鎌倉宮の骨董市

昨年11月の第二日曜日(11日)のお話です。お友達と早起きをして、鎌倉宮の骨董市へ行ってきました。お友達は骨董市へ行くのはまるっきり初めて。私にしても、実は神奈川県の骨董市は初めてです。そんなわけで何があるのかわくわくしながら出かけました。

着いたのは朝10時前。本当は冬場でも7時からやっているとのことなので、10時では早いとは言えないのですけれど、県内でも鎌倉までは電車を乗り継いでぴったり1時間。鎌倉宮は鎌倉駅から歩いて30分くらいかかるので、9時半までに鎌倉駅に到着を目標にして、今回はこれがギリギリの線、というわけ。

駅からはバスもありますが、いつもは混雑している小町通も、お店の開店時間前はさすがに人通りもまばら。骨董店やお食事どころのウィンドーを眺めつつ、ゆっくりと散歩気分を楽しみながら鎌倉宮へと向かいました。

本当に掘り出し物を見つけたければ始まり直後に駆けつけろ・・・とは言いますが、目当てのものが何かあるわけでなし。神奈川の骨董市はどんなもんかな~と。

この日は七五三の日だったり、午後から雨の予報だったりで、いつもより出店者さんは少なめだったみたいです。ま、それでなくても規模は小さい(40店だそう)。この日は全部で20も出てなかったんじゃないかな?

それでも和洋取り混ぜて、いろいろあって面白いことは面白い。お客さんもまだ少なかったので、まずは慌てず全部のブースを見てまわって・・・ということが出来ました。友達はかなりひとつの店ではまっていましたが(笑)。

何に使うのか分かんない~というような「ガラクタ」の類は比較的少なくて、時計なんかでも、「みんな修理してから出してるよ。使えないもんなんか出さないよ!」との声も。

小1時間ばかりいて、人も少なかったのでおしゃべりしながらいくつかのお店でちょっぴりお買い物を楽しんで、写真も撮らせていただきました。

この日の私のお買い物はご覧の通り。右上から漆のふたつき椀2つ、ローゼンタールのグリーンティー用のトリオをひと組、昭和30年代くらいの猫のフィギュアリンひとつ(本当はテグスのような素材のひげがついてるらしいのですが、私の選んだのは取れちゃっててナシ)、紅梅柄の脚付角皿1枚。

〆て4800円也~。金額的にはまぁまぁのお買い物ではないでしょうか。ちなみに角皿は、お店のおじさまにいくらかおまけしていただきました♪ うふ。アンティークとか骨董なんて感じではなく、どれもユーズドってなお買い物ですけどね。”愛でる”のではなく”使う”のですからいいのです。

しかし結論から言うと、このお買い物は80%の成功というところでしょうか。漆はちょっと、正直実用に不向きでした。千鳥と青海波の柄でかわいんだけど、吸い物を入れると鼻をつく匂いが立ち上がってきて・・・それに蓋をすると内側が湯気で変色してくる・・・(水滴状に変色する)んですよね。お正月に使いたいな~と思ったのですが、事前にテストしてNG。漆器はやっぱりちと難しかったです。もっとお勉強してから手を出すべきでした。でも、乾燥しているときには匂いはしないし、買うときお湯なんて入れられないから、チェックするのはけっこう困難なポイントかもしれません。私には不向きなアイテムなのかも。今度は新品を探そう・・・。

と、失敗談もありつつも、それでも角皿はしっかりおせちに活躍したし、ローゼンタールは美しくって、ラプサンスーチョンやジャスミンティーなどの中国茶を飲むのにぴったり。陶器の猫のフィギュアリンもなかなかわいらしいのです。どれもすごーくお気に入り。やっぱり骨董市は楽しい!

さて、しっかりエコバックに荷物を詰め込んで、雨の降らないうちに帰りましょうとお昼過ぎには鎌倉駅を後に。お土産に鯵の押し寿司もお忘れなく。ホームでも買うことが出来ますよ。2種類あるけど、もともとは大振りのものがオリジナルなんです、とは売り子の方の弁。

乗り換えの大船駅の駅中カフェで暖かいチャイを飲みながら、戦利品を見せ合ったのも楽しいひと時でありました。

そうそうそう言えば、この日の朝は6時半のオレンジ色の朝焼けがとても綺麗で、3時に起きたという骨董市の出店者さんと、「今朝の朝焼け綺麗でしたね~」と盛り上がったのも嬉しかったです。朝陽と夕陽の美しさを見られるのがこの仕事の楽しみのひとつ、とおっしゃっていましたよ^^


鎌倉宮 骨董市
〒248-0002
 神奈川県 鎌倉市二階堂154番地
(骨董市は毎月第二日曜日だそうです。)


コメント

アン さんの投稿…
Sanaeちゃん、こんばんは~復活おめでとうございます。
もーりーさんも無事ご帰国されて、賑やかな新年を
お迎えになられたんですね。
なっちゃん、喜んでいたでしょうね❤
さて骨董市、良いお買い物をされましたね。
漆の器、使い初めのツンとした漆特有の匂いでしょうか?
それなら使っていく内に気にならなくなりますが…。
ネットで調べたら、
『少量の酢を加えた米の研ぎ汁を、やわらかい布につけてふき、
ぬるま湯で洗うとにおいが消えるでしょう』
とありました。一度試されては?
Sana さんの投稿…
★アンさん、おはようございます。
同じ場所で復活できてホッとしました^^
もーりーが帰ってきた数日は、なつこはすっかり忘れてしまった(?)ようで、逃げ隠れてしまい、彼はショックを受けていました(笑)。多分、匂いが違ったんでしょうね~。エサをせっせとあげるうちに、またなついてくれるようになりましたが。

漆のお椀、米びつに入れると良いと聞き、やってみたのですが…。お酢も良さそうですね。ありがとうございます。試してみます♪
lce2 さんの投稿…
日本の古食器は難しそう・・・。
ウチが集めてるアメリカのヴィンテージは大量生産品だから、本とかネットで調べてスペックさえ分かれば何とかなりそうな物が多いんです。最近、店内でスマホで調べたりします。(笑)
Sana さんの投稿…
★lce2さん、こんにちは!
なんというか、価値の定まったものが欲しいというわけではないんですが、漆器は見分けも含め、ちょっと難しいかな~というのが感想です^^; 陶磁器は気に入りさえすれば◎なんですけどね~。でもやっぱりこういうのは普通のお買い物とまた違った楽しさですね♪ スマホ、まさに歩く百科事典みたい。

人気の投稿