすると、母が必ず’私はぶっ掛けご飯!’って必ず言うんです。
Sana さんの投稿…
★taneさん、おはようございます。
わざわざ持ってきた・・・ということは、その石が丈夫だとか美しいとかいろいろ条件を考えてやっているわけだから、ますますすごいですよね。「造る」という意思を感じる選択ですものね。他の石ももう少し近いとは言え、40キロ離れた場所から・・・などと考えられているのだそうです。先日テレビでローマのコロッセオのことを見て、円形競技場とストーンヘンジって形が似ているなぁなんて思いました。

ぶっかけご飯、その通り!味噌汁なんかもたま~にしますけど、あの美味しさはなんなんでしょうか(爆)。

人気の投稿