鎌倉でランチ:そば処「千花庵」


昨年11月のこと。鎌倉宮での骨董市の帰りに、近くにある千花庵というお蕎麦屋さんでお昼ご飯をいただきました。千花庵はひっそりとした住宅街にあるこじんまりとしたお店。開店時間を少し過ぎた頃にお邪魔したので、まだお客さんは私達以外にひとりだけという感じでした。待たずに入れてラッキー。

 ストーブの焚かれた暖かい窓際の席に腰を落ち着け、そばの食べ比べの出来るセットを注文。お蕎麦だけのセットと天ぷら付が選べるのですが、食いしん坊の私達は天ぷら付をお願いしました。この日のお蕎麦は、1枚目は福島県の山都というところのお蕎麦(写真)と、2枚目は北海道の浦臼ということのお蕎麦の2種類。もちろんそばつゆが付いてきますが、お塩をつけて食べても美味しいと教えていただき、その食べ方も試してみました。(蕎麦そのものの香りが塩で食べるとよく分かる!)

 山都のお蕎麦は色も白く食感も繊細な感じ。コシはあるけどとてもやさしい味わいで、初めて食べるタイプのお蕎麦でした。上品でとても美味しかったです。浦臼のお蕎麦はしっかりとした歯ごたえと香りのどっしりとしたお蕎麦という印象。こちらは食べなれたお蕎麦に近い味わいで、ざるでいただきましたが、かけでも美味しいだろうな~と思いました。

 こんな風に産地の違うお蕎麦を食べ比べるのは初めてでしたが、それぞれの特徴が楽しめ、とても良いなと思いました。季節ごとに入荷するお蕎麦が違うので、行く度にいろいろな土地のお蕎麦がいただけるのかもしれません。それぞれの蕎麦の産地で食べるのとはまた違う楽しみ方ですよね。


天ぷらも文句なしの美味しさ!!カリッと軽く揚げられていて、すご~く美味しかったです。大きな海老が1尾と、カラフルな野菜、肉厚の舞茸。あ~、もう一回食べたい(笑)。

 鮮やかなグリーンとピンク色をした、2種類のビタミン大根の天ぷらがとてもユニークでした。お友達と「これ、何だろう?ズッキーニ?にしては食感がカブっぽいね。」とか、「この赤いのはビーツ???」とか言いながら食べるのも面白かったです。お店の方にお聞きしての答え合わせも楽しい。

 後から後からどんどんお客さんも増えてきて、いつの間にか席も埋まり。目立ったのはひとりでふらりと来たような男性客の姿。気が付けば、あちらもこちらもそちらも。観光客と言うよりはきっと、ご近所さんなのかな~といった雰囲気。サッと来て、シンプルに日本酒と小鉢、そしてお蕎麦を食べ、再びサッと店を後にする・・・という様子に、あぁ、きっとこれが、蕎麦にまつわる「粋」というものかな、などと思ったり。

 最後は蕎麦湯をいただいてお会計。今見てみると、ホームページのお品書きにはこちらのセットが出ておりませんでしたけど、天ぷら付でたしかひとり2200円でした。お昼の営業はお蕎麦がなくなり次第終了とのことなので、早めに行かれるのが良さそうです。


そば処 千花庵
〒248-0000
 神奈川県鎌倉市西御門2-6-13
(清泉小学校のお向かいです。)



写真および文章の無断転載禁止

コメント

人気の投稿