わが家の庭から(3)秋冬の白い花


本日は、10月の終わりごろに植えて、冬の間ずっと庭や彩ってくれた白い花たちをご紹介します。まずはスイートアリッサム(Lobularia maritima)です。パンジーの「ももこ」をご紹介したエントリーではピンク色のアリッサムの写真をご覧いただいたのですが、白いものも寄せ植えに使いました。


そのエントリーで「白い花シリーズもそのうちに・・・」と書いたのに、今頃になってしまいました。春の花が咲き始めたので、慌てて秋冬の花をアップしてしまおうと・・・^^;

実はアリッサムはもう咲き終わってしまって、このダスティーミラー(Centaurea cineraria )との寄せ植えは、今は別のお花に交代しています。手持ちの資料を見ると開花時期が5~6月と9~10月となっているので、私の買ってきた苗は10月の咲き終わりの頃のものだったのかもしれませんね…。1年草は苗を買うならその時期も大切かも。


お次はノースポール(Leucoglossum paludosum)です。これ、調べてみると開花時期がいろいろ書かれていて・・・。春の花と書いてるのもあるし、冬の花壇に欠かせない花という記述もあるし・・・。


でも、実はわが家では期待したほどには咲かなかったなぁ・・・というのが感想。植えた場所のせいもあるかも。ひょろひょろしていたのが太く短くなった感じで、今は蕾があっても2輪しか咲いていません。暖かくなってきたら咲き始めたりして(笑)。日本では6月頃まで咲くとあるし、これからにちょっと期待しています。


こちらはイベリス(Iberis sempervirensです。このタイプのイベリスはエバーグリーンタフトと呼ばれる多年草だそうなので、今もどんどん花が咲いています。とっても元気。白い花の中ではこれが一番わが家の庭では元気かも。環境に合っているということなのでしょうかね?(イベリスにはこれ以外にもたくさん種類があるそうです。)


お次はガーデンシクラメン。普通のシクラメンより小さいサイズで、その名の通り露地植えで育てられるものですね。ミニシクラメンとも言うそうです。(シクラメンの学名はCyclamen persicum

今も頑張って咲いていますが、この冬の度重なる雪の後ちょっと元気がなくなってしまい、痛んだ花や葉を刈り取ったので、この写真よりは花が少なくなっています。ベランダで育てていた時はけっこう花の時期が長かったような記憶があるので、春先にまた盛り返してくれると嬉しいなぁ。

 
最後はパンジー(Viola × wittrockiana)。白地に濃紫の模様入りのものです。


こちらもダスティーミラー(Centaurea cineraria )やオダマキと一緒にプランターに寄せ植えにしています。
こうして見てみると、秋冬には白い花を我ながらたくさん植えていたものですね~。あともうひとつクリスマスローズ(Helleborus niger)も白い花を咲かせているのですが、そちらは2月に このエントリーで写真を紹介しているので今回は省略です。



コメント

lce2 さんの投稿…
寒いのにいっぱい花が咲いてる!!!
ウチの庭に花が無いのは、怠慢だからか・・・。
Sana さんの投稿…
★lce2さん、こんにちは~。
これらの花は寒い時期に咲く花の開花苗を買ってきてただそのまま植えただけなので、特別なことは何もしていないのですよ~。プランターでさえなくなったので、水遣りも本当にたま~にですし…。その土地と気候に合ったもの(=園芸店にいつも並んでいるもの)を選べば、植物は勝手に育つような気がします。
アン さんの投稿…
Sanaeちゃん、こんばんは~☂
アリッサム、最初何と言うお花かしら?と思いました。
可愛いですね。私は小さなお花が好きなので、アリッサムも
大好きな一つです。
シロタエギク、ダスティーミラーと言うんですね。息子がね、
以前「シロタエギクを植えておくと良いよ」と言っていたんです。
理由を聞くの忘れたけど、どうしてなんでしょうね。
我が家のノースボール、先日一か所にまとめてやりました。
まだまだ小さくって、咲くのは来月かな?
Sana さんの投稿…
★アンさん、こんばんは。
シロタエギクは虫除けになると書いてあるのを見たことがあるような気がします。それでですかね?

アリッサムも園芸名で呼ばれるのと分類上の名前とは別…というようなことも見たのですが、そのまま呼んでしまっています。かわいいお花ですよね^^

人気の投稿