花菜ガーデンで12月のバラを撮る


すでにひと月前の話題ではありますが・・・12月6日にお友達と「バラを見に」平塚市にある花菜ガーデンに出かけてきました。(そこでのランチの様子はこちらをご覧下さい。)

 12月にバラ?!とお思いになるでしょうけれど、咲いていたんですね~。温室でもないのにそれなりの量のバラが。もちろん事前に現在の開花情報などをチェックしてから出かけましたよ~。ちょうど11月末まで秋のローズフェスティバルをやっていたのは知っていたので、1週間後でもまだ咲いているかしら・・・と。期待通りでした^^

 この日はカメラ2台持ち。1台はミラーレスのペン。もう1台はニコンのデジイチ。お友達がデジイチ購入を検討しているということで、好きな方を使って試してみたら?という目的で。

 あとは、昨年の誕生日に、もーりーがマクロレンズ(AF-S Micro NIKKOR 40mm 1:2.8G)を贈ってくれたので(!)、そのレンズでバラ撮りを試したいなぁ・・・と。んで、本日の1枚目はそのマクロレンズで撮ったグリーンローズの写真です。(ピント合わせがまだちょっと難しくて、なんとなくぼや~んとしちゃってますが…^^;)


こちらは同じくマクロレンズで撮ったフェアリー・クィーンというバラ。ものすごくいいお天気で、太陽の方向を考えると同じ構図ばかりになっちゃった(笑)。もうちょっとピントを花にしっかり持ってきたかったのですが、でもまぁ、うしろの玉ボケが美しく出て嬉しいです。キラキラ~ン☆あぁ、春が待ち遠しい。


ハイ、ここから先はミラーレス一眼のペン(E-PL1s)での写真です。最初は友人にペンを貸してあげていたのですが、「こういう感じに撮りたい時はどうすれば?」「あんな感じに撮りたい時にはどうすれば?」と(操作に関する質問に答えているうちに、「こっちのデジタル一眼使ってみる?」と…。

プログラムモードとかアートフィルターとか使わずに、自分でその都度あれこれ設定を変えて撮りたい時って、私の使ってたペンはちと面倒くさいのです。いちいちメニュー画面から設定しなくてはならなかったり、ボタンを連打しなくてはならなかったりして…。最初に設定をパシッと決めてしまったり、ボタンの配置を覚えてしまえば楽なんだけどね。EVF内で設定数値も見えるし。でも初めてだとやりにくそうで・・・。

反対に、デジタル一眼レフは、ひとつの画面で設定がある程度簡単に変えられたり、ダイヤルだけで絞りとかも簡単に変更できるので、「こっちの方が楽」と彼女。もともと買うなら最初からデジイチの方がいいな~とも言っていたので、SDカードを差し替えてカメラを交換しました。

そして実は、結果的に私にとってはこれがマイ・スイート・ペンを使う最後の機会となりました。


ペンも、アートフィルターなんて使わなくても、絵画的なしっとりとニュアンスのある色合いが出せて、すごく素敵なんですけどね~。で、「最後の機会になった」とはどういうことかと申しますと・・・

この先、ペン用にマイクロフォーサーズのちょっと良いレンズを追加するかどうしようかと迷っていた矢先のこと。イギリスに滞在していたもーりーさんとビデオチャットをしていた時に、こう切り出されました。「ペンを買い取りたいって人がおるんやけど。どう?」


う~ん、そうか。そんな人がおるんか。3万円でどうかって?それはすごくありがたい話かも。この先、ペンでもレンズを追加したい気持ちになっちゃうと、正直大変だものねぇ・・・。ニコン1台で行くって決めたら、レンズはもーりーと共用できるんだもん。(実際今もそうしているし。)

それにD3100ってボディもすごく軽いから、短い単焦点レンズ付けたら、デジイチでもかなりコンパクト。持ち歩きも全然苦ではないのですよね。そうなると、だんだんペンの使用頻度が減ってきて・・・というのは確かなんです。この日もけっこう久しぶりで。って、持ってるだけはもったいない!

ほら、ね、ミラーレス一眼の初期機種の標準レンズでも、こんな玉ボケが出るのに。


それにしても、こうして撮ったものを今頃見ちゃうと、手放したのが惜しくなってしまいますね(笑)。ペンで撮る赤の色合いがとりわけ好きでした。撮れる写真の色がそのままでもアート系って感じのカメラだったような気がします。透明感があるっていうよりは、なんだかしっとりとしているのよね。(レンズ換えればまた違った雰囲気になるんでしょうけれど。)

しかしまぁ、そんなこんなで、結局は年末に一式まとめてもーりーさんの会社の方にお買取いただいた、というわけなんです。ダブルレンズキットを32000円で買ったのに、保障期間内とは言え3万円で買い取ってもらったって、どんだけ高価買取なん?!


いえいえ、誤解してもらっちゃ困ります。もちろんダブルレンズキットの組み合わせだけじゃないんですよ。レンズにはフィルターはもちろんつけてますし、別売りのEVFもそのままお付けしましたし、EPL1sが対象になっているPENの本も二冊お付けしましたもん。ま、買い取ってくださったのは男性なのに、本は女子向けではありますが(^^;


それはともかく、私もそうでしたが、初めてのレンズ交換式カメラがペンだというのは、実感としてすごくいいんじゃないかなぁと思うんですよね。この日一緒だった友人のように最初から目当てはデジタル一眼レフと決めている人なら話は別ですが、そうではなくて、小さいサイズも重視したいとか、いろいろな機能があって撮るのが楽しいカメラがいいって人なら、本当にその通りでしたもの。それでいて、その気になればデジイチにステップアップできるだけの”お勉強”もしっかりと出来ますしね。

なので、引き取ってくださった方も、めいいっぱいペンを楽しんで、素敵な写真をいっぱい撮ってくれるといいな~と思います。

さて、こちらの薄紫色のバラの写真は、ファンタジックフォーカスというアートフィルターを使って撮りました。幻想的な雰囲気になります。こういうのも簡単に出来ちゃう。(個人的にはあまり使わなかったけど・・・)

 
おぉ!クレマチスまで咲いている!!
 

12月にまさかこんなにたくさんバラが楽しめるとはねぇ。太陽の光も、晴天とはいえ初夏や真夏よりは、だいぶやさしい感じです。
 

時間帯としては、午後2時から3時という感じでしょうか。撮っている時は「サングラス持ってくればよかったね~」と言い合うような眩しさを感じていましたが、撮れた写真を見ると、晩秋らしいしっとりとした色合いの光なんだなぁ・・・。
 

さぁ、いろんな機能を使ってみよう!ローキーで撮ってみました。
 


ハイキーで撮ってみました。
 
 
太陽の光を浴びてみました(笑)。って、これは機能と関係なし。
 
 まだまだこれから咲かんとする、天高くはるか頭上のつぼみたち。のびのびとしています。
 

のびのびと言えばこちらも。楽しめるのはバラだけではありません。菜園にはすっごく大きなブロッコリーが収穫されるのを待っていましたよん。これがレストランで使われるのかな?美味しそう!
 
 
カリフラワーも大きい~!家庭菜園もあこがれますね~。
 

こちらはサザンカ。日本の花もいいね。
 

果樹園にはあけびの実。食べられる実のなる木もいいね。
 
 
冬仕様の花壇もすごくいいね。
 
あっという間に2時間経過。大充実の午後でした!
 

冬でも花撮影は楽しい!石畳の落ち葉が、今の季節を思い出させてくれます。こちらはモミジではなくモミジバフウという木の葉っぱ。大人の手のひらほどの大きさです。(夏に花菜ガーデンに行ったときの2010年の記事はこちらです。)
 
 
〒259-1215
神奈川県平塚市寺田縄496-1
 
 
 

コメント

アン さんの投稿…
Sanaeちゃん、こんばんは~☆
昨日・今日と穏やかな日でしたが、明日から曇るそうですね。
冬でも薔薇!それも冷たい空気に負けじと精一杯咲いている!
何だか感動しますね。
そう言う我が家も一鉢だけ咲いていますが、やはりくすんだ
色合いです。
ブロッコリー、今凄くお高いから、一番気になりました(爆)。
Sana さんの投稿…
★アンさん、こんにちは!
12月にこれほどのバラが咲いているとは私も驚きました。

国産のブロッコリーを買おうと思うといつも愛知県産と書かれているので産地のイメージですが、そちらでも今はお高いのですね。年末に無農薬で有機栽培のブロッコリーを奮発して買いましたら、本当に本当に美味しかったです。(ここのガーデンのではありませんが・・・。)あぁ、また食べたいなぁ~。

人気の投稿