春の中津川(2013)②桜

春の一番のお楽しみと言えば、多くの人にとってこれなのではないでしょうか。ザ・さくら!(笑)

 わが家もご他聞にもれず、桜が満開だよ~と聞くと、カメラを準備していそいそと花見に行ってきましたよ。行き先は今年も昨年と同じ市内の中津川の河川敷に。土曜・日曜と2日続けて行ったのですが、土曜日は5分咲きだったのに、日曜の朝にはご覧の通りの満開!

 本日の1枚目の写真は、日曜の朝早めの時間帯にもーりーにお願いして車を出してもらい、まだ花見客でにぎわう前に、しっかりと三脚を立てて撮ってきたものです。土曜日は混んでいたので出直して大正解でした^^ 誰もいない状態で撮ることができましたよ~♪

こちらが土曜日に撮った1枚。ね?まだつぼみが多いのが分かりますでしょう?一晩でパーッと咲くものなんですね~。

土曜日は曇り空でちょっと肌寒かったのですが、それでもお花見している人はたくさんいました。私達もおにぎりを持っていって、河原でお昼ご飯を楽しみましたよ~。

 1枚目のようにまだ誰もいない状態で写真を撮れるのもうれしいですけど、時にはこんな偶然の1枚も撮れるので、賑やかなのも良いものです。シャッターを押したと同時に、画面に桜色の上着を着た女の子が飛び込んできました^^  ピントは地面にあってしまいましたけど、こんなにかわいい1枚が撮れて嬉しいです。後姿なので、そのまま使わせてもらっちゃう。

曇り空に淡いピンクの桜を撮るのは難しいなぁ…。
 
空を入れると背景が白くなってしまうから
あえてモノクロで撮ってみたりなんかして・・・。
 
でも、これもちょいと寂しげかな。
 
それならいっそ大胆にトリミング。
 
あるいは、空を入れずに、幹から直接出ているお花を専門に(笑)。
 
見上げてばかりいたものを、
目線を落とすとまた違ったものが見えました。
 
例えばこんなの。
うろの中にも咲いてます。
 
例えばこんなの。
地面と根っこの際からも
咲いてます。
 
ほら、ここにも。
 
そういうのが集まって、これになる。
 
どこからでも花を咲かせられるというのがすごいよね、桜。
 
桜は本当にたくましい。
 
今年も桜を見ることができて幸せです。
 
 
 そういえば、桜も当たり前の存在過ぎて、その花のことは実はあまりよく知りません。ちょっとウィキペディアをのぞいてみましたら…ソメイヨシノの学名はCerasus ×yedoensis (Matsumu.) A.V.Vassil. ‘Somei-yoshino’というそうです。長い…。松村 任三さんという植物学者の方がつけたのだそうで、小石川植物園の初代園長さんだった方なのだとか。(数年前に見学に行きましたね~。こちらこちら参照。)
 
 それに、桜を見に行くといつも「たくましいなぁ~」と思うのに、書かれているのはなんだか環境の変化や病害虫に弱いということばかり。。。こんなに花を咲かせても、自分の種からは増えないというのも面白いですね。なんだか不思議な気もします。増えないのに、なんでこんなにあらゆるところから花を咲かそうとするのだろう???自らの失った機能に気づかぬまま、花を咲かせて実をつけるという習性だけを残しているのでしょうか???
 
 でも、美しく咲いて多くの人に好かれて、人間に接木してもらって自らを増やすというのも、これも一種の繁殖の手立てには違いないのでしょう・・・ね。種を衣服にくっつけて遠くに運んでもらうのと、植物にとってはどちらも変わりないのかもしれないなぁなんて思ったり・・・。ま、桜に聞いてみなけりゃ分からないことではありますが。
 
 それでは次回は、桜の周りを彩る雑草たちをお送りします。どうぞお楽しみに~♪
 
 
*今回の写真は全て私ので、D3100に55-300mmのニッコールの望遠レンズと、40mm f/2.8の同じくニッコールのマクロレンズをつけて撮りました。 
 
 

コメント

アン さんの投稿…
Sanaeちゃん、こんばんは~☂
満開ですね。
スーパーの帰り、桜のトンネルを潜って帰ってきました。
私も日本人だな…桜を見ると心が躍るもの♪なんて、
変な独り言を言いながら(笑)。
幹や地面の近い場所からも、健気に咲いていますね。
空と散歩コースの歩道脇にも咲いているのですが、そこも
幹や根元の方に咲いていて、いつも微笑ましく眺めています。
Sana さんの投稿…
★アンさん、こんにちは!
今年は本当に満開まであっという間で驚きました。以前暮らしていた辺りには歩道に桜を植えてあるところがけっこうあったのですが、今住んでいる場所にはあまり通り沿いに桜がないので、うっかりすると見逃してしまいそうでした(^^;

毎日通る道に桜のトンネルがあると長く楽しめそうですね。そろそろ暖かくなると空ちゃんもお散歩が楽しみでしょうね^^

人気の投稿