旭川グランドホテル


北海道旅行最初の宿泊地は旭川。手配旅行だったので、該当プランのいくつかの宿候補の中から、旭川グランドホテルを選びました。とても歴史のあるホテルのようで、ロビーには昔のホテルや旭川の街並みの写真が飾られておりました。場所は旭川市役所のすぐ隣。駐車場はこの正面口の反対側にあります。有料ですが、1台たったの500円。


フロントやロビーもクラシカルな雰囲気。そんなホテルにバックパックとトレッキングシューズの私たちはちょっと場違い…^^; と思いきや、やっぱり旅行客も多いみたいで、バックパックの方は他にもいらっしゃいました。ちょっとホッとしたりして(笑)。荷物はすべて若いベルボーイ君が運んでくれました。(靴は街歩きやホテル内用に、別のものも持ってきておりましたよ~。部屋で履き替えました。)


お部屋に案内していただいて一歩入ったとたん、「か…かわいい~!」とテンション上がりまくり(笑)。バスルームのアメニティから想像するに、たぶんスタンダードツインだったと思うのですが、部屋の広さも広い広い。(それともデラックスツインだったのかな?ひょっとして??)

写真では照明をかなり落としておりますが、このスタンドはもっと明るくすることも出来ます。


こちらはソファーのコーナー。ここもまたかわいい~。このソファーはもしかしたらエキストラベッドに早変わりしたりもするのかも…?!

カーテンの柄なども含め、このインテリアはとっても好みで嬉しい! ホテル選びも旅行会社さんにすっかりおまかせしたままで、全然事前にチェックしていなかっただけに、余計嬉しい。


テーブルの上には、こんなメッセージつきの可愛らしいお花まで。永年勤続旅行での利用だということが旅行会社さんからホテルにも伝わっているようで、この後も行く宿行く宿すてきなおもてなしをしていただき、もーりーもそのたびに大感激してました。

このお花は旅の間中、ずっと車のなかで一緒にいたんですよ~。毎日オアシスにお水を足してあげたのもあるけれど、やはり涼しい北海道だから出来たことですよね。


壁にはさりげなくボタニカルアートの額が飾られていたり。
 

家具はすべて旭川家具というものを使っているのだそうで、そのデザインも素敵です。右のキャビネットの扉の中にはテレビが入っています。ちゃんとベッドのほうに向きも変えられるように、可動式の台にのっていましたよ。コートなどを掛けるクローゼットは入り口の近くに。


テレビの入っているのと同じキャビネットの下の方の引き出しには、グランドホテルの刺繍入りのバスローブが入っておりました。薄手のワッフル地でとっても気持ちが良かったですよ~。

そうそう、このホテルは地下に有料のスパもあるのですが、スパでなくとも、お部屋のバスルームもとっても広くて使いやすかったです。私は両方利用したのですが、個人的にはこのホテルのバスルーム位の広さがあるのなら、スパよりもむしろ、1人でリラックスできるお部屋のバスルームの方が居心地がいいかな~。(スパは温泉というわけでもなかったので。)

ボディソープやシャンプー類の香りも、お部屋のものの方が好みだったというのもあります。たしかプロヴァンシアというシリーズで、シャンプー類はラベンダー、ボディーソープはダマスクローズの濃厚な香りでした。

もーりーは大きい湯船に入れる大浴場のスパの方が良いみたいで、「僕は1人でもあっちの風呂に入りに行く!」と言っておりました(笑)。スパは宿泊利用の場合は割引券をフロントでいただけ、1人千円でした。お風呂上りにワンドリンクのサービスあり。(濃厚な昆布茶を飲んでみました・笑)


お部屋は7階。都会のホテルらしく窓からは、お向かいの遅くまで仕事をしているどこかの会社のオフィスが丸見え…という感じでした^^; …が、エレベーターホールの窓からは、旭川の夜景がご覧の通り。

もーりーさんは夜に星を見に美瑛に戻りたそうでしたけど、車は立体駐車場預けだったので星は諦めて、ジンギスカンとビールを求めて旭川の街に繰り出しました(笑)。そのお話はまた次回。


そして翌朝…。お部屋に用意されているポットやカップ&ソーサーを使って、持参のペパーミントティーを寝起きに1杯。これでシャッキリと目が覚めますし、旅行中の美味しいものの食べすぎによる胃の負担も軽減できる…と期待(笑)。おかげ様で毎日絶好調 ^^

旅の荷物には必ず、もちろんお薬も入れておきますが、それより何より簡単な、ティーバッグのハーブティーを2種類(ミントとカモミール)と、ラベンダー精油を入れておくのが私流。(何故?と疑問に感じる方は、拙ハーブ関連ブログをのぞいて見て下さいませ~。どこかに答えがあるはずです。こちら☆)


朝食付きの宿泊プランでしたので、朝は朝食券を持ってホテル内のレストランへ行きました。朝食は17階のシャンドールで和食または洋食のセットをいただくか、はたまた1階のアドニスで和洋バイキングをいただくかを選ぶことができます。

私はどちらでも良かったけれど、もーりーさんの「和洋好きなように両方楽しめる方がいいんじゃない?目の前でオムレツも焼いてくれるんだって!」との意見で1階のアドニスへ。高い吹き抜けの天井にキラキラとシャンデリアが美しい、夢のように豪華な空間での朝ごはん。

 
そしてこちらが、コックさんが目の前でオムレツを焼いてくださるコーナー♪ カウンターに出ていたオムレツの案内には、チーズ、ベーコン&オニオン、えーと…もうひとつはなんだったかな?忘れてしまいましたが ^^;、3種類の具がありました。

私は心の中で「チーズもベーコン&オニオンも両方入れたいな~」と思いつつ、3種類別々なのだろうと勝手に納得し、ベーコン&オニオンを注文しました。背が低いのでコックさんの手元は見えずに残念でしたが、手際よくパパパッと焼き上げていく姿がカッコイイ!


こちらが焼きたてのベーコン&オニオン・オムレツ。ソースは野菜をトマトで煮込んだものとケチャップが用意されており、好みに合わせて後から自分でかけるようになっておりました。私のかけたのは野菜とトマトを煮込んだソース。プロの作るオムレツの美味しいことといったら…うっとり。


もーりーは第1ラウンドは和食系のものを。そして第2ラウンドで「オムレツ焼いてもらってくる」と言い、なんとチーズもベーコンもオニオンもすべて入れてもらったものを手にして、テーブルに戻ってまいりました(驚)!出来るんだ、お願いすれば…。「え?そりゃそうでしょ?」だって(笑)。

チーズ入りを少し食べさせてもらいましたが、トロ~リとしていて、最初に食べたものとはまた違った美味しさでした。


こちらが私の第1ラウンドの全貌。林檎ジュースにパン(かぼちゃやほうれん草を練りこんだパンとクロワッサン)、サラダ、オムレツと温野菜やソーセージ、きのこのバターソテーなど。第2ラウンドは果物を数切れと紅茶をいただいて〆。

ここでもやはり、野菜の美味しさが際立っておりましたよ~。特に蒸したかぼちゃが◎!バターやソーセージもとても美味しかったです。

りんごジュースも美味しい~^^

たっぷり朝ごはんを食べ、名残惜しい気持ちでチェックアウト。旭川では午前中にウワサの旭山動物園に出かけました。お昼には旭川の醤油ラーメンもしっかりいただきましたよ~。

でもそのお話をする前に、次回はグランドホテルに泊まった晩に食べたジンギスカンのお話をお送りいたします。それではお楽しみに~^^

コメント

アン さんの投稿…
Sanaeちゃん、こんばんは~☆
以前にもお話しましたが、旅の楽しさの一つに、朝のバイキングが
ありますね。私達の旅行中の昼食は、各地のラーメンの食べ歩き
でした。函館で食べたラーメンは、丼が擂り鉢で、蟹の足が飛び出
していたんですよ。
久し振りにオムレツが食べたくなりました。
tane さんの投稿…
いいですねー。 
こちらだと、電気がつかないことがたまにあったりして... 
サービスに関しては、日本はどのレベルでも優れていますね。 素晴らしい。  お隣に住むおばあさんは、’アメリカにも昔はあったのよ’なんて言っていましたが、想像がつかない。
Sana さんの投稿…
★アンさん、こんにちは!
今回は朝のバイキングで私は洋食にしましたよ~^^オムレツとっても美味しかったです♪ あんな風に作れるようになりたいです!

ラーメンの食べ歩きも楽しそうですね^^蟹の足が飛び出しているラーメン(驚)!函館は眠っている間に通り過ぎてしまい、まったく街の様子が分からずじまいです。いつかぜひ函館も行ってみたいです。
Sana さんの投稿…
★taneさん、こんにちは!
日本のホテルはさり気ないサービス、旅館的なところだとそれこそ至れり尽くせり…となりますよね^^外国だとわりと、求められれば動く…という感じでしょうか?!

人気の投稿