サフラン咲かせてスパイス採取(9月)

 これまたちょっと古い話になりまして申し訳ないのですが、昨年は初めてサフランの栽培にも挑戦しました。サフランは秋に咲く花で、夏のうちに球根を植えます。たしか、8月の終わりごろに球根を14個ばかり植えました。

 花の時期は短めで、9月の終わりごろからいっせいに咲き始め、2週間程度で咲き終わってしまいます。球根ひとつにつき4つくらい花が咲くので、14個も植えたらなかなか華やかな様子でした。ただ、ひとつひとつの間隔を少しあけすぎちゃったかな~という気もしましたが。(まぁ、植え方ガイドの通りに球根3つ分くらいの間隔をあけて植えたのではありますが。だから生育には良かったのかも。)

 サフランはクロッカスに似たお花で、色は写真のような薄紫色です。濃い黄色と真っ赤なしべがアクセントになっていて、針のように細い濃い緑色の葉とのコントラストもキレイ。

 わが家では歩道に面した日当たりの良い場所の、ビバーナムの木を植えている周りに、ぐるりと円形に球根を配してサフランを植えました。いつも家の前をお散歩で通るご近所のおばぁさんが、ある日もう花の終わった後で、「ここに咲いていた花は見事だったわねぇ」とおっしゃって下さり、それがとても嬉しかったです。庭いじりをしていると、いろいろな方が声をかけてくださいます。小学生の男の子に「こんにちは!」と言ってもらった時も嬉しかったなぁ。

 さて、サフランを植えたわけは花を楽しむためだけではありません。花が咲いたらすかさず、その真っ赤な3本のしべを収穫するのです。これをしっかり乾燥させてしまえば、パエージャのお米のあの鮮やかな黄色い色に使うスパイスとなるのです。買うとかなりのお値段がしますからね。

 ついでに言うと、婦人系のトラブルの対処に良いとされるスパイスでもあり、身体を温め、血液の循環をよくすると言われています。男性でも知り合いの年配の方で、これをお茶にして飲んでいるという方があったり・・・その使い方はちょっとリッチな感じですごいなぁとは思うのですが(笑)。何しろ買うと高いから・・・(それとも、漢方として処方してもらっているのかな?)

 もうお気づきでしょうか。写真の右上のお花にはすでに赤いしべがありません(笑)。サフランの花の咲く時期は、せっせと毎朝庭に出ては新しいしべをそぉっと収穫していました。雨の時期でもあったので、つぼみをしっかり確認して、あといくつ明日の朝には咲きそうだな・・・と。写真は携帯で撮ったものです。しべを収穫するのに夢中で、カメラで花を撮影するのをすっかり忘れてしまいました。それがちょっと残念。

 14個の球根から咲いたお花はだいたい56輪。1輪につき赤いしべは3本なので、おおよそ168本収穫できたことになるのかな?乾燥させると、ホテルの朝食などでよく見かけるような小さいジャムの瓶に、だいたい半分くらいの量でした。まずまずの量ではないでしょうか。使うのが楽しみ。

 球根は葉が枯れたら掘りあげておくとありましたが、実はいまだに葉は枯れる気配がありません。さてどうしたものやら・・・植えっぱなしで来シーズンも咲くのかな?しばし様子をみようと思います。


 *見た目がそっくりで有毒の花もあるそうなので、その辺に生えているのを見つけて採取する・・・なんてことはくれぐれもなさらないようお気をつけ下さい。


コメント

LiLAくま さんの投稿…
サフランって,小さな瓶底にちょろりんと入ってるだけなのに,すごい値段がついてますよね.
欧米で買うと日本よりはずっと安いらしく,よく親戚へのおみやげにしておりました.
Sana さんの投稿…
★LiLAくまさん、こんにちは!
そうなんですよ、ちょろりんで高いんです。そういえば、スペインはさすがによく使うからか日本に比べると安かったです。全般的にハーブやスパイスそのものの普及の具合も日本はまだまだなのでしょうね~。それらを使った加工品は多いけど。
アン さんの投稿…
Sanaeちゃん、こんばんは~☆
サフランって可愛いですよね。私も昔、育てていました。
その頃はまだメシベがスパイスになるって知らなくて、
ただ観賞用に育てていたんです。
植え放しでいた為、その内自然消滅しちゃって…。
勿体無い事をしました。
Sana さんの投稿…
★アンさん、こんにちは!
やっぱり植えっぱなしだと消滅しちゃいますか~(^^; どのタイミングで掘り出すべきか悩みます。葉が枯れなくてもいいのかな???調べてみようと思います。

球根は夏にホームセンターの園芸売り場で買い求めました♪一袋300円くらいとお安かったですよ^^またぜひぜひ♪

人気の投稿