鉢植え達よ、おかえりなさい

 昨年6月の渡英に際し、当時ベランダにあった植物たちをほとんどすべて実家に預けました。その後、帰国後も年末の家購入が視野にあったため、そのまま引き続き預かりっぱなしでお願いしていました。

 それを先日から徐々に持ち帰り始めました。いくつかの植物は、そのまま実家の庭に植え替えたものもあります。(紫陽花やエンジェルトランペットなど。)

 今回持ち帰ったのはオリーブ、ユーカリ、ボケ、レンテンローズ(春咲きのクリスマスローズ)、ローズマリー、コーヒーオベーション(ミニバラ)などなど。まだ土の下は石ころだらけで、植物達をとてもそのまま植え替えるわけにはいかないので、しばらくは日当りの状況も観察しつつ、鉢植えのまま育てる予定です。様子を見ながら配置を考え、土も入れ替えようと思っています。

 クリスマスローズも元気いっぱいの姿で「おかえりなさーい」♪ 今年もちゃんといっぱい花をつけてくれていて感動!母が「花の咲いているものから先に持って帰りなよ」と。ありがとう!

 ところでわが家のこのお花、学名をHelleborus orientalis(ヘレボルス・オリエンタリス)と言うのですが、毎年クリスマスの時期よりは咲くのが少し遅いよね・・・と思っていたら、このオリエンタリスというのは別名春咲きクリスマスローズ、またはレンテンローズと言うそうで、レンテンというのはキリスト教の4句節Lent(レント)の時期に咲くことから呼ばれているのだそうです。なるほどね~。というわけで、わが家のこのお花は今が盛りでごさいます。

 ちなみにクリスマスの頃に咲く品種はHelleborus niger.L.(ヘレボルス・ニゲル)という学名のもの。これも園芸店でよく見かけますね。今度この品種もよいのがあったら買ってこようと思います。そうすれば時期をずらして花を楽しめますものね^^

 でも、クリスマスローズは開花苗を買うと2千円近くしたりと高いので、小さくてもいいから安い苗を探そうと思っています(爆)。このオリエンタリスだって、真夏に花なしの小さい苗を90円だか99円だかで買ったものなんですもの。それが3年目にはご覧の通り。あ、でも、3年待って開花したという意味ではございません。買った翌春も、そのまた次も、ちゃんと花を咲かせましたよん♪

 そうそう、植えっぱなしにしていたヒヤシンスも、とうとう花を咲かせました。花丈は低く、その分だけ花の数も少ないのですが、ひとつひとつの大きさは変わらない感じです。

 ついでにもうひとつ。こちらは新顔さん。この家で初めて地植えしたお花。ミニスイセンの芽出し球根を買って来ました。1つ50円でしたよ(笑)。この値段なら沢山欲しかったけれど、時期的に残り5つしかなく、それをすべて買ってきてポストの足元にまとめて植えてみました。植えたらすぐに蕾が付きましたよ~。もうすぐ咲きそうで楽しみ♪

 これと、写真はまだ撮っていないのですが、平戸つつじという斑入りの葉の背の低めのツツジも、電信柱の足元に植えました。(敷地内に電信柱があるのです~。)平戸ツツジ、380円でしたよ!安ッ!!風に吹かれながらも無事に根付いたようで、ぼちぼち蕾のようなふくらみが見え始めました。これも楽しみです^^


*花のアップ写真はPEN Lite E-PL1sに、14-42mmレンズとマクロコンバーターを付けて撮りました。

コメント

アン さんの投稿…
Sanaeちゃん、こんばんは~☆
我が家のクリスマスローズ、実は無料です(笑)。
知人が、勤務先で種から育てた苗を数本持って
来て下さったの。移植してから開花まで2~3年
かかったけど、今は年々増えて綺麗に咲いています。

さすがお母様、立派に咲かせて下さって…有難い
ですね。
Sana さんの投稿…
★アンさん、こんばんは~☆
クリスマスローズをタダでいただたなんて羨ましいです^^すごい~!種が売っているところ見たことがありません。どんな種なんでしょう???

母はあまり園芸と縁がなかったようですが、最近寄せ植えを少し習って来たみたいで、先日実家に行ったらかわいい鉢がふたつ置いてありました。楽しいみたいです。

人気の投稿