寝台特急カシオペア

今年の春は旅行続きです~。しばらくブログをお休みしていた間に、私たちは今度は北海道に行っておりました。本日はちょっと長いので、お暇な方や読みたい方だけ、どうぞお読みくださいませ~。(って、それはいつも同じか…。)

さて、何をそんなにたてこんで日本を西から北まで移動しているのかと言いますと…。今回の北海道行きは、もーりーさんの永年勤続旅行というものなのでありました。20周年の節目休暇。10、20、30年と勤続年数に合わせて会社が休暇と旅行代金の補助をしてくれるという福利厚生のひとつ。もーりーさんは10年目の時は休暇だけ引越しに利用して、旅行の権利は使わずに貯めておいたので、20年目に10年と20年を合わせた32万円という補助が出ました!

もっとも、これは現金支給ではなく、指定の旅行代理店さんで手配をし、その代金を精算してもらうという方法。それ以下なら差額は出ませんし、足が出ればその分は自腹というわけ。30年目まで貯めることもできますが、もーりー曰く、「あと10年先のことなんて分からないから、今回使わせてもらおう!」と。今回使わせていただいても、この先10年後も再び元気でいられれば、もう一度プチ旅行の権利が発生するという仕組み。有り難いものですね。会社にももーりーにも感謝感謝。

先輩方はご夫婦でイタリアに行ったり、九州をひとめぐりしたり、海外でF1観戦をしたり、、、などなど。皆さんそれぞれに素敵な旅をしているようで、そんな話を聞きながら私達もずっと、この旅行はパリに行きたいね~と言って楽しみにしておりました。(実際そのつもりで少しだけフランス語もかじってみたり…してたんだけど…。)

ところが、今年度になり権利が発生してから、どうももーりーさんの仕事のスケジュールと考え合わせると、行かれるのがこのGW後の5月最後の1週間しかチャンスがなさそうだと判明。旅行から帰った直後からハードスケジュールになりそうなので、海外はキツイな~と。ならば、と、行き先を国内に定め、ずっと行きたいと思っていた北海道にすることにしました。ラベンダーの季節にはちょっと早いのが残念ではあるけれど…。でも他にもいろいろ楽しみはあるはず!

そんなこんなで旅行の手配をしたのは希望日のわずか2週間前。ついでに言うと、GW帰省から帰ってきた翌週末には代理店さんの椅子に座っていたという(笑)。「本日よりキャンセル料が発生してしまうので、変更が一切ききませんけどよろしいですか?」とは代理店のお姉さま。ハイ、絶対にキャンセルしませんから、よろしくお願いいたします(笑)。

湘南モールフィル日本旅行さんへ行き、そちらのMさんに今回の北海道旅行はすべて手配していただきました。お伝えしたのは予算、日程、カシオペアに乗りたいこと、北海道内で行きたい場所などなど。ギリギリのスケジュールであれこれをお願いしてしまいましたが、テキパキと手配してくださり、ありがとうございました。

補助金は代理店さんへの支払い時に支給されるので(直接代理店さんに支払われる)、現地での飲食・お土産代はもちろん対象外。なので宿は朝夕の食事込みにしておくのがお得、、、ということで、最初の1軒をのぞき、あとはすべてそのようにお願いしました。

しかし…出発2週間前では寝台特急のカシオペアは空きがないかもしれない…と心配そうなMさん。カシオペアは人気があるので、ほとんどが発売と同時に売り切れてしまうのだそうです。

が、ラッキーなことに喫煙車両のみ空きがありました。もともともーりーさんは今時珍しい愛煙家なので、これは私が折れれば問題なし。今回は特にもーりーさんの永年勤続旅行なので、あの人の嬉しいようにしてあげなければ、、、ですよね。 ま、実際、換気がわりときちんとされているようで、それほど気にはなりませんでしたよ。よかったー。それに毎日は運行していないので、希望の出発日に運行予定があったのもラッキー☆

寝台特急カシオペア。上野を16時20分に出て、翌朝9時半頃に札幌に着きます。陸路17時間の旅。予算も時間も海外旅行に行くような規模となりました。

そして組んだスケジュールは次の通り。

1泊目はカシオペア泊。2日目の朝に札幌でレンタカーを借りて、富良野・美瑛を通って旭川まで行き、旭川でホテル(朝食のみ)に1泊。3日目は旭山動物園を見て、午後に網走へ移動し、網走湖のそばに1泊(朝・夕・温泉付)。4日目は網走から知床に移動し、知床の港のそばに2泊(朝・夕・温泉付)。知床でオプションツアーの知床五湖トレッキングと、硫黄山クルーズも事前に手配していただきました。そして6日目に知床から美幌峠を通って阿寒湖へ行き、そこでMさんおすすめの豪華旅館(「この予算なら阿寒湖の★★★に泊まれますよ!ぜひ手配しましょう!」と…)に1泊(朝・夕・部屋付露天風呂)。7日目は早朝に阿寒湖で遊覧船に乗り、アイヌコタンと釧路湿原を見てから、釧路空港より羽田へ戻る…。

このスケジュール、最終日に現地の方とお話していたら、「すごくいいルートでまわって来られましたね~!」とお褒めいただきました(笑)。すべてMさんのおかげでございます。感謝!

そして気になるお値段は…予定通り、ぜーんぶぜーんぶ込み(レンタカーの乗り捨て代金まで!)で、〆て34万円也。手出しは結局2万円=ちょうどオプションツアー分くらいかな?

私にとっては初めての北海道!もーりーも修学旅行のスキー以来とのことで、観光はほとんどしていないらしいから初めてに等しい。どんな旅になりますやら…楽しみ!

というわけで、生まれてこの方したことのない豪華版国内旅行に、バックパックを背負って出かける私たちでありました(爆)。いやいや、バックパックはトレッキングなどのためでして、それだけでは足りないので、二人分の荷物をスーツケースに詰めて行きました。しかしカシオペアの客室(ツイン)は、座席を寝台仕様にした時には、スーツケースを置くにはギリギリの広さではありましたが…(^^;

食事は、予約しておくと食堂車で夕飯も食べられるとのことでしたが、フランス料理のようでしたのでそれはパスして、飲み物や駅弁を買い込んでの乗車。朝食は予約無しでも食堂車が利用できるそうですが、これもおむすびをいくつか買って、好きな時に気ままに食べられるようにしました。

でも食堂車もちょっぴりのぞいてみたいので、自由に誰で利用できる時間帯の【パブタイム】にお邪魔することに。

食堂車を予約しなくても、ウェルカムドリンクと翌朝のモーニングドリンクを客室まで持ってきていただけます♪ 写真はウェルカムドリンクとしていただいたオレンジジュース。

モーニングドリンクはチケットをいただけるので、朝食の時にそれを食堂車に持参してもOKですし、客室まで来てくださった時に飲み物と引き換えてもOK。私たちは翌朝は客室で珈琲をいただきました。

車内販売もけっこう頻繁にあって便利。もちろん数に限りはありますが、お弁当やおつまみ、ビール、デザートなどを買うことが出来ます。ビールも極端な値段ではなく、普通の価格でしたよ~。
 
私たちの客室は11号車でした。その隣の12号車はラウンジカー。窓が広くとってあり、左右の景色がよく見えます。ラウンジカーの入り口に売店もあって、そこで何か買ってから持ち込んでもOK。明るい時間帯は、このラウンジカーで過ごしました。

食堂車のディナーが始まる頃お日様もだいぶ傾き、私達も自分たちの客室に戻り、お弁当の紐をときました。駅弁を買ったのは乗車前の上野駅。途中も何駅が停車しますが、いづれも買い物などに降りる時間はなさそうでした。

上野駅はさすがにお弁当やお惣菜がたくさん売っていて、どれも美味しそうで迷ってしまいましたが、もーりーさんが選んだのはこちらの伊達政宗弁当。(本当の名前は【独眼竜政宗辨當】です。伊達政宗のお弁当は他にもいろいろあるようなので、念のため…。ところで最後の2文字はなんと読むのでしょうかね?)

そして、カシオペアの売店ではビールを購入。北海道限定のサッポロクラシック♪ これ、美味しい!

こちらが伊達政宗弁当の中身。笹かまぼこもしっかり入っていますね!焼おにぎりが美味しかったようです。が、ちょっと量的にはもーりーさんは足りなかったみたいで、朝食用に買ったおむすびをひとつ、追加でほおばっておりました。

私のは山形県は米沢の花回廊弁当。これも同じ上野のお弁当屋さんで購入。子供の頃からどうも2段重ねの駅弁に弱いワタクシ。下の段を落して泣いたという記憶がこびりついておりますが、それでも見るとついつい選んでしまいます。大人になってからは落としませんよ。

花回廊弁当の中身はこんな感じ。牛飯に煮物や天ぷらなどなど。玉こんにゃくも入っておりましたよ~。桜餅みたいな良い香りでほんのり甘い生麩も美味しかったです。会席弁当っぽい豪華さ。2段と言っても箱は小振りなので、量はちょうどよかったです。

食後のデザートにはコレ♪ 車内販売で苺のアイスクリームを買いました^^ 自然な甘さでとっても美味しかったです。江別市のまちむら農場のものだそうで、オンラインショップを見つけたのでリンクしておきますね~。まちむら農場オンラインショップ

共同のシャワールームも完備されていて、予約制で1人30分ずつ利用できるとのことでしたが、私たちは「まぁ、一晩くらいいいよね…」というわけで利用せず。とくに私の場合、下手に髪の毛でも塗らして風邪でもひいたらシャレにならないので、ね。幸いまだまだ涼しくて、汗もそうそうかきませんから大丈夫。というわけで、シャワールームの様子は分かりません。

ちなみにデラックスやスイートの利用であれば客室にシャワールームも付いていて、ドライヤーも完備されている模様です。ツイン利用の場合は先に書きましたようにシャワーカードを購入して共同シャワーを使いますが、ドライヤーについては記載がないので、やはり髪の毛をぬらさないようにシャワーキャップを被るのがいいのかも。実際シャワーの湯の出るのも30分利用のうちの6分だそうなので。軽く汗を流すくらいの感じでしょうかね。

カシオペアの客室それぞれはこちらで料金までご覧いただけますが、これ、定価ですので、私たちの利用したのと同じツインの場合、旅行会社さんを通すとかなりお安くなるようです。やはり自由プランの手配旅行は、なんだかんだ言っても、かなりお得ですよね~。

さて、夜9時半すぎ…いよいよ食堂車のパブタイム♪ 並ぶと聞いていたので、少し早めに行きました。食堂車は3号車。この時間からしばらくの間(11時過ぎくらいまでだったかな?)は、予約がなくても自由に利用が可能です。パブタイムとは言ってもパスタなどの食事メニューもあるので、夕食に利用するのもありかも。ディナーを予約するよりはお値段もお安めになりそうです。夕飯は駅弁をしっかり食べた私たちは、ちょっとしたおつまみとお酒を楽しむことにしました。

もーりーさんはビール。私は白ワイン。

おつまみその1はソーセージの盛り合わせ♪ 4種類それぞれ味が異なり、どれもとっても美味しい!ザワークラフトもサッパリとしていて美味しかったです。

おつまみその2はポテトフライ。ひと口サイズの小さなジャガイモが皮ごと揚げられているもの。ほくほくしていてとっても美味しい!持ってきてくださった時にじゃがいもの種類も教えてくれたのですが、その時はなるほど~と思ったのに、これを書いている今はなんという品種だったのかいっこうに思い出せません…(^^;

夜のラウンジカーはご覧の通り。食堂車から戻る時にもう一度ラウンジカーをのぞいてみましたが、もう誰もいませーん(笑)。ムーディーですが、すでに売店は終了してしまっているし、外の景色もまるで見えないし…。

オット!歯磨き中。失礼!

座席をお休みモードにすると、このような具合になります。こうなったら当然、禁煙です。掛け物は厚手の毛布がシーツに挟んであるような感じ。これでけっこう寒くはない。ちなみにこっちは私の使った方。頭の向きは窓と同じです。でもって、枕が二つあるのはなぜかと申しますと…。

首の長いもーりーは「こっちの方がいい」と言って、置き変え自由な肘掛を枕代わりに使うことにしたのでありました。そんな高さでよく眠れるな~…。もーりーさんの頭の向きは、私の真横。足が進行方向で、客室のドアの方に向く格好です。お互いに、「足はこっちに向けないでね!蹴られたら嫌だからね!」

寝台特急カシオペア、とっても乗り心地良く楽しかったのですが、ひとつだけ「失敗!」と思ったことがあります。それは…耳栓を持ってこなかったこと。他の客室の話し声などはまるで聞こえませんし、地上を走っているときは列車の揺れも音も気にならないのですが…真夜中、青函トンネルを走っている時は別!スピードも速くなるのか、何しろキーーーーーーーーーーンという音がすごい(^^;;; 爆睡していたもーりーさんは何にも気にならなかったみたいでしたが、私は1回起きてしまってからが辛かったです。ちょうど通過していたのは夜中の3時から4時の間。これがけっこう長いんだ…。うとうとしながらも、「耳栓持ってくれば良かった~」と…。(知らないうちにもう一度眠っていましたが。)

というわけで、眠りの浅い方には、カシオペアを利用する際には耳栓を持参することをおススメいたしま~す。翌朝6時過ぎに車掌さんの放送もあるしね…。目覚まし時計のアラームより先に、結局この車掌さんのアナウンスで目の覚めた私たちです(笑)。

起きてみると、窓の外はいつの間にやら、もうすっかり北海道!

 8時頃にモーニング珈琲も持ってきていただいて、
札幌到着まではのこり1時間ちょっと。

忘れずにカシオペアでのツーショットもセルフタイマーで撮って、と。

ハイ、札幌に到着~!これが今回の旅行の荷物のすべて。5月下旬の札幌は、Tシャツ1枚なんかでは、まだまだ肌寒いものですね。慌てて上着を羽織ったりなんかして。さぁ、ここからいよいよ、車の旅が始まりまーす。指定無しで借りた車は日産ティーダ。レンタカー会社でドライブマップやクーポンの冊子、フリーのるるぶなどをゲットしていざ出発☆

さて、長いカシオペア乗車記をお読みいただきありがとうございました。次回は富良野~美瑛方面をお送りいたします。お楽しみに~♪


コメント

もーりー さんのコメント…
こんにちは
カシオペアいいですね
北斗星は乗ったことあるんですが
カシオペアのほうが高級感があります
旅行スケジュール見たら
THE北海道!って感じでいいですね
北海道の広さがわかるルートだと思います
北海道はとんでもなく広いので何度でも来て
色んな場所を見て体験して欲しいですね

次回のお話も楽しみです
アン さんの投稿…
Sanaeちゃん、こんばんは~☆
今度は北海道へお出掛でしたか!?
日程表を拝見したら、昔家族旅行した時と
よく似た行程なんです。
「これは楽しみ♪」と喜んでいます(笑)。
寝台特急ってまだ未体験。一度は乗ってみたいです。
tane さんの投稿…
素晴らしい! カシオペア、旭山動物園! うらやましいなー。 
”寝台車”って憧れだなー。 
ツーショットの写真で、こちらもシアワセ・オーラを分けてもらった感じです。 
続きを楽しみにしています!
Sana さんの投稿…
★もーりーさん、こんにちは!
コメントをありがとうございます^^寝台車って初めて乗りましたが、時間はかかってもとても楽しいものですね!降りるのが惜しい気がしたくらいでした(笑)。

北海道、本当に移住する人の気持ちが分かる気がしましたよ~!もーりーさんのブログで見ていた”ご当地グルメ”もしっかり堪能してきました♪また何度でも行きたいです。
Sana さんの投稿…
★アンさん、こんにちは!
初めての北海道、とっても楽しかったです^^アンさんも似たルートで旅されたことがあるのですね!懐かしい風景が出てくるでしょうか?

寝台特急も初めてでしたが、個室になっているので長時間でも疲れずに、とても快適に移動できましたよ~。また機会があれば利用したいと思いました。
Sana さんの投稿…
★taneさん、こんにちは!
私も寝台車って一度乗ってみたかったのです^^とっても楽しかったです。平日だったので子供さん連れの日本人家族の姿は見かけませんでしたが、外国人の親子さんなども利用されていましたよ~。JRの海外からの割引はこれも適用されるのでしょうかね?

旭山動物園もウワサどおりとっても面白かったです。それに、知床では本当に野生動物の姿を見ることが出来ましたよ♪
lce2 さんの投稿…
凄い!太っ腹な会社ですねぇ。
こんな優雅な旅、いつになったらできるんだろう・・・。
Sana さんの投稿…
★lce2さん、こんにちは!
もーりーさんの番が来る前にこの制度がなくなりはしないかと冷や冷やした時期もありましたが、本当に順番がまわってきて感激でした♪

人気の投稿