初詣:八菅神社(愛川町)


2013年の初詣は、元旦に愛川町の八菅神社(はすげじんじゃ)へ行きました。八菅神社は八菅山(標高225m)のいこいの森というハイキングコースの途中にあります。近くまで車で行き、中津川の河川敷に停めさせてもらいました。



山の中にある神社とあって、竹林や大きな木がたくさん見られ、とっても清々しい環境です。



お参りをするためのルートは二つ。ひとつはこの300段あるという石段を登っていく方法。もうひとつは舗装されたなだらかな迂回路を行く方法。私達は、行きはこちらの石段を登り、帰りはゆっくりと迂回路を歩いて降りてきました。



石段はけっこう急なうえ少々がたつきもあるので、スニーカーなどのすべりにくい靴を履いている方が良さそうです。



なかなか立派な手水舎の装飾。八菅山はその昔は蛇形山(じゃぎょうさん)と呼ばれてたそうで、山の形が竜のようだと名づけられたと境内の掲示板に書かれていました。こちらの装飾も竜が四隅にいらっしゃいます。



元旦とあって初詣の参拝者もたくさん。有名どころの大混雑とは違い、このくらいの活気や賑わいは楽しい気分を盛り上げますね。



こちらの彫刻もこれまたなかなか立派。ここで我家は干支の絵馬つきの破魔矢をひとついただきました。



こちらはお賽銭のために並んでいる時にとった屋根の写真。ちょっと、見えますでしょうか?屋根の右端に、なんと「しゃちほこ」が付いてます。なんだかそこだけオレンジ色が鮮やか(笑)。あとからつけたのかな?

 
鈴も大小あってかわいらしい。私は小さい鈴を鳴らしました。
 

おみくじもお約束。私は吉でしたが、中に書かれていた歌が気に入ったので、そのままお財布に入れました。
 
ほかに、参拝客には甘酒がふるまわれ、みなさん焚き火を囲んで美味しそうに飲んでいましたよ。私達は甘酒は遠慮して、お参りの後はそのままハイキングコースを歩いてみました。
 

展望台までの道のりもとても綺麗に舗装されていて歩きやすいです。途中にアスレチックもあったりと、子供と一緒に楽しめそうな山でした。地元の小学校の遠足コースにもなっているのだとか。展望台からはうっすらスカイツリーも見えましたよ~。
 
 
展望台の周りには色とりどりのツバキ(サザンカ?)がたくさん咲いていました。
 

別の季節にも訪れたくなるような、とても素敵なところでした。
 
 
 

コメント

人気の投稿