美瑛風景あれこれ


昨年の6月にイギリスへ渡り、ヒースロー空港からロンドン郊外の町へ車で向かう道すがら、延々と続く牧草地を見て、ふと「ひょっとしたら北海道の風景ってこういう感じなのかしらん?」と思ったものでした。それが1年後に本当に、今度は北海道の景色の中を同じように車で走っているのですから、なんだか面白いものだなぁと我ながら驚きます。

 パッチワークの丘(Map Code: 389 036 454*24)と呼ばれる美瑛の初夏の風景は、遠くに見える山を除けば、本当にイギリスのカントリーサイドの風景とそっくり。これで羊でもあちらこちらに放てば、写真だけでは日本かイギリスか分からなくなりそうなほど。(ちなみに今回の北海道旅行では、一度も羊の姿は見ませんでした。いるところにはいるのだとは思いますが…どうなんでしょうか。)

山の有無以外にも、似ている中でもここはちょっと違うな~という点をひとつ上げるとするならば、道の作りでしょうかね。イギリスのカントリーサイドはくねくねとカーブも多くてアップダウンもけっこうあったりするのですが、北海道の道はまっすぐーーーーーーーーと続いて、その辺はどちらかと言うとアメリカみたいな感じ。まっすぐーーーーーの道の方が、その土地の大きさを肌で感じやすいものですね。

 北海道をドライブする間、ほとんど信号がないのをもーりーさんは「走りやすい」ととても気に入っていたみたいです。それから、外灯も民家もない道が続くのを見て、「ジョージアを思い出すなぁ~。夜になったら星が綺麗だろうな~。」と。(時々買い物に出かけたテネシー⇔ジョージア間の道は実際は山道で、写真の感じとは似てはおりませんでしたけど…。その頃のことが気になる方はこちらをどうぞ。)

美瑛は写真家の前田真三さんという方の撮った、いろいろなCMに使われた木のある風景が有名な場所なのだそうです。出っ張りのないなだらかな丘の上に、ポツンと生える大きな木が印象的なところです。その木のある風景を巡って、順番に車を走らせました。

 レンタサイクルなどで巡ることも出来るようです。こちらの写真に写っているのは中国からの旅行者の方たちでしたが、彼らは数人で自転車を使ってまわっていたようでしたよ。写真に写っているのがセブンスターの木、と呼ばれているもの。1976年にタバコのパッケージ写真に使われたのだとか。

上の写真に写っている中国人の旅行者の方たちに記念撮影をたのまれて、この木の下でシャッターを押しました。カメラはもちろん彼らのうちの1人が持っていたカメラで、です。「よい旅を!」って中国語で何と言うのでしょうね。今回の旅行中たびたび中国の方たちと出会ったので、ひと言でも知っていればなぁ…と思いました。

こちらは1972年に日産スカイラインのCMに使われたというケンとメリーの木。CMにケンとメリーという登場人物がいたのだそうです。40年後の今、向こうから走ってきたのは、スカイラインではなくマーチでした(爆)。車のおかげでこの木の大きさが分かろうというもの。ポプラの木だそうです。

「ケンメリの木と一緒に撮って」というので、撮ってあげたのがこの1枚。嬉しそうな顔してますけど、そのCM見たことあるのかいな?


 え?見たこと?な、ないですよ~、私は。だって、それ、生まれた年のCMですもん。ま、もーりーさんは生まれてもいないけど、それでもここに来たかったみたい。

 私は真面目に撮ってあげたというのに、こんなんばっかり”何枚も”ありました(^^; お馬鹿Photoシリーズ、 帽子から木が生えてるバージョン…。にょきにょき。

 馬鹿なことばっかりしてますけど、今回は前回の帰省に引き続き、お互いにカメラを持ったカメラ旅でもあります。ついつい夢中になると自分たちの写真がない!ってなことになっちゃうので、気付いた時に撮っておこう、と。これは車の窓に映った姿をそれぞれが同時に撮ったもの。もーりーのカメラでの写真です。

  この旅からは三脚も導入~。私はマンフロットのコンパクトシリーズ。もーりーさんはヴァンガードのAltaというシリーズ。三脚のおかげで”真面目ツーショット”も楽に撮れて良かったんですが、肝心の風景写真の方は…「難しい~」のでありました。結局今までのコンデジで撮ったものの方が綺麗だったというのもあったりして(爆)。気にしな~い、気にしな~い。

白金の青い池にも行きました。青い水と言えば別府の地獄巡りの海地獄を思い出しますが、ここのは水質調査が行なわれてもなお、水が青く見える原因は不明なままなのだそうです。(Map Code: 349 569 841*78) ここから下は全部コンデジ写真。ペンのバッテリーが切れたので…(笑)。

青い池には白樺の林を抜けて行きます。ここは石や岩がごろごろしていて道はあまり良くないので、歩きやすい靴で行くのが良さそうです。近くのビルケの森も素敵そうだったんですが、もう日が傾いてきたので散策は諦めて、最後の目的地を目指して移動です。


線路もまっすぐーーーーーー。


踏み切り待ちの最中に車の窓から鉄道写真を。ピンボケですが…。JR富良野線でしょうか。電車に乗るのも楽しそう~。この辺りはパノラマロードと呼ばれるところの近く。

こちらは私の見たかったクリスマスツリーの木。ちょうど夕暮れ時に来ることが出来て嬉しい。

就実の丘にも登って、と。ここも【るるぶFREE】に紹介されていた場所。知る人ぞ知る、なんて書かれておりましたよ~。本当かな?!でも、何しろとても見晴らしの良いところでした。(Map Code: 389 165 301*44)頂上(?)一帯は畑なので、道路以外の場所には入らないように気をつけて…と。

 そうそう、ここへ来る途中、さっそくキタキツネを見かけました。見えたのは茂みに隠れる瞬間の、ふさふさの尻尾だけでしたが…。(熊に注意の注意書きも、有!)

さて、最後は就実の丘からのジェットコースターコースを下りま~す!一緒に降りてみたい~という方は、この下の動画をご覧下さいね。(ま、ゆっくり降りているので迫力はありませんが…。)


 次回はこの晩の旅の宿、旭川グランドホテルをお送りいたします。どうぞお楽しみに~♪

コメント

アン さんの投稿…
Sanaeちゃん、こんばんは~☆
ケンとメリーの木、勿論知っています。
だって私が結婚した年のCMですから…(笑)。

スカイラインは息子の好きな車で、深夜放送の
『湾岸ミッドナイト』を付き合わされた眠い
思い出があります(苦笑)。
Sana さんの投稿…
★アンさん、こんにちは!
ケンとメリーの木のCM、YouTubeで探してみたのですが、どの場面にその木が出てくるかいまいち分からず、途中で探すのもやめてしまいました^^;;ははは~。でも木の寿命の長さも良く分かるし、今も話題になるCMってある意味すごいですよね~。

『湾岸ミッドナイト』も知らなかったのですが、漫画なのですね~。もーりーも見ていたか聞いてみようかな?!

人気の投稿