わが家の庭から(10)庭の花を部屋にも飾ろう

 この時期どんどん庭の花が咲くので、なかには勢いが強すぎて・・・というものも出てきます。そういうものを時々切り戻しをしてボリュームを調整しつつ、切ったお花は無駄にせず、部屋に活けて楽しんでします。こちらの写真はネモフィラとビオラを活けたもの。窓辺に置いています。
 
 な~んて、エラそうに書きましたが、こういうのはよその方々のガーデニングブログなどからお知恵を拝借というわけなんですよ(笑)。やっぱりブログ巡りはお料理もガーデニングもすごく勉強になります。
 
 んでもって、ネモフィラはプランターに寄せ植えにしていたのですが、ちょっと伸びすぎてしまい、それが風にあおられて傷んできたので切り戻してみました。下の方に新しい葉も出ていたので、次にそれが伸びてくるのを待ってみます。全体的に切ったので、その中から傷んでいないものを寄り集めて背の低いフラワーベースに活けました。
 
 ビオラも「今が満開!」という状態だったのですが・・・長く咲かせるためには切り戻しをすると良いと聞き、さっそく実行。切ってみるとこれもやっぱり、下の方には新しい葉が出ていました。しばらくすれば次の花が咲くのではないかな~と期待しています。
 
こちらは切り戻しというよりも、咲き終わりに近づいたチューリップを家の中で楽しもうという寸法。風が強いといつのまにか花びらも痛んでくるので、そういうチューリップは順番に刈り取って玄関に活けて楽しんでいます。活花にしてもそれからまた数日は持ちます。

 カエデやユーカリの剪定した枝と組み合わせてみました。かなり豪華になりましたよ。そういえばこれ、庭で花や枝を切り取りながら、水を入れたフラワーベースに直接活けていきました(笑)。

  パンジー「ももこ」も切り戻し。一緒にダスティーミラーを取り混ぜて。こちらはキッチンカウンターに置いています。ももこはもう何度か切り戻しをしているのですが、そのたびによく咲くようになっているような気がします。
 
 白×紫のパンジーも一緒に切り戻しをしてしまおうかと思ったのですが、そちらは寄せ植えなのでいっぺんに切ってしまうと庭が寂しくなるかなぁと考え直し、次回に作業することにしました。
 
 切り戻しの作業はけっこう手間といえば手間ですが、それによってさらに長く咲き続けるなら嬉しいですし、育てた花を室内でも楽しめるのですから、それもまた嬉しいですよね^^ 毎年この季節はとっても楽しみ♪
 
 そうそう、それから、飾り方もブログ巡りでいろいろと素敵なお写真を拝見し、フラワーベースももう少し違った質感やテイストのものが欲しくなってしまいました。なにか素敵なものに巡り合わないかな~と、お買い物の楽しみも増えました。

 

コメント

アン さんの投稿…
Sanaeちゃん、こんばんは~☂
なっちゃんはお利口さんなんですね。ウチのは
ベジタリニャンでしょ。家の中には飾れません。
先日のクリスマスローズは玄関(中)に活けて
います。2匹ともドアを開けられないから…。
それじゃ寂しいから!と、使い残りのハーブを
ガラスの小瓶に活けているの。フフフ~ハーブは
全然関心ないんですよ。
チューリップは花びらの散る前にカットすると、
球根に栄養が行って良いと言いますね。
Sana さんの投稿…
★アンさん、こんにちは!
ははは…ベリタリニャンはお花も食べてしまうのですね^^;ハーブは香りが強いから大丈夫なんでしょうかね?なつこは花瓶があるといつもの”通り”を歩けないから邪魔だと思っているかもしれません(笑)。

人気の投稿