横浜デート③:港の見える丘公園 フランス領事館跡

2月のある日の横浜でのカメラ散歩の続きです。山下公園の端っこから、首都高狩場線の下を通る橋を渡って、港の見える丘公園を目指して歩きます。本日の1枚目の写真は、橋の上からもーりーが撮った横浜マリンタワー

 「登ったことある?登ってみたいな。」ともーりー。私にとってはここは、小学校1年生の時の遠足コースでした。個人的には、えさを片手に自分より大きいのでは?と思うような鳥さんたちの間を、こわごわ歩いたバードピアの記憶がいまだに鮮明です(笑)。バードピアは2005年に閉園してしまったみたいですが。今は展望台以外にはレストランやホールなどがあるようです。

 で、登ってみようかとなったのですが、入り口に神奈川県の各市町村対象の半額スケジュールが出てまして、それを見たら自分の住む市の該当月以外に行くのはなんだかもったいない気がしてしまい(笑)、今回はとりやめ。でも実は1月に過ぎちゃってたんですけどね・・・。じゃぁ次は来年かな?!

この橋の上からマリンタワーの写真を撮りました。この橋の名前はなんとフランス橋というそうで、これを渡って左上に丘を登ると、フランス領事館跡地などのある港の見える丘公園に着きます。

フランス橋からアクセスすると、最初に着くのはフランス山公園と呼ばれるところ。けっこうな段数の階段を登って行きます。冬でも緑豊かで、ちょっとしたハイキング気分が味わえます。

登りきるとこんな場所に出ます。ここにもたくさんの植物が植えられているので、季節ごとに違った雰囲気が楽しめそう。夏は涼しそうですね。

井戸水をくみ上げるための風車だそうです。
レンガ造りの古井戸もありました。

ところが、建物はすでに廃墟。明治時代に建てられたレンガ式の2階建て建築だったそうですが、関東大震災で崩壊し、その後再建するも、また火事で焼失してしまったのだそうです。

 3匹の子豚ではレンガの家が一番強かったけれど、やっぱり地震の多い日本では石造りは向かないのですかねぇ・・・。その後、再建は木造でなされたそうですが、皮肉にもそれは火事であっという間に燃えてしまったのだそうです。(詳細はこちら。)

そんな、ちょっと悲劇的な運命をたどった建物跡ではありますが、蔦の絡まる残された廃墟の姿をこんな青空の下で見ていると、とても気品があって素敵に見えてしまうので不思議なものです。

 当時「極東一のすばらしい建築」と謳われたとのことですから、その片鱗が今も感じられるのかもしれませんね。ペンキやらで下品に修復されて観光化されてしまったものよりも、ひょっとしたら当時の趣のまま、静かに朽ちていくほうが美しいのかもしれません。

 なんだか、梨木香歩さんの小説「裏庭」の世界に迷い込んでしまいそうで、とても好きな場所でした。


*1、3、5枚目はもーりーさんがD7000+35mm F1.8Gで撮ったもの。2、4、6~8枚目は私がFM10+ 35-70mm&Kodak Gold 200で撮り、同時プリント後にスキャナーで読み込んだものです。


コメント

アン さんの投稿…
Sanaeちゃん、こんばんは~☆
フランス領事館があったから、フランス橋やフランス山公園と
なったんですね。面白い!
それよりも、神奈川県民対象に、半額になるスケジュールが
あるのもなかなか粋な計らいですね。
名古屋も見習って欲しいわ(笑)。
朽ちてもなお威厳の残る建造物って、素晴らしいですね。

Sanaeちゃんの書き込みが重複していましたので、無断で削除
させて頂きました。
Sana さんの投稿…
★アンさん、おはようございます。
マリンタワーの割引、県民がいつでも…なら嬉しいのですが、月替わりですでに自分の該当月は終わってて残念でした^^;

地名には歴史の名残がけっこうあるものなんでしょうね。こうして書こうとして初めて知ることって多いです。

コメント重複してましたか?二回クリックしちゃったのかな???

人気の投稿