2012年5月28日月曜日

有田の陶器市②明治夢庵さん

GW帰省旅の続きです。5月1日(木)に福岡から日帰りで、佐賀県の有田の陶器市に行きました。本日1枚目の写真は、その陶器市で買い求めた”母の日のプレゼント”です。これは私から義母へ。かわいいでしょう~^^ 猫の楽団でございます。

その猫の楽団の置物を見つけたのはこちらのお店。明治夢庵さん。入ると手前が陶磁器製の置物などを扱うお店になっていて、その奥が喫茶店になっています。コーヒーのいい香り。手作りの焼き菓子も。コーヒーは飲んできたばかりだったので今回は頂きませんでしたが、焼き菓子は食べてみたくなってしまい、持ち帰り用のマドレーヌを2個購入。帰り道の休憩に車の中で食べました。バターのいい香りがして、とても美味しかったです♪(あらためてホームページをみるとケーキがとっても美味しそう!次回は絶対にここを目当てに来よう!!)

さて、買い物の後でお店の方に許可をいただいて、素敵な店内を撮らせていただきました。腕が悪くて暗い写真になってしまって申し訳ないのですが…。雰囲気、おわかりいただけますでしょうか???

さっきのより明るめにしたのをもう1枚。私の買い求めた猫ちゃん楽団は、ちょうどこの写真の左側の壁の棚に置かれていました。猫ちゃんのオーケストラバージョンもかわいかったなぁ~!欲しいものがたくさんある。。。そうそう、書き忘れるところでしたが、「母の日用に…」とお願いしたところ、可愛らしい和紙の小さな手提げ風の袋に、かわいくラッピングもして下さいました。ありがとうございます♪(その写真を撮り忘れたのが悔やまれます^^;)

 陶器市=器とばかり思っていたのですが、ここはお皿類は置いてなくて、ミクロスと呼ばれるミニチュアの置物がたくさん。そうか~。陶磁器コレクションもいろいろなんだな~。私もこの世界にも興味あるな~(笑)。かなりキケンな誘惑だけど…(爆)。

 本当に、何から何までかわいい明治夢庵さん。このティーポットに猫がはいった呼び鈴、素敵すぎる~~~☆家に付けたくなってしまいます。

 こちらもたまらなくかわいい。お店のそとに飾られていたモビール(?)のようなもの。手作りかな?それとも売り物にもあったのかしらん?

 今回は猫尽くしの帰省だったなぁ(笑)。猫欲がすっかり満たされました。1番上の写真を見るたびに今でも、自分の分も買えばよかった~と思わずにはいられないのでありました…(笑)。



 さて、これにて、GW帰省旅は一応終了でーす。毎回お読みくださった方ありがとうございました。倉敷で買って来たお土産品や陶器市で手に入れたものなどは、そのうちふいに登場するかもしれませんー。

 それでは、明日より1週間ばかり更新をお休みいたします。次回は6月5日前後を予定しております。皆さまお元気で^^


*本日は予約投稿です。コメント欄は開けてありますが、承認とお返事が遅くなるかもしれません。ご了承ください。


2012年5月27日日曜日

有田の陶器市①お目当ては…器か?中身か?

GWの帰省旅の続きです。5月1日(木)は、早朝6時前に福岡市内のもーりーの実家を出発し、佐賀県の有田の陶器市へ出かけました。GWの有田の陶器市に行くのは今回で3度目。数年振りです。

 最初の2回はもーりーの両親に連れていってもらいました。その時は2回とも連休真っ只中の休日に行ったので、朝4時半起きで出発し、途中のファミレスで朝食を食べる…といった感じでした。駐車場を確保するためと、早めに見て、混み始めるお昼には退散…というスケジュール。午後は長崎県の波佐見の陶器市にも行く…といった具合でした。

 が、今回はGW中とは言えカレンダー的には平日。また、お天気も怪しげでしたので、それほど急がなくても大丈夫でしょうと、ゆっくりめの出発となりました。福岡市から有田までは高速で1時間半くらい。8時前には臨時駐車場にスペースも確保することができました。スーパーマーケットの跡地かなにかで、駐車場代は1日500円でした。有田駅からもすぐ近く。

 1枚目の写真は骨董品屋さんの窓辺に”ずーっと居た”猫ちゃん。冷や冷やするけど、お皿と一緒にいても、全然大丈夫みたいですね~。そうそう、陶器市では骨董品も表示価格からぐっと値引きされたりもしますので、そういう趣味をお持ちの方にも面白いかも。別のお店でしたが、「目の保養に見てってよ~」なんて呼びかけをしているところもありましたよ。(そのお店、いろいろお話を聞いて、買いたいものもあったのですが、後で戻ろうと思ったら場所が分からなくなりました・泣。失敗!)

さて、話はスタートに戻ります。まずは有田駅に行き、そこでとりあえずお手洗いを済ませ、近くのテントで陶器市の地図をもらっていざ出発!まだ準備中ではありますが、もうお買い物をしてもOK!お客さんの数が少ないので、お店の人も準備をしながらもけっこう声をかけてくれたりします。私たちは有田駅方面から歩き始め、隣駅の上有田駅を目指します。だいたい4キロくらいの道のりに、左右陶器を売るお店やテントがずら~り。

お店の看板も陶板で作られていたり…。

軒先を照らすランプの傘も有田焼だったり…。


古い町並みも魅力的。

 山あいの町で緑豊か。いつも陶器市の時に慌しく来ているけれど、いつかもっとゆっくり滞在してみたい。お買い物ももっとゆっくりしたいし、近くの温泉にも足を運びたいし、博物館などもゆっくり見てみたいなぁ!

 来るたびに、同じところで休憩を。陶器市の時だけ営業するという休憩処。カップを選ばせてくれるのです。もーりーさんは焼酎カップでアイスコーヒー。私はホット。代金はそれぞれ200円。美味しいです。私たちが入ったときは売り切れでしたが、他にところてんなどもあったようです。食事メニューはなし。

店員さんは学生服を着た女の子達。ボランティアかな?

いつもは駐車場かなにかなんですかね?左脇に階段があり、そこから器類を売るお店につながっています。コーヒーを飲んだのと同じものも2階のお店で買うことが出来るようになっていました。

食べ物の屋台もちょこちょこ出ています。100円でなぜか山形名物の玉こんにゃくの串が売っていたり…(美味しかった!)、この”ごどうふ”も一食の価値あり!!の美味しさ♪

ごまだれでいただく”ごどうふ”がこちら。もっちりとした舌触りの、コクのあるお豆腐です。そうそう、食感としては胡麻豆腐などに似た感じ。私たちが食べたのはたまたまごまだれでしたが、これに甘いものをかけたデザートや甘味風の食べ方をするお店もありました。

 ウィキを見ると佐賀や長崎で食べられているとありますが、中でもやはり有田のものが有名なのだとか。とっても美味しいです♪ また食べたくなる~~~(笑)。

お昼ごはんも、もーりーさんはここでカレーうどんが食べたいって言っていたんですが、昼時にここまで戻ってくるのがなかなか大変で、結局別なところで…。

 そうそう、隣に「窯大OB作品広場」とありますが、有田の陶器市の面白いところは、いかにも和食器というのもや、日本で作られた正統派洋食器なんてものやら、先にも挙げた骨董品(いわゆる古伊万里)、そして作家さんものの様々なスタイルのもの…と、いっぺんにいろいろなものが見られるところです。有名レストランが使っているお皿…なんてものも中にはあったりするようです。

と、いったん器の話をしておいて、結局食べ物のところに戻っちゃうんですが(笑)。こちらはお昼ご飯に食べたカレーライス。これも陶器市用に営業しているお店で。500円でカレーライスとコンソメスープ、それから麦茶は飲み放題、というものです。屋内はテーブルが少しでしたが、外にも食事のできる席がずら~り。私たちは空いているうちに決めたので、屋内の席でゆっくりさせてもらうことが出来ました。美味しかった~♪ 食べ終わる頃には外の席も人でいっぱい。

 カレー屋さんの向かいでは、同じくテントのような厨房で、パスタランチを提供しているお店がありました。そちらも美味しそうでした^^

ハイ、本日は、最後まで食べ物ネタにしてしまいました~(笑)。当初の予定では有田駅から上有田駅までの4キロを歩き、そこからひと駅分電車に乗ってUターンして終了!とするつもりだったのですが、平日ということもあって通りはそれほど混んでおらず、もう一度見たい店もいっぱい。で、今回は歩いて同じ道をUターンすることにしたのです。往復8キロのお散歩。

 ところが、これはあまりおススメできない方法でしたよ~。冒頭でも書きましたが、後で戻ろうはキケン!!朝の準備中の状態と、店の雰囲気はガラリと変わってしまいますし、人出も休日よりは少ないといっても早朝よりは多くなっていて、なんと、ちゃんと再び戻れたお店はごくわずか…という結果に(泣)。地図に本当は番号がふってあるので、その都度丸印でもつけておくべきでした。(お店の方が店番号を念押ししてくれた店にはちゃんと戻れたのです~。)

 そして、15時頃には大粒の雨も降り出しました。道半ばの位置。雨宿りも兼ねて、梅が枝餅で一服(笑)。大宰府名物の梅が枝餅も出張販売に来ておりました。大宰府も帰省の時に行こうか行くまいか迷う場所のひとつだったので嬉しい!今回は行かなかったのですが、やっぱり食べられるなら焼きたての梅が枝餅も食べたいですもんね♪ 熱々のお茶と熱々のお餅でほっと一息。あ~幸せ~。

 Uターンして目星をつけておいたものを買いまくる(?)作戦は惨敗してしまいましたが、それでも楽しい陶器市。あ~毎年でも来たい。次回は”後回し”は厳禁として、欲しいと思ったものは即ゲットと行こう!と誓う私でありました。

 ②もお楽しみに~。


*本日は予約投稿です。コメント欄は開けてありますが、承認とお返事が遅くなるかもしれません。ご了承ください。

2012年5月26日土曜日

雨の日、浮羽の道の駅でお弁当を食べる

 GW帰省旅の4日目の4月30日、福岡は1日中大雨。本当は義父も一緒に有田の陶器市へ行く予定でしたが、雨の中を歩き回るのも・・・・ということで、翌日は晴れるらしいと知り、この日は取りやめに。

 急遽予定を変更して、浮羽の道の駅(道の駅うきは)まで、もーりーさんと二人でのんびりドライブをすることに。浮羽の道の駅は、福岡に住んでいた時も連れてきてもらったことがあり、ちょっと気に入っていたのです。もう一度行かれて嬉しい♪ 当時は浮羽の道の駅などで仕入れたものを使って、味噌作りをしたのですよ~。

 気軽な食堂でおうどんを食べた記憶もあったので、お昼はそれにしようと…思ったのですが…なんと、お食事どころは記憶と違っていて…あれ?あれ?よその道の駅と頭の中で混ざっちゃったのかな???

  というわけで、おうどんはあきらめて、たくさん売られている美味しそうなお弁当の中から好みのものを買い、車の中でそれを食べることにしました。こちらはもーりーさんの選んだかしわご飯のお弁当。

 福岡で生活していれば野菜などもたくさん買って帰るところだけれど、帰省旅ではそうもいかない~。郵送もしてくれるらしかったけど、まだ何日も家に帰るまであるのでそれも無理…。うーむ、道の駅で買い物しないなんてストレスになる~(爆)なーんて思ったけれど、お弁当を買ったら満足!(笑)。

 これ以外にも、もーりーさんはお土産用にかしわご飯のおむすびを2種類も買っておりました。それは夕飯に皆で食べるためのもの。

  こちらは私の選んだお弁当。両方ともお弁当は400円しないのですよ~。360円くらいだったかな?パッケージには作り手の方のお名前がすべて明記してあるんです。だれそれさんのお弁当、だれそれさんのお惣菜って、決めて買う人もあるらしい。うんうん、それって分かる!だって、かしわご飯のおむすびも、2種類買って、どっちもやっぱり違う美味しさだったもの。お弁当はどちらも本当にほっぺたが落ちそうなくらいに美味しかったです^0^道の駅ブラボー!(神奈川にももっとあればいいのに~。)

 このお弁当を食べた後は八女茶のお徳用パックを買って、さらに耳納の園芸センター(にじの耳納の里)に行きました。そちらでは主に植木を物色。そこも以前来たことあり、いつか家を建てたらここで植木を買おうと思っていたのです(当時はそのまま福岡永住と思っていたので)。そして今回、なんとそれを実行!住んでいるのは神奈川県だけど。

 わが家の車はミニバンのセレナ。二人しか乗ってないので、帰省の荷物やお土産を積んでも、後ろはがら~んと空いている!まだ気温もそれほど暑くはないし…。というわけで、あれこれ大小合わせて植木などを購入。9鉢買ってもたったの6千円!安いのは知っていたけれど、それにしても嬉しくなる♪ 楓(もみじ)を緑&赤の2本。牡丹を1本。ヤブデマリを1本。ビバーナムを1本。ギボウシとアイビーをそれぞれ2鉢ずつという内訳。アイビーは別にここで買わなくても良かったんだけど、まぁ、安かったので。

 楓はもーりーさんが「自分で選びたい」と言って熱心に選んでおりましたよ~。植え付けもしっかりやってくれたし。ガーデニングに目覚めたのかも?!厚木で買うともみじは小さいものでも何千円もするのですが、耳納では小さめのものなら1本800円でした。一番高かったのはビバーナムで、それでも2100円。セレナの天井にちょっとついちゃうくらいの背丈のもの。

 買い物かごにこれらを積んでレジに持って行ったら、そばを通ったおばちゃん達が「ひと庭できそやね~^^」と(笑)。それに対して「これから庭造りです~」と嬉しそうに応えたもーりーさんを見て、私も心の中で「やった~!」という気持ちになりました♪ 植えつけた植物達の様子は、また後々ご紹介したいと思います。

 次回は有田の陶器市をお届けいたします。お楽しみに~♪

2012年5月25日金曜日

相島(あいのしま)までプチ船旅③めがね岩と積石塚古墳群

 GW帰省旅の中の、相島までのプチ船旅の続きです。港から離れ高台の方へと上りつつ、再び海沿いへ出たところがこんな感じ。何これ?防波堤なのでしょうか??

 いえいえ、これは防波堤ではありません。これは相島の積石塚古墳群のひとつです。4世紀から5世紀にかけて造られたもの…との記述も見られ、国の史跡に指定されているそうです。

 島にはこんなにたくさんの史跡があるのだとか!私たちはこの地図で1番右端(東?)にある、鼻面半島というところまで歩きました。前々回に3分の1程度と書きましたが、こうやって地図を見ると4分の1程度…でしたね^^; 島はぐるりと1周できるそうですよ~。今回は写真を撮りながらだったので2時間でも4分の1しか歩けませんでしたが、次回は歩くことをメインにして、ぐるりと周ってみたいですね。

 この積石塚古墳群のある場所からは、長井浜とめがね石(鼻栗瀬)が望めます。相島随一の景勝地とのこと。港からは近いので、散歩がてら来るのは簡単。

 めがね石周辺は良い釣り場でもあるそうで、船で渡る人もけっこういるのだそうです。もーりーさんがこれより望遠で撮った写真には、なるほど人影らしき姿が何人か写っておりました。

 「そろそろ戻るよ~!」「はいよ~!ちょっと待っとくれ~」またはぐれたらかなわんし…(笑)。

この道を抜ければ、もう一度舗装路に出ます。

港に下って、再び猫たちとご対面。

サヨナラと手を振りつつ、慌しく船に乗り…

 大満足のプチ船旅は終了~!帰りには新宮町の鶴の湯へGO!(たくさんある手軽な温泉も、福岡帰省の楽しみのひとつ。)次回は浮羽の道の駅をお送りいたします。お楽しみに~♪

2012年5月24日木曜日

相島(あいのしま)までプチ船旅②ちょっぴりハイキング

 GW帰省旅の中の、相島(あいのしま)へのプチ船旅の続きです。渡し舟から見た相島の港の様子はこんな感じ。船を降りた後、写真で見える山並みに沿って、右手方面へぐるりと島の3分の1程度を散歩しました。

 帰りの船の切符はここで買います。船を降りたらまず、ここで帰りの船の時間を確認した方がいいかも。私たちはお昼前に到着して2時間程度滞在しました。

 この待合室の近くには、食堂とお土産物屋を兼ねたお店が1軒あり、昼時には大勢の人が食事をしていました。

 海から離れて登り傾斜の続く舗装路を歩きます~。新緑が気持ちよく、ちょっとしたハイキング気分。

 木々の隙間からは港が見下ろせます。何かの養殖かな~と思ったら、相島では真珠の養殖を行なっているのだとか。お土産物屋さんはのぞかなかったのですが、一見するとそういう雰囲気には見えなかった(お魚屋さんのような感じだった)けど、ひょっとして真珠も売っていたのかしらん?

 舗装路とは言え、山っぽくなってくると植物も豊富に。ノイバラがところどころに咲いていました。てんとう虫の姿も。

 もーりーさんの見つけた何かの卵、の跡。カマキリって言っていたのかな?忘れてしまいましたが…。

 私たちが歩いているのは車も通る舗装路ではありますが、脇の斜面にはこのような縄梯子が…?!何だろう?!これは…。「山の保守用じゃないの~?」ともーりー。なるほど~。

 山桜もたくさん咲いていました!

 散ってもきれい。海だけでなく山の風景も満喫できる相島。これだけでも、思いがけず良いGWを過ごしたな~という気分。すっかりリフレッシュです♪

 次回は島にある自然の造形と人工の造形をお送りします。お楽しみに~^^

2012年5月23日水曜日

相島(あいのしま)までプチ船旅①猫



GW帰省旅の続きでーす。(いったいいつまで続くのやら?!)さて、神奈川⇒福岡間を車で延々と帰るのには、荷物をたくさん積めるという以外にも訳があります。

それは、実家滞在中も自由にどこにでも行かれるから♪ 里帰りと言いつつもその実態は、もーりーさんの実家を拠点に、福岡や近県をあれこれと動き回って遊ぶ…だったりして(笑)。義父の運転で出かけることも今まではもちろんあったのですが、今回は休みがあまり合わなかった等もあり、滞在中もーりーさんと二人の遠足の日々となりました。

その第1日目は相島(あいのしま)。住所的には福岡市のすぐお隣、新宮町となっておりますが、ここは船でしか行かれない”島”なのでございます。ここはもーりーさんにとっては、子供の頃におじいちゃんと釣りに来たりしたという思い出の島でもあるようです。


新宮の港から小型の船に乗って15~20分。屋根付・椅子付の場所もありますが、私は断然デッキがいい♪ 船と海、大~好き♪♪  曇っていたけれど、玄界灘に浮かぶいろいろな島が見えました。福岡ってけっこう島があるのですよね~。他のところもいつか行ってみたいな~。


相島に到着~!乗ってきたのはこんな船。綺麗な形とカラーリングですよね^^ 船代は大人片道420円だったかな?あと、新宮港の駐車場代がいくらかかかります。


船を降りると、さっそく漁師町らしい雰囲気たっぷり。さて、私たちはいったいここに何をしに来たのでしょう?もーりー母にも「相島?!何しに行くと?」と半ば驚かれたのではありますが・・・(笑)

 
じゃじゃーん♪ いたいた♪♪ 猫にゃんにゃん♪♪♪ 今回の相島へのプチ船旅の目的はコレ!「猫写真を撮ること」で~す ^0^ フォトパスで福岡の猫ちゃん達をたくさん撮ってらっしゃる方の写真を見て、もーりーさんに「福岡で猫がたくさんいるところってどこ?」と聞くと「相島やろ?」と。で、連れてきてもらったのでありました。わーい。

普段暮らしている場所では、もうのらちゃんの姿なぞとんと見かけないようになってしまったので、そうなると猫写真もなかなか撮れないんですもん。ウチの猫ももーりーの家の猫も残念ながらもう居なくなってしまって久しいし。


こちらはもーりーさん撮影の1枚。漁師のおじさんが鯵を水揚げしたところを、じーっとにゃんこが見つめております。


猫にゃん達、大勢いるのです。少なくなった・・・とのことですが、それでも「こんなに~?!」というくらい、いっぺんにたくさんの猫さんを見られます。猫天国♪


座って手を差し出したりするとうわ~と何匹も寄ってくるけど、あえてそれをせず、離れたところから撮る。猫が猫のままの姿を撮りたいし…。「媚びた振りくらい気が向いたらいくらでもしたるけど~、本当は人間のことなんてどうでもいいやん」みたいな態度が、私にとっての猫の魅力(笑)。って、なんのこっちゃ?!


と言いつつも、こんな風にそっけないながらもしっぽがピンと立っているのを見たりすると、「あんた、ごきげんなのね~ん♪」と嬉しくなったりするのでありました^^ ひとりでも勝手にごきげんってのがいいんだよね~。かわいい。

猫がこの世からいなくなったりしたらつまらん。猫の住み良い場所がたくさん日本にも残りますように。それはきっと、人間にも住み良いはずだから。なんてね。

さて、次回は猫以外の相島の様子をご紹介いたします~。お楽しみに♪